ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

iPhoneとAndroidに対応!スマホの充電端子をマグネット化したら超快適だった!

スマホの充電端子をマグネットに出来るケーブル

MacBookなどでは充電端子がマグネット型となっているので、ケーブルを引っ掛けて強い力が加わると外れるようになってますが、MacBookみたいにスマホの充電端子もマグネット化するケーブルを見つけたので買ってみました。

LightningとMicroUSBに両対応したマグネット型の充電ケーブルを使ってみた!

今回紹介するマグネット型ケーブルはZinxというメーカーさんの製品で2Aまでの充電に対応。Lightning端子又はMicroUSB端子とケーブルがセットになってます。今回はLightning端子がセットの充電ケーブルを購入!

▼同梱物はマグネット型ケーブルとLightning端子。カラーはiPhoneSEに合わせてピンクゴールドをチョイス。他にもゴールドとシルバーカラーあり。↓

説明書は外箱裏面に記載してました

▼これが端子部分。この部分だけをスマホに挿しっぱなしにします。↓

端子部分だけなので非常に小さいです

▼スマホカバーを外して端子部分を付けてみました。結構出っ張りますが、カバーをつけると特に気になりません。↓

カバーを外して端子をつけると出っ張りが気になるレベル

カバーをつけると出っ張り具合も主張的ではなくなるので許容範囲

▼ソフトバンクのLightningケーブルと並べてみました。一回り大きい感じ。ケーブルは布巻きで耐久力は高そうです。↓

ケーブル自体も太くて固め。

▼ケーブルを充電端子に近づけるとパチリと磁石で固定されます。↓

スマホにケーブルを近づけると自然に磁力でくっつきました

▼ケーブルにはLEDが搭載されているので暗闇でも充電中か確認しやすい。↓

ケーブルには充電LEDが搭載

ケーブルを引っ掛けても安心。

充電中にケーブルを引っ掛けてしまいスマホを机から落としたことが何回もあるのですが、マグネット型ならある程度の力が加わると外れるので安心。

引っ掛けても安心ですが、マグネット型なのでスマホをいじりながら充電する場合は少し持ち方に気をつけましょう。

▼横に対しての磁力はそこまで強くはありません。縦方向への吸着力は強め。↓

横への引張には弱いですが縦は強いです

▼例えば、スマホを横持ちで使う場合は指の間に充電端子か入り込む感じになりますが、ゲームなどで熱中していると充電端子が浮いてしまう場合があるので気をつける必要があります。↓

スマホゲームに熱中しているとケーブルが外れる事もあり

ケーブルだけ追加で購入できる。

自宅用と車用を揃える場合もケーブルのみを安く購入できるので経済的。ちなみにケーブルはMicroUSB用とLightning用で分けて販売していますが、説明書にはMicroUSB用とLightning用で兼用と書いてます。

ちなみに、端子部分も単体で販売しているので、端末がAndroidからiPhoneに機種変更した場合でも端子部分のみを追加購入するだけでオッケー。

マグネット型充電ケーブルは沢山抜き差しする方におすすめ。

個人的には自動車での使い勝手がピカイチと感じました。特に車での移動が多く乗り降りでスマホを持ち歩く事が多い方は相当捗りますよ。

少し前に以下の製品もレビューしましたが、これと一緒に使うと超快適。

磁石でペタッと張り付くスマホ用の車載ホルダーレビュー!

マグネット型充電ケーブルはLightning又はMicroUSB端子とケーブルセットで2,380円、ケーブルのみで1,280円、端子のみで1,300円で購入可能となってます。(販売ページで選択可能。)

スマホの充電ケーブルを引っ掛けてふっとばす前に是非どうぞ。

▼Lightning端子とケーブルセット▼追記:商品ページがなくなったので削除しました。

▼MicroUSB端子とケーブルセット▼

ページトップへ