ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

ドコモが端末代金支払を見直し。分割時の頭金設定が可能となり審査が通りやすくなる

garumax-docomo

産経ニュースによるとドコモが今年中にスマホ購入時の分割購入方法に対して頭金を購入者が自由に設定できるように見直しすると報じています。また、販売店の裁量で端末代金の値引きも可能になるとのこと。

端末代金の分割時に頭金を支払う事の恩恵

調査結果ではスマートフォン購入者の多数は分割払いを利用しているそうです。私も大手キャリアで契約していた時は分割払いを何度か利用していましたが、一括又は分割の支払い方法を選べる一方で、分割支払い時は端末毎に設定された端末代金を指定された期間と金額でしか分割出来ませんでした。

端末代金が10万を超えると簡易審査ではなく割賦審査となる。

最近では10万円を超える端末も珍しくありません。大手キャリアでは10万以上の端末代金を分割で購入する場合、簡易審査ではなく割賦審査となり分割代金を継続的に支払う事が可能であるか詳細な審査が必要となります。

割賦審査は一般的なローン契約と同様の審査となるため年収や職業に関しても審査対象となります。

その結果、「端末を購入したくても割賦審査が通らないので購入できない」という方が続出。大手キャリアでも出来るだけ端末を捌きたいので、iPhoneなどでも一部モデルは10万円未満の販売価格を設定するなど簡易審査で分割出来る様に配慮してました。

頭金が自由に設定出来ると割賦審査ではなく簡易審査で分割可能となる。

先述した通り、今までは頭金の設定が出来なかったので、端末の販売価格を基準に簡易審査や割賦審査を行ってきました。ですので10万を超える端末で分割支払いを選ぶと強制的に割賦審査となってましたが、今後は購入者側が頭金を設定する事で販売価格が10万以上の端末も分割部分は10万未満に抑えることで簡易審査となり分割での購入が容易となります。

販売店の裁量で値引きが可能になると販売台数や契約数で競っている店舗間の割引き合戦が激しくなりそう。

もう一つ要注目な内容が「販売店の裁量で値引きが可能」になること。

販売店の裁量で端末代金の値引きが可能になると、販売価格が10万円を上回る端末代金を販売店側が10万未満まで値引く事で簡易審査での分割が可能となります。

つまり、今まで割賦審査が通らなかった方も簡易審査に持ち込んで販売出来る可能性が高くなるので販売台数にも影響しそうですね。

ただ、値引きをチラつかせて訳の分からないオプションをワンサカ契約させるんじゃないかなと予測してます。

スマホ分割時の頭金が自由に設定できる事は購入者にとっては大きなメリット。

割賦審査は中々厳しい審査なので年収や職業で弾かれる事も珍しくありません。

例えば私はブログで生計を立てており収入も不安定なので、恐らくスマホの分割割賦審査は通りません。それなら一括で支払って下さいと言われても、10万以上の大金をポンと出すのは負担が大きいです。

端末代金の分割時に頭金を数万円でも支払うと分割審査は簡易となり端末購入が容易になるだけでは無く、頭金分は月々の支払いが下がるのでトータルコストは変わらなくても毎月の支払い額は下がるので個人的には中々良い施策だと思います。

ページトップへ