ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

Aterm MR05LNスペックレビュー。モンスターSIMフリールーターが怒涛の進化。【2016/11/26更新】

Aterm MR05LNはモンスターSIMフリールータ

  • ▼2016/11/26 更新▼

    過去の最安値:18,144円 →最安値更新で14,800円!

    また、対象エリア内は注文後2時間以内に到着するPrime Nowの初回利用者向け割引コードを利用すると更に2,000円OFFの12,800円で購入可能です。

  • 【Amazon】MR05LNが14,800円!
  • 【Amazon】Prime Nowの割引コード詳細

SIMフリーモバイルルーター界で頂点に君臨していたモンスターSIMフリールータAterm MR04LNですが、NECプラットフォームズが後継機にあたる「Aterm MR05LN」を発表しました。

発売日は2016年9月1日。執筆時点では2日後に控えているので取り急ぎ進化点をまとめておきます。ただでさえ「モンスター」と呼ばれていたSIMフリールーターですが、非の打ち所が無いほどの仕上がりです。

追記:発売開始となりました。価格は約25,000円前後となっています。

Aterm MR05LNの性能

項目仕様
SIMサイズNanoSIM×2
連続動作時間Wi-Fiテザリング
約14時間

Bluetoothテザリング
約30時間
バッテリー容量2500mAh
サイズ約63(W) × 115(D) × 11(H)mm

重量115g
液晶2.4型LCD
タッチパネル
Wi-FiIEEE
802.11ac.n.a.g.b.
(2.4Ghz帯、5Ghz帯に対応)
BluetoothVersion4.0 Class2
対応バンドLTE
1.3.8.11.18.19.21

3G
1.5.6.8.19
備考3波CA対応
SIM自動切り替え対応

Aterm MR05LNの対応電波は豊富。

ドコモ回線のLTEは主力のバンド1、東名阪の高速通信バンド3、プラチナバンド19に対応。3Gに関してもバンド6が対応しているのでFOMAプラスエリアの山間部でも安心。

ソフトバンク(ワイモバイル回線)は主力のバンド1、プラチナバンドの8にLTE/3G共に対応。補助的電波のバンド3対応しているので安心。

auの3Gで用いられるCDMAには対応していませんが、LTEに関しては主力のプラチナバンド18と補助的バンド1にしっかり対応。

格安SIMの通信で必要なAPN設定ですが、Aterm MR05LNでは予め複数のAPN設定がプリインストール済み。また、Aterm MR05LNのタッチパネルから直接APN設定が可能ですのでAPN設定のためにパソコンが必要ということもなし。

公衆無線LANにも対応しているので、Aterm MR05LNのスマホ用アプリやタッチパネルから簡単に切替えることが可能となってます。

Aterm MR05LNは3波キャリアアグリケーションに対応

Aterm MR05LNは3つの電波を束ねることで最大375Mbpの通信速度に対応しています

モバイル通信では特性別に複数の電波を流し、端末でキャッチすることで通信することが出来ますが、Aterm MR05LNでは最大3つの電波を同時にキャッチ出来る3波キャリアアグリケーションに対応。

キャリアアグリケーションでは単純に掴んだ電波の速度が上乗せされる仕組みで、例えば100Mbpsの電波を3つ掴むと通信速度が300Mbpsになる画期的な技術。

Aterm MR05LNでは、3つの電波を掴むことで最大通信速度375Mbpsを叩き出すことの出来る仕様となっています。

また、複数の電波を掴める事で1つの電波感度が弱くなっている場合でも違う電波を掴むことで圧倒的に途切れにくくなることもキャリアアグリケーションの恩恵といえます。

Aterm MR05LNWi-Fiは最大867Mbpsに対応

Aterm MR05LNはWi-FiACで超光速通信が可能な仕様となっています

Aterm MR05LNではWi-Fiにも抜かりがない。3波キャリアアグリケーションで最大375Mbpsの通信速度を受信出来ますが、Aterm MR05LNに接続した機器にはWi-Fiで最大867Mbpsの速度で通信が可能なため、モバイル通信での通信速度を犠牲にする事無く接続端末に送る事が可能となってます。

Aterm MR05LNの自動SIM切り替えが便利すぎる

Aterm MR05LNでは2枚のSIMを挿入できる仕様ですが、なんとSIMの自動切り替えが可能となっている!

切り替えは時間帯、曜日、通信量、クレードルの脱着を判別して自動で行われるので、かなり幅広い活用が可能となっている。キャンペーン格安SIMの運用や格安SIMのデメリットを解消する機能なだけに非常に注目度の高い機能。

格安SIMを2枚挿して通信量で切り替え。

複数の格安SIMを差し込み、片一方の通信量が上限に達すると自動的にもう片方のSIMへ切り替えが可能ですので、キャンペーン等で安く利用できる格安SIMを複数所有している方はかなり活用できます。

例えば、500MB迄0円で利用できる0SIM+3GB迄半年間0円で利用できるDTI SIMをAterm MR05LNで利用する事で0SIMが500MBに達すると自動でDTI SIMに切り替え余すこと無く利用可能。

格安SIMの通信速度低下時のみ時間指定でSIMを切り替え。

格安SIMでは、12時~13時など混雑時に通信速度が著しく低下する場合がありますが、Aterm MR05LNでは時間指定でSIMを切替える事が可能ですので、例えば混雑時以外は格安SIMで通信を行い、混雑時は高品質なソフトバンク回線を利用できるワイモバイルの1GB/980円の格安SIMに切り替えて常時快適な通信環境を構築可能。

これ、個人的には最もおすすめな使い方。格安SIMのデメリットを自動で回避出来るのは素晴らしい。

SIMフリールーターはAterm MR05LN一択。

様々なSIMフリールーターが登場していますが、他製品を寄せ付けない圧倒的なパフォーマンスはモンスターの名に恥じない出来栄え。

SIMフリールーターを活用する方は安い格安SIMを複数利用して安く大容量な通信環境を整えて利用している方も多いのですが、特にSIMの自動切り替え機能は魅力的な機能と感じるはず。SIMの自動切り替えで格段に利便性と活用幅が広がります。

まさにAterm MR05LNは痒いところに手が届いたSIMフリールーターです。これから複数のSIMを挿して利用する事を前提にSIMフリールーターを購入検討されているのであれば、Aterm MR05LN一択です。

▼2016/11/26更新:14800円で過去最安値です。価格は常に変動するので購入前にチェックしてくださいね!また、今回はPrime Now初回利用者向けの2,000円OFFクーポンも利用可能ですので対象者は12,800円で購入可能

ページトップへ