ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

dodocoolのiPhone/Android両対応ケーブル搭載モバイルバッテリーが使いやすい!

dodocoolのケーブル搭載モバイルバッテリー

どうも、ガルマックスの猶木(ナオキ)です。

最近、10,000mAhを軽く超える大型モバイルバッテリーが流行していますが、「私は大容量なモバイルバッテリーは必要ない」という方に丁度良いモバイルバッテリーをdodocoolさんにご提供頂きました。感謝御礼。

早速、使い勝手などをチェック!

dodocool の2500mAhモバイルバッテリー「Power Bank」実機レビュー。

まずは開封の儀。

▼いつも通り、dodocoolさんらしい上質な外箱で届きました。↓

外箱はいつも上質。非常にしっかりしています

▼箱の裏には「MFi」のラベル。つまり、Appleお墨付きの製品です。↓

裏にはAppleお墨付きのMFIラベルが記載されてるので安心

▼同梱物は、本体、本体充電用ケーブル、取扱説明書(日本語表記あり)↓

説明書が日本語対応で嬉しい

▼最大出力は1Aとなっています。↓

高速充電では無いもののイザという時には便利

小さな軽量モバイルバッテリーなのに「充電用ケーブル」が搭載されている。

本体は非常に薄いですが、本製品の一番のウリである「充電用ケーブル」がバッテリー本体に搭載されてます。つまり、持ち歩く際は別途充電用ケーブルは必要ありません。

▼本体右側面には本体を充電するためのMicroUSB差込口。ちなみに本体はブラックですが指紋がベタベタ付着しないので好印象。↓

側面には本体を充電するためのMicroUSB端子が搭載されてます

▼本体上部には、こんな感じでグレーのケーブルが収納されています。↓

ケーブルが平で頑丈な感じ

▼引っこ抜くとMicroUSB端子が登場。このままAndroid端末に充電できます。↓

このままAndroid端末などに充電できます

▼ケーブル収納スペースには何やらMicroUSB形状のパーツが。↓

謎のパーツを発見しました

▼ぶっ挿して、、、、↓

謎のパーツに付属のケーブルを挿して、、、

▼引っこ抜くとライトニングケーブルに早変わり。↓

引っこ抜くとライトニングケーブルに早変わり

▼トップ画像ではAndroid端末の写真でしたが、iPhoneSEもしっかり充電されました。↓

iPhoneSEも楽々充電

▼本体充電中や、給電中はこの丸いランプがグリーンに光ります。↓

インジケーターランプもしっかり搭載

超薄型で軽量!ケーブル付きでライトユーザーにオススメ。

本体容量は2,500mAhとなっていますが、仕事帰りに自宅まで充電が持たない!という状況では非常に役に立つ容量。また、モバイルバッテリーの使用頻度が低い方も超コンパクトで軽量なので、鞄に放り込んでても気になりません。

やはり特筆すべき点は充電ケーブルを別途持ち歩かなくていいこと。こいつを持ち歩くだけでいつでも充電可能なのは非常に嬉しいポイント。

1Aの充電速度ですが、イザという時は非常に役立つアイテムですので、ライトユーザーさんでモバイルバッテリーを持ってない方にもおすすめ。

ページトップへ