ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

Amazon送料無料廃止。何円以下が有料でいくらから無料?

garumax-amazon

Amazonが通常配送料に関して改定を行いました。

2010年11月から通常配送料に関しては全商品配送料無料でしたが、遂に終了。

改定内容など詳細をどうぞ。

2016年4月6日より2,000円以下の通常配送は無料から350円へ。

Amazon-0406

既に2,000円以下の通常配送は350円の配送料が必要となっており、注文後のキャンセルで2,000円に満たない場合、配送料が加算されるとのこと。

2,000円以上の注文でも注意しなくてはいけないこと。

今回の改定では注文金額が2,000円に満たない場合、送料が必要となる。2,000円以上の通常配送に関しては配送料無料。

例えば1,500円の商品と1,000円の商品を同時に注文したとしよう。

この場合、複数の商品を注文することとなり、発送オプションから「できる限り商品をまとめて発送」や「準備ができた商品から順に発送」など、配送方法が選べる。

2つの商品が同時に発送された場合、2,000円以上となり送料が無料となりますが、個々で発送された場合、それぞれに350円の配送料が必要。

これはAmazonでも以下のように告知されている。

  • 発送オプションによっては、同時に確定したご注文であっても、各発送ごとに配送料が加算される場合があります。

引用:配送料について-Amazon

つまり、上記の例えの場合、発送タイミングにより商品がバラバラに発送されると、それぞれに350円の配送料が加算され、合計700円割高となる。これは痛い出費。

プライム会員への促進でしょう。

最近、プライム会員向けのサービスを充実させるなど、非常に魅力的なAmazonの有料サービス「Amazonプライム」への促進でしょう。

私は既にAmazonの有料会員として日頃からお世話になっており、サービス内容には概ね満足している。

年会費は税込で3,900円。月々で割ると325円。

月々僅か325円で有料会員となり、全商品通常配送料無料に留まらず、お急ぎ便や当日お急ぎ便が使い放題。

また、映画も音楽も見放題、聴き放題となり、更にKindle本が毎月1冊無料、写真はクラウドに無制限保存、そして会員限定の先行タイムセールも利用できるなど大盤振る舞いだ。

この記事を読んで、2,000円以下は350円の通常配送が必要になるから利用しにくくなるな。と感じているのであれば、いっその事、Amazonの有料会員「Amazonプライム」への加入をオススメする。

もう、本当にAmazonプライム会員でなければ損する程に、無料会員での利用範囲は狭い。

一度、Amazonプライム会員で何が出来るようになるのか確認してみよう。

ページトップへ