ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

AndroidスマホからiPhoneSEに変えて困ったデメリットな部分

garumax-iPhoneSE-16521

どうも、ガルマックスの猶木(ナオキ)です。

iPhoneSEをゲットして、長年利用してきたAndroidスマートフォンから乗りかえてみました。

暫くメイン端末として利用して、AndroidからiOSに乗りかえて感じた所感を残します。

何も考えないと満足。考えると不満。

これはAndroidが良い、iOSが悪いという話ではなく、長期的に利用してきた端末視点で物事を考えているので、私個人はこの様に感じています。

まず、iPhoneは何も考えずに使いこなせるほど、ユーザーフレンドリーな端末です。なにも考えずに「あるものを使う」という利用方法では全く不満は無いですし、すこぶる快適。

ところが、少し用意されている事から外れると、一気に不満が出る端末。

既定のブラウザーすら選べないガチガチの仕様

AndroidはGoogleの開発したOSで、Android端末に搭載されているブラウザーは、これまたGoogleが開発したChromeを搭載しています。

パソコンでもトップシェアを誇るGoogleのChromeブラウザー。もちろんiOS向けにもリリースされており利用可能。

しかしながら、既定のブラウザーとして設定が出来ないのです。

もっと細かく言うと、アプリ単位でブラウザー設定が可能なものであればブラウザーを指定可能ですが、全ての場面で気に入ったブラウザーを使うことが出来ないので、このアプリではChromeで開くけど、このアプリではSafariで開くということが頻繁に起こります。

これは非常に使いにくい。Androidはカスタマイズに長けている面が多々ありますが、iOSもさすがに頻繁に使うブラウザーやメールソフト等の既定アプリ設定くらい出来ても良いんじゃないかなと。

Google関連のアプリが使いにくい。

Google関連アプリはiOS向けにもリリースされていますが、Android版と比べて若干機能制限されていたり、仕様が違ったりと使い勝手については本家Android版がリードしています。

私はGoogleのサービスを沢山利用しているので、Google色に染まってしまっているなと感じましたね。ホント少しのことなのですが気になって仕方がない。

しかも、何年もAndroid端末を利用してGoogleサービスをバリバリ利用してきたので、iPhoneに乗り換えてからいつも通りに利用できない事がストレスに。

しかしながら、Apple色に染まれば解消できることも多々あるので、一概にデメリットとは言えません。AppleでもGoogle関連サービスの代用アプリは沢山リリースされているので、完全に乗りかえれば問題となることは少ないはず。

何より「過去の資産」が無駄になることが痛かった。

簡単に言うと、Androidで購入したアプリはiPhoneで利用することがほぼ出来なかったと言うこと。

つまり、有料系アプリで必須な物は買い直しということですね。

また、LINEのトーク履歴等もOSが変わることにより、上手く移行出来る保証はありません。ちなみに私はLINEのトーク移行は断念。

OSが変わるということは、アプリや、アプリ内のデータ等の移行に関して覚悟が必要と言うこと。

期待していたけど、それほど優位点は少なかった。

AndroidスマートフォンからiPhoneSEに乗りかえる時に、非常に期待していました。

どの様な事が出来て、どれだけ素晴らしい体験が可能なのだろうと。

しかしながら、実際に乗り換えると、びっくりするほどの事はありませんでしたね。実はiPhone5まではiPhoneを利用していましたが、その後はAndroidに乗りかえた口です。

良くも悪くも、iPhoneは大きな変化は無いように感じました。確かに、サックサクで使いやすいのですが、最近のAndroidも性能的には劇的に向上しているので、昔ほど操作性に関して優位性があるとは感じません。

それよりも、当たり前に利用してきた事が出来なくなった事のデメリットが個人的には目立ちました。やはり私はAndroid向きの人間なのでしょうか。

友人と話したら、「昔から利用している物が使いやすい」とのこと。

友人は根っからのiPhoneユーザー。たまーにAndroidの格安スマホを貸してあげるのですが、Androidは使いにくい!と愚痴っています。

私と全く逆のことを言っていたので、色々話していましたが、結論は「長く使っているものが一番使いやすい。途中で切り替えると操作の違いなどでストレスとなる部分が出てくるのが当たり前」とのこと。そりゃそうだね、と話していましたが、iPhoneユーザーの友人も「でもブラウザーくらい選ばせてほしいよね」と、既定アプリの設定に関しては不満を漏らしていましたね。

もしかしたらAndroidスマートフォンに戻るかも。

約2ヶ月程iPhoneを利用してきましたが、個人的にはAndroidスマートフォンに戻りたい気持ちが日々大きくなってきています。

それもこれも、Googleサービス漬けな事が原因でしょう。

Androidをメインに利用するか、iPhoneをメインに利用するか、ガジェット系サイトを運営しているものとして非常に悩ましいところです。

iPhoneもAndroidスマートフォンも、どちらも非常に魅力的ですが、使い勝手という部分では過去の利用してきた環境に大きく左右される部分ですね。

とにかく現状は、スマートフォンをAndroidからiPhoneへ乗りかえただけですので、今後はパソコンをWindowからMacBook等に変更して、同期や連携の使い勝手などを体感してみたいと思います。

恐らくiPhone使いはMacを使ってこそ本領発揮するのではないかと。

ただ、現在Androidを利用している方で、iPhoneに乗りかえを検討されている方は、AndroidとiPhoneでは、OSが異なる製品ということを頭の片隅に置いておきましょう。

スマートフォンという大きな括りでは同じですが、OSが異なると様々な箇所で違和感を感じストレスになる場合があります。

ページトップへ