ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

ドコモ/au/ソフトバンクの「2年縛りの自動更新廃止」はいつから?開始日と各社の詳細。

garumax-docomo-au-SoftBank

auが他社に先駆け「2年縛りの自動更新を廃止」する事を明らかにしました。その後、ドコモが追随して詳細内容を発表。

私たちにメリットがあるのか疑問ですが、各社の内容と2年縛り廃止の開始時期についてまとめてみました。新たな情報が入り次第追記する形で更新します。

3/13追記:ドコモが「2年縛り自動更新なしの新プラン」を発表したことを受け、auとソフトバンクは同様の内容で追随するとのこと。でたよ。やっぱり仲良し3社横並び

2年縛りの自動更新は利用者にとってメリットとなるのか?!

2年縛りとは、2年間使う事を約束してくれたら基本料金割引くよ。というシステム。

契約期間内の解約には違約金が発生することに加え、3年目以降、一定期間の猶予が過ぎると自動的に2年縛り契約が自動で更新されます。

この、自動更新を廃止する方向で各社が内容の発表を始めている最中。

ドコモでは、自動更新のない「新プラン」の提供。

ドコモでは、プラン構成を従来の「縛りなしの通常料金プラン」と「2年縛り自動更新プラン」に加え、新たに「2年縛り自動更新なしプラン」を提供するとのこと。

もしかすると、通常料金を知らない方がいるかもしれませんので、ご参考にどうぞ。カケホーダイのプラン料金↓

  • 通常料金:4,200円
  • 2年縛り自動更新:2,700円

カケホーダイの2,700円って、実は2年縛り前提の価格なのです。ですので、無償解約月は割引きが効かないので、1,500円ほど高くなるのです。

2年縛り自動更新なしの場合、通常料金と2年縛り自動更新の中間的基本料金になるかと。

2年縛り自動更新の違約金は9,500円ですので、24ヶ月で割ると396円。恐らく3,100円~3,500円程の間に収まる料金となりそうです。

ちなみに新プランでは「月々の基本料金が増える」ということは明言されています。

早ければ2016年の夏頃から新プランの提供開始となるようですので、夏モデル発売辺りからでしょうか。

auでは2年縛り自動更新の廃止は明言。内容は煮詰め中。

ドコモより1日早く2年縛り自動更新廃止について明言したauですが、その内容は現時点で不明。

ただ、いつもの仲良し横並びでドコモと同等になりそう。auに関しては続報が入り次第追記します。

ちなみに2016年の比較的早い段階で、2年縛りの自動更新廃止が実施されるそうですよ。

3/13追記:auは2017年から2年縛りの自動更新を廃止するとのこと。その内容はドコモと同じく、従来の2年縛り自動更新プランはそのままに、2年縛り自動更新なしプランを新設。また横並び。

ソフトバンクは現時点でアナウンス無し。

ソフトバンクでは、2年縛りの自動更新廃止について現時点で明言していませんが追随は確定的。なんせ総務省さんに言われたお題ですから。

こちらも続報が入り次第お伝えします。

3/13追記:ソフトバンクもドコモと同等内容で新プランを検討中。

ここは個人的な意見。「2年後は長期利用者として優遇したれよ」。

auもソフトバンクも、ドコモと同じ内容であれば、「そうじゃない第三弾」って事になりそうです。

実質0円の廃止で「そうじゃない第一弾」

利用料金の値下げで「そうじゃない第二弾」

そもそもですね、2年縛りの利用料金が現状「当たり前」となっているじゃないですか。何処のキャリアに移っても2年縛り前提料金。

つまり、世の中は2年縛りの利用料金が普通。そのようなシステムを構築したのは大手キャリアさんでしょ。

もうね、長期利用者への優遇として2年間縛った後は、そのままの利用料金で利用させてあげればいいじゃないですか。現時点で2年縛り前提の利用料金でガッポガッポじゃないですか。

ドコモの「新プラン」という話を聞いて、かなりガッカリですよ。利用者さんが求めてるのはそうじゃない。

私は既に格安SIMの音声通話プランを契約していますが、格安SIMでは1年縛り自動更新なし、利用料金はそのままで縛り期間以降はいつでも解約していいよ!って状態です。

現在大手キャリアを利用している方で、通話定額が不要という方は格安SIMを検討して下さい。通話定額が不要なら大手キャリアで契約を続ける必要はなし。

それでは、各社の詳細について続報が入り次第お伝えします。

全く期待はしてませんが。

ページトップへ