ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

iPhone7のベンチマークをAnTuTu、Geekbench4、3DMarkで実機測定して比較。

iPhone7で搭載されているA10 FusionとiPhoneSEで搭載されているA9プロセッサーの性能を3種類のベンチマークソフトで測定

ようやくガルマックスで利用しているベンチマークアプリAnTuTuがiOS10とiPhone7に対応したのでベンチマーク測ってみます!

今回利用したベンチマークアプリは以下の3つ。

Antutu Benchmark

Antutu Benchmark
無料
posted with アプリーチ

Geekbench 4

Geekbench 4
¥120
posted with アプリーチ

3DMark - The Gamer's Benchmark

3DMark – The Gamer’s Benchmark
開発元:Futuremark Oy
無料
posted with アプリーチ

iPhone7の性能はiPhoneSEと比較してどれ位アップ?!

今回使用した端末はA10 Fusionを搭載したiPhone7とA9を搭載したiPhoneSE。iPhoneSEと比較してiPhone7は解像度が高いので、全く同じベンチマークアプリで同一の設定で走らせた場合、iPhone7の負荷がiPhoneSEよりも高くなります。

iPhone6sシリーズもA9を搭載しており、iPhoneSEもiPhone6sもiPhone6sPlusもSoCが同じなのでそれほど大きな差がないので参考にしていただければと思います。

それでは早速ベンチマーク開始!

AnTuTuで総合性能を測定

AnTuTuを利用してベンチマークを測定。iPhone7はかなり性能向上している事が伺える結果となった

iPhoneSEでは133801点に対しiPhone7では169069点でした。AnTuTuではA9プロセッサーよりもA10 Fusionプロセッサーが26%の総合性能向上となりました。

Geekbench4でシングル・マルチ性能を測定

Geekbench4を利用してシングル・マルチ性能を測定。こちらもiPhone7はかなり性能向上している

シングル性能

iPhoneSEでは2436点に対しiPhone7では3346点でした。Geekbench4でのシングル性能測定ではiPhone7のA10 FusionプロセッサーがA9プロセッサーよりも37%のシングル性能向上となりました。

マルチ性能

iPhoneSEでは4078点に対しiPhone7では5460点でした。Geekbench4でのマルチ性能測定ではiPhone7のA10 FusionプロセッサーがA9プロセッサーよりも34%のマルチ性能向上となりました。

3DMarkでGPU性能を測定

3DMarkを利用してGPU性能測定。A9からGPUに関しては性能は据え置きとされていたが、SoCのトータル性能が向上したためにGPU性能の総合性能は向上したと思われる

設定はIce Storm Unlimited(OpenGL ES2.0/1280×720)で測定。

iPhoneSEでは29312点に対しiPhone7では35963点でした。3DMarkでのGPU性能測定ではiPhoneSEよりもiPhone7が23%のGPU性能向上となりました。

iPhone7、思っていたよりも性能向上してます。

発売前に出回ったiPhone6sとiPhone7の性能比較では、GPU性能は据え置きとされていましたが、SoCの性能向上に伴い総合的なGPU性能は向上したような気がします。

ベンチマークアプリでの測定では、サイトにより様々なアプリを用いて測定しているので、ガルマックスでの測定結果も参考程にどうぞ。

AnTuTuで16万点超えは正直びっくりしました。2年位前は5万点台でハイエンド!とか言われていたのに驚くほどの伸びです。ちなみにiPhone7シリーズのA10 FusionプロセッサーはiPad Proなどに匹敵する性能です。

ページトップへ