ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

写真は「Amazon プライム・フォト」で決まり。RAWも無制限で保存可能。

garumax-Amazon-PrimePhoto

いたせりつくせりのAmazonプライムで写真を無制限に保存できる「プライム・フォト」機能が追加され話題を呼んでいます。

私もプライム会員ですが、写真の無制限保存を追加料金無しで利用できるのでビックリ。

使い勝手の良さがキラリと光るプライム・フォト

GoogleフォトにMicrosoftのOneDrive。オンライン上に写真を保存できるサービスは多々ありますが、一長一短。

少し前にMicrosoftのOneDriveがサービス内容変更で無制限プランを廃止したので、多くの方が困ったなぁ。という状況に。

Googleフォトも無制限保存が可能ですが、一定のサイズと容量に縮小されるので、写真好きの方にはイマイチな感じでしたね。

Amazonプライム会員向けのプライム・フォトなら、RAWなどの大容量データも無制限で保存ができるので、写真好きで撮った写真を「そのまま」保存したい方は、プライム・フォト目当てでプライム会員になっていいくらい。

スマホやタブレットは専用アプリで全ての写真や画像を保存。

スマホやタブレットでは専用アプリの「Amazon Photos – Cloud Drive」で写真を一括管理。

特筆すべき点は「全ての写真や画像」を自動アップロードできること。画像などを取り扱うアプリ(カメラや加工、SNSなど)では専用の画像フォルダーを作成しますが、プライム・フォトのアプリでは、画像フォルダー毎にアップロードするかしないかを選択可能。

実は、写真をオンライン上で保存するための他社サービスでは、カメラで撮ったデータのみしかアップロードできないこともあるのですが、プライム・フォトでは、スクリーンショットだろうが、ダウンロード画像だろうが、全て保存できます。

私はガルマックスを運営しているので、スマホ画面のスクリーンショットが自動アップロードされないと手動でアップロードするはめになります。め、めんどくせぇ。

全ての写真をアップロードできる事と、フォルダー毎にアップロードするかしないかの選択ができるので利便性がかなり高いですね。

クラウドでいつでもどこでも、どの端末でも画像データを取り扱える。

例えばデジカメで取った写真をパソコンからプライム・フォトにアップロードすると、スマホやタブレットの「Amazon Photos – Cloud Drive」アプリから閲覧可能。また、SNSやLINEなどにもすぐさま添付できるので、縦横無尽に画像データを取り扱えます。

また、スマホなどの端末が故障してもアップロードしたデータはオンライン上に保存されているので安心。

機種変更する際も画像データを引き継ぐ手間も無し。新しい端末で「Amazon Photos – Cloud Drive」アプリをインストールしてログインすれば、過去の端末で撮った写真がすぐさま使えます。

Amazonプライム会員は特典いっぱいでお薦めですよ。

Amazonで買い物するならAmazonプライム会員に加入して損はなし。

お急ぎ便も使い放題、映画見放題、音楽聴き放題、そして写真保存し放題などなど、お買い物以外も沢山のサービスが利用できます。

年会費は3,900円、月々たった325円でプライム会員向けサービス使い放題。もうむちゃくちゃですね。

例えば、たまに映画を見る為に月額500円前後の動画定額サービスを利用しているなら、乗りかえたほうが安上がり且つ複数のサービスが利用できるのでお徳ですよ。

プライム・フォト目当てでも十分魅力的な内容。

通販の天下を取ったAmazonの有料会員「Amazonプライム会員」は加入しないほうが損です。

お急ぎ便なんてプライム会員以外は一回の注文で別途514円もしますしね。

まだ会員になっていない方は検討してみましょう。ちなみにプライム・フォト提供開始の記念キャンペーンで10万円分のクーポンやカメラ製品が当たる抽選に応募できます。デジタル一眼当たるといいなぁ。

ページトップへ