ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

安いVRメガネレビュー第二弾!スマホ取り付けで傷がつかない貼り付け仕様の製品。

garumax-dodocool-arealer-vr (1)

どうも、ガルマックスの猶木(ナオキ)です。

VR大好きっ子の私ですが、dodocoolさんから新たなVRメガネをご提供いただきました。感謝御礼。

早速使い心地をチェックしてみましょう。

定価は時期により変動するのでまずは定価を確認してくださいね!

スマホをペタッと貼り付けるVRメガネ。

▼同梱物は本体、レンズ拭きクロス、取扱説明書(英語)の三点。↓

garumax-dodocool-arealer-vr (2)

▼本体前面がパカっと開くタイプ。↓

garumax-dodocool-arealer-vr (4)

▼本製品はスマートフォンをストッパーなどで挟むタイプではなく、粘着面にペタッと貼り付けるタイプですので、取り付け時に傷を付ける事も無いはず。↓

garumax-dodocool-arealer-vr (5)

▼スマートフォンはこんな感じでセット。最大6インチまで対応しています。今回取り付けたスマートフォンは5.2インチのFREETEL SAMURAI REI。↓

garumax-dodocool-arealer-vr (6)

▼本体上部についているレバーでレンズ位置の調整が可能。左右独立してレンズ位置を調整できるのでぴったりのレンズ位置で快適にVRを楽しむことが出来ます。

garumax-dodocool-arealer-vr (3)

▼本体側面にはスリットがあるので、音が非常によく聞こえました。私が試したVRメガネで一番クリア。↓

garumax-dodocool-arealer-vr (8)

粘着タイプの利点と懸念。

本製品はスマートフォンを本体の粘着部にくっつけるタイプ。

利点は、ストッパーなどで本体を挟むタイプは、スマートフォンに傷をつける恐れがありますが、本製品はその様な心配はありません。

また、粘着式の為、ストッパー式の様にボリュームボタンや電源ボタンがストッパーに干渉するといった事もないので、スマートフォンの取り付けは非常にイージー。

ただし、粘着式ということで、本体背面の素材により粘着力が弱くなることがあるので、ギュッとスマートフォン本体を粘着面に貼り付けてしっかりくっついているか確認しましょう。

しっかり貼り付けると早々外れることは無いほど強力にくっついてくれます。

メガネをかけている方はNGの商品。

garumax-dodocool-arealer-vr (7)

私はメガネを着用しているのですが、メガネを取り付けた状態では本製品の利用は避けたほうが良いです。

フレーム形状にもよりますが、私の使っているメガネではフレームに干渉するのでコンタクトで使っています。

メガネをかけている方は以下の製品がオススメ。

低価格VRメガネ実機レビュー!Arealer VRroomは眼鏡かけたままでオッケー!

VRメガネをゲットしたら様々なVRコンテンツで遊ぼう!

VRメガネでは、You Tubeの3D映像(3Dで検索すると左右同じような映像が流れるタイプの動画)や、VRメガネ用のスマートフォンアプリ(アプリ検索時に「VRアプリ」でたくさんヒットします)が楽しめます。

3D映像は想像がつきやすいコンテンツですが、VR(バーチャル・リアリティ)は体験してみないとその凄さが伝わりにくいです。

3Dの世界に飛び込んで上下左右の360°をグルリと見渡せます。

毎回VRメガネを紹介している記事でオススメしていますが、ジェットコースターのVRアプリは是非体験してみてください。

VR Roller Coaster for Google Cardboard

VR Roller Coaster for Google Cardboard
開発元:andrew sasaki
無料
posted with アプリーチ

スマートフォンを利用するVRメガネが最も手軽でオススメ。

VRを体験できる機器は沢山ありますが、スマートフォンを利用するタイプのVRメガネは最も安く簡単にVR体験が可能な製品です。

今年はVR元年と言われており、様々なVRコンテンツが登場しているので、気軽に遊べるVRメガネを1つ持っていても良いかもしれません。

本製品も安くなっているので是非使ってみてくださいね!

ページトップへ