ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

感電の危険。AppleがAC電源の交換プログラム発表

garumax-AppleAC (1)

Appleが一部のアップル製品の同梱物として出荷されたAC電源のプラグに「手で触れるとゴクマレに感電する危険性がある」として「Apple AC 電源プラグ交換プログラム」を発表しました。

海外渡航の多い方は今すぐチェックしよう。

交換プログラムの対称となるのは、ヨーロッパ、オーストラリア、ニュージーランド、韓国、アルゼンチン、ブラジル向けの2芯AC電源プラグで、2003年から2015年に出荷されたMacと一部のiOS製品に同梱されていたAC電源プラグです。

また、Apple ワールドトラベルアダプタキットを購入した方も対象です。

つまり、海外版のMacやiOSを購入して同梱物として持っている方と、海外渡航の為にワールドトラベルアダプタキットを購入した方が対象です。

かなりの広範囲で長期間(12年間)も流通していたものですので、海外渡航されている方や海外版のMac、iOS製品を持っている方は対象のプラグを持っている可能性が高いです。

米国、英国、中国、日本向けのプラグは対象ではありません。海外渡航時に現地で充電するために用意したプラグなど持っている方はチェックしましょう。

交換対象のプラグの見分け方。

Appleの公式サイト対象となるプラグと新設計のプラグを見分ける画像が公開されています。

▼左側のプラグを持っていたら直ぐに交換手続きしましょう。↓

garumax-AppleAC (2)

尚、本記事のトップ画像の「Apple ワールドトラベルアダプタキット」も交換対象です。

対象だった場合の交換で注意すべきこと。

もし、交換対象のAC電源アダプターを持っていたら交換となるのですが、交換はアップルストア直営店( Genius Bar の予約必須)か、Apple 正規サービスプロバイダーでの交換となります。

交換にはシリアル番号を検証するそうなので、製品のシリアル番号を確認しましょう。

Appleは「ごくまれに」と言っていますが、触りたくもない。

かなりの広範囲且つ12年という長期間で、やっとAppleが交換プログラム発表ですか。その間に一体どれだけの方がビリビリとなったんでしょうね。

交換プログラムが発表されるのは、今まで相当苦情があったのでは?と感じますが、まぁ、よくも12年もAppleは改良もせず流通させ続けたもんだなと。

Appleが不具合を認めたので対象のプラグを持っている方は直ぐに交換しましょう。こんなプログラムが発表されたら触れたくもないでしょうし。

以下にApple公式サイトのリンクを残しておきます。

ページトップへ