ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

iPad Airに最適な9.7インチ対応保護スリーブレビュー!

dodocoolの保護スリーブは非常にコスパの良い製品

どうも、ガルマックスの猶木(ナオキ)です。

普段、iPad Airと同じ画面サイズの9.7型タブレットを使用しているのですが、カバンに入れて持ち運ぶ場合や、カバーを利用しない方に最適な保護スリーブをdodocoolさんに頂いたので早速使ってみました。

使い勝手が良いので、大型タブレットを持っている方にオススメ。

▼定価は時期により価格変動するのでご確認下さい!▼

iPad Air対応の保護スリーブを使ってみた。

普段からスマホやタブレットをカバンにポイッと放り込んでしまう癖があるので、カバンの中で端末やらモバイルバッテリーやらがぶつかり傷だらけになりやすいのですが、流石にそれはまずいでしょ。と言うことで、最近では保護スリーブに入れて持ち歩いています。

▼カラーはグレー。オレンジのワンポイントカラーが気に入っています。保護スリーブの素材自体が柔らかな布製ですので、カバンの中でぶつかって他の機器を傷つけません。↓

本体は蓋が付いている形状の封筒型でオレンジのワンポイントカラーがいい感じ

▼蓋をあけると少し小さめのポケットが付いてました。大型タブレットでは外付けキーボードを使っている方も多いので、一緒に持ち歩けてGood。↓

キーボードが入るポケット付き

▼タブレットの入るポケットの内張りは、画面拭きクロスの様な素材↓

タブレットを入れるポケットはとても柔らかい布の内張りです

タブレットを入れてみました

▼保護スリーブの裏側にもポケットが2つ付いているので充電ケーブルも分けて収納が可能です。↓

保護スリーブの裏面にはポケットが2つ付いているので、充電ケーブルや小物を入れておけます

やっぱり専用品は使い勝手と保護能力が違う。

以前、友人がiPad Airを購入した際に、100均とかで売っているポーチにタブレットを入れてました。

ポーチにタブレットもUSBケーブルも全部放り込んでたので、「ポーチの中でガチャガチャぶつかりまくっているんだろうな。」と、あの時は何気なく見ていたのですが、保護スリーブを使って、「あぁ、やっぱり専用品は使い勝手が全く違うな」と実感。

本体、キーボード、充電器、ケーブルがそれぞれ独立したポケットに収納するので、ガチャガチャしなくて本当に傷がつきにくい。

大型タブレットを持っているなら持ち運び用にどうぞ。

あるのと無いのではかなり違います。

特に室外に持ち出す場合は確実に持っておいたほうが良いですね。全てまとめて持ち歩けて、傷からも守ってくれる保護スリーブは使ってみて良いものだって気が付きました。

なんせ、私自身が100均のポーチで十分っしょ。って思っていましたからね。

ちなみに大型タブレットは保護フィルムが非常に貼りにくいので、本体の保護は「エッジ液晶の保護はコーティング剤が最適。スマホ全体をまるごと守ってくれる!」で書いているコーティング剤がオススメ。

今回の保護スリーブはかなりオススメですよ。

100均のポーチとかで代用しているのであれば、保護スリーブに切り替えましょう。

ページトップへ