ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

【レビュー】ノートパソコン用のスタンドでタイピングが超快適!熱対策にもグッド!

garumax-dodocool-notePC-stand (7)

どうも、ガルマックスの猶木(ナオキ)です。

私はガルマックスでブログを書いているので、非常に文字を打つことが多いのですが、現在使用しているパソコンはノートパソコン。

デスクトップなら、キーボードは好みの角度に合わせる「スタンド付き」の製品も多いですが、ノートパソコンではその様なスタンドが付いている製品は稀です。

今回、dodocoolさんから、ノートパソコン用のキーボード角度調整スタンドをご提供頂いたので使ってみましたが、びっくりするほど快適!

dodocoolのノートパソコン用スタンド使用レビュー!

まずは開封の儀。

▼今回もオサレなパッケージです↓

garumax-dodocool-notePC-stand (10)

▼中にはシンプルに本体と説明書。ご提供いただいたのはブラックですが、この他にレッドもあり。シルバーの本体にはレッドが合いそうですね。↓

garumax-dodocool-notePC-stand (11)

▼本体の粘着部分をノートパソコンの背面に貼り付ける仕様です。ちなみに粘着面以外は肌触りの良い布製となっているので、机に傷が付く心配もなし。但し、若干滑りやすい。↓

garumax-dodocool-notePC-stand (12)

▼本体はマジックテープで任意の角度で固定が可能。自分の好きな角度で利用できるのは嬉しいポイント。この類の製品は1~2段階固定の製品が多いんですよ。タダ、人前でベリベリとマジックテープを剥がすのはスマートでは無いかも笑↓

garumax-dodocool-notePC-stand (13)

garumax-dodocool-notePC-stand (14)

▼早速本体裏にペタリと貼り付け。この時に本体裏の排熱スリットに被らないように注意しよう。↓

garumax-dodocool-notePC-stand (4)

▼折りたたんだ状態だと「いつも通り」の角度↓

garumax-dodocool-notePC-stand (5)

▼スタンドを立てるとキーボードに傾斜がついて打ちやすい角度に。↓

garumax-dodocool-notePC-stand (6)

▼この記事も、こんな感じでスタンドを使用しながら打っていますが非常に打ちやすいです。↓

garumax-dodocool-notePC-stand (8)

使ってとみて実感。キーボードは角度が付いている方が打ちやすい。

今まで、デスクトップパソコンを使っていたのですが、その時のことを思い返せば、私は常にキーボードに角度をつけて使用していたことを思い出しました。

平面でも打てるっちゃ打てるのですが、キーボードを「自分に最適な角度」にすることで、更に快適にタイピングが可能です。自分仕様っちゅうやつですね。

特に、メールやSNS等のやり取りで文字を打つことが多い方は試してみて欲しいくらい快適になりますよ。

角度がついた分、ノートパソコンの画面位置も高くなるので、肩こりなども軽減出来ますからね。

夏の熱対策にも効果的。

ノートパソコンは本体背面に排熱用のスリットが入っている製品も多いです。

夏場なんかだと、上手く排熱処理が出来ずに処理落ちすることもありますし、私は以前のノートパソコンでは夏場の熱対策に本体背面に割り箸をテープで止めて本体と机の隙間を故意に確保していました。

最近ノートパソコンでも、結構リッチなゲームが楽しめるようになってきたので、ノートパソコンでゲームしてるよ。という方は熱対策にもノートパソコン用のスタンドはありな選択ですよ。

特に私と同じように割り箸などで熱対策している方はゲットしておきましょう。捗ります。

ほんのちょっとの事で捗る。ノートパソコン用スタンド試してみませんか?

私の仕事は記事を書くこと。ガチの文字打ちマンです。

キーボードの角度とか。。。とか思っていると、使った時に快適でビックリしますよ。

非常に安価で手に入るので、試してみるにもいい商品だと感じます。本製品を利用する上で注意していただきたいことは、ノートパソコンの背面へ貼り付ける際に排熱用のスリットに被らないように取り付けること。排熱スリットを塞ぐと熱暴走の原因にもなりかねません。

お値段もセール価格で799円と安い!劇的に操作感が変わるので超おすすめ!

それでは、快適なノートパソコンライフを!

ページトップへ