ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

20GBで6,000円の大容量データパック登場でポケットWi-Fiユーザー歓喜

garumax-docomo-au-SoftBank

ドコモ、au、ソフトバンクで20GBの大容量データ通信パックを6,000円という破格で提供することになりました。

ドコモは「ウルトラパック」、auは「スーパーデジラ」、ソフトバンクは「ギガモンスター」というサービス名で内容はほぼ一緒。今回は20GBプランを中心にまとめておきます。

20GBで6,000円?!5GBプランに1,000円足すだけで容量4倍。

どれだけ破格かと言うと、大手キャリアで提供されている5GBプランが5,000円。それにたった1,000円足した6,000円で容量が4倍の20GBを使えちゃうんだから破格も良いところ。

どのキャリアでもテザリングは別料金で1,000円必要ですが、ドコモは2018年3月末まで、auとソフトバンクは2017年4月末まではキャンペーンでテザリング利用料は必要ありません。

20GBってどれ位?!

何をベースにするかで変わってきますが、例えばYou Tubeで480pの動画を1時間再生すると約300MB前後。20GBで消費しようものなら1日あたり2時間以上You Tubeを見る必要があります。とんでもない容量ですね。

自宅ではWi-FiでYou Tubeなどを楽しんでいた方も、出先ではデータ容量の関係からモバイル通信での視聴を控えていた。という方にとっても非常に嬉しいプラン内容ではないでしょうか。

個人的にはWi-Fiルーターを別途契約しなくて良いのでありがたい。

私は「最大370Mbps対応のW03実機レビュー。WiMAX2+の利用料金や品質、本体仕様と注意点まとめ」で書いてますが、外出時にパソコンを利用する為にWiMAX2+を契約してます。

お仕事でパソコンを外出時に利用している方はWiMAX2+やワイモバイルのポケットWi-Fiを利用している方も多いんじゃないでしょうか。だって、大手キャリアで大容量プランを契約するよりも割安なんですもん。

それがですね、大手キャリアが20GB/6,000円という破格で打ち出してきたもんだから話が変わってきた。

Wi-Fiルーターで大手キャリア回線を利用すると7GB制限がかかる。

ワイモバイルのポケットWi-Fiはソフトバンク回線を利用しているので月間7GBの上限が設けられています。WiMAX2+はWiMAX回線は使い放題ですけど、au回線を利用するなら利用料として約1,000円上乗せ、更に7GB制限が発動します。(地方に行った途端にWiMAX回線が掴めずにau回線に切替える方も多いはず)

つまり、途切れにくく電波の掴みやすい大手キャリア回線を利用すると上限7GBの制限。これで月額使用料が3,500円~4,000円程します。

今まではこれでも安上がりだったんですよ。大手キャリアが以前に提供していた大容量プランを使うよりも。。。

20GB/6,000円のプランが出たので超低価格で大容量が使えるようになっちゃった。

正直、20GB/6,000円プランがもっと早く出ていればWiMAX2+は契約してなかったですね。

だって、たった6,000円で大手キャリアの高品質な回線が20GBも使えちゃうんですから。今まで大手キャリアで5GBプラン+Wi-Fiルータを別途所有している方はトータルでデータ通信量として8,500円~9,000円程使っていた計算になります。

しかも大手キャリア回線を利用すると7GB制限が発動してスマホの5GBプランと合わせても12GBしか使えません。

単純にWi-Fiルータを大手キャリア回線で利用している方は20GB/6,000円のプランがお徳です。Wi-Fiルータを持ち歩かないので荷物も減りますしね。

20GB/6,000円プランはビジネスマンにも最適なプラン。

今まで5GBプランを契約していてデータ通信量を気にしながら利用していた方はもちろん、外出時にパソコンを利用する為にWi-Fiルータを利用してきたビジネスマンにも非常に魅力的なプラン内容です。

また、ドコモ、au、ソフトバンクのどこでも同等のサービスを展開したので、大容量プラン目当てに乗りかえなくてはだめ。ということもありません。今使っているキャリアで手続きさえ済ましてしまえばいつでも利用できるのも嬉しいポイント。

久しぶりに魅力的に感じた大手キャリアのプラン内容でした。

各社のニュースリリースを貼っつけておくので気になる方はどうぞ。

ページトップへ