ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

3.0対応USBハブ(DC02)レビュー!ノートPCの簡易DOCKとして使おう!

全てのポートがUSB3.0に対応しているハブはこれから購入する人向き

どうも、ガルマックスの猶木(ナオキ)です。

以前は自作でパソコンを組んでいた時は拡張性が高かったので、USBポートなんてチョチョイのチョイで増やしていましたが、現在はノートパソコンを使っているので、無線マウスの受信機、USB接続のスピーカー、外付けHDD、プリンター等々、様々な拡張機器を利用する場合はUSBを沢山使います。

最近のノートパソコンは薄型化の為かUSB端子が1~2個という製品も少なくありませんよね。私は3つ付いていましたけど、それでも足りないんですよ。

そんなノートPC利用者さんに相性の良いUSB3.0に対応したハブを頂いたので早速使ってみます。

USBケーブルを一本挿せば即拡張!USBハブの活用法!

今回頂いたUSBハブは、全ポートが高速転送が可能なUSB3.0に対応。また、全ポートでiPhone等の充電も可能。

▼同梱物は本体と説明書のみ。↓

説明書は英語ですが、基本挿すだけなので問題なし

▼本体は台形の様な形で、上面にUSB3.0ポートが4口付いてます。大型なので自宅での拡張用に向いてます。

本体は据え置き型の為、ポータブルには向いていません

▼本体裏側には、ゴムの足が付いているので滑りにくくなっています。こういう配慮は嬉しいですね。↓

本体の裏には滑り止めのゴム足がしっかり付いているので滑りにくいです

▼USBケーブルは太めで耐久力はかなり高そう。ケーブル長は約1m程。↓

iPhoneのケーブルと比較して2倍以上の太さがあります

ケーブル長は約1mとなっているので、取り回ししやすい

▼通電中はブルーLEDが点灯するので、ハブがしっかりパソコンに接続出来ているか目視で確認出来るので、接続出来ているか出来ていないのかが一発で分かります。↓

LED付きで使用可能状態か一発で分かります

いつも使うUSB機器はハブに纏めよう。

使い方は人それぞれですが、私はUSB機器をハブにまとめて簡易DOCKとして使います。

外付けHDD、プリンター、USBスピーカーなど、自宅でしか使わないUSB機器を本機にまとめておくことで、USBハブのケーブル一本を抜き差しするだけで複数のUSB機器を拡張又は取り外し出来るので超便利。

▼こんな感じに複数のUSB機器をハブに挿しておけば、ケーブル一本で周辺機器の拡張が出来る簡易DOCKとして使えます。↓

複数のUSB機器を挿して簡易DOCKとして利用しています

高速転送が早いので、外付けHDDとも相性良し。

最近は外付けHDDなどでもUSB3.0に対応している製品が多いので、USB3.0機器を利用している方は、ハブもUSB3.0に対応している製品を利用しましょう。ちなみにUSB3.0に対応している製品は、端子カラーがブルーです。

もし、ノートパソコン自体がUSB3.0に対応していない場合であっても、下位互換があるのでUSB2.0として使えます。今後、USB3.0搭載のPCに買い換えた場合もフルスペックで利用できるので長く使える仕様ですね。

ノートパソコンでの機器拡張はUSBポートを利用するので、ハブを利用することでデスクもすっきりしますし、何よりパソコンを持ち出す場合にハブのケーブル一本を抜き差しするだけで済むのでとっても楽ちん。

ノートパソコン利用者さんにとってもオススメなUSBハブでした。

執筆時点ではセール価格の1,499円となっていますが、価格変動時はご了承下さい!

ガルマックスでは以下のUSBハブもレビューしてます。

dodocoolの充電しながら使えるPD対応LAN搭載USB-Cハブが便利!

MacBookに最適!充電しながらUSB端子を拡張出来るハブが使いやすい!

USB-C搭載パソコン用のカードリーダー搭載USB3.0ハブのレビュー

ページトップへ