ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

EveryPhone MEレビュー。デュアルカメラの出来栄えが残念

※本ページは記事の3ページ目です。本ページからアクセスされた方は記事TOPからの閲覧をオススメします。

EveryPhone MEの外観をチェック

本ページではEveryPhone MEの外観をチェックします。

▼本記事は6ページ構成です▼

  1. 性能のチェック
  2. 同梱物のチェック
  3. 外観のチェック(今ここ)
  4. 機能のチェック
  5. カメラのチェック
  6. 総評

EveryPhone MEの外観をチェック!

低価格なSIMフリースマートフォンはプラスチック感満載でチープな外観の製品が多いですが、EveryPhone MEの外観は薄くスタイリッシュで高級感の高いメタル素材仕様となってます。所有満足度も高めでGOOD!

フルメタルボディー!ダイヤモンドカットが美しい!

僕がゴールドカラーを選択肢たのは背面が非常に美しかったから。ブラックモデルは若干背面がマットな感じで指紋がベタベタ付きましたがゴールドカラーは指紋も目立たない!

▼本体の周囲、カメラ下のラインなどはキラリと輝くダイヤモンドカットが施されています。触った感じは13,800円の端末とは思えない外観!

本体の周囲はダイヤモンドカットが施されており高級感が漂ってます。

▼老若男女問わず持てるシンプルで美しい外観↓

シンプルな外観が魅力的

▼本体右側面にはボリュームボタンと電源ボタン。電源ボタンはエッチング加工されているので指で触っただけで電源ボタンが分かります。

本体は非常に薄くスタイリッシュ

充電端子とイヤホン端子は上部に。

▼充電用のMicroUSB端子とイヤホン端子は本体の上部に備わっています。↓

EveryPhone MEは本体上部にイヤホン端子と充電端子が備わっています。

▼ちなみに下部にはスピーカーが備わっています↓

下部はモノラルスピーカーのみ

デュアルカメラの出っ張りは気にならないレベル。

▼デュアルカメラですが出っ張りは1mm以下なので全く気にならないレベル。↓

デュアルカメラの出っ張りは気にならない

SIMトレイの仕様に注意。

▼SIMトレイは画面側では無く背面側にSIMを載せるタイプ。SIMを抜き差しする時はどちらにSIMが乗っかっているか覚えておきましょう。

SIMは背面側にSIMを載せるタイプです。

ディスプレイ側のホームボタンに指紋認証ユニットを搭載。

指紋認証ユニットはホームボタンと一体型のタイプ。ちなみに精度はそれほどよくありませんが、指紋は複数個登録出来るので同じ指を2回登録すると精度が劇的に向上します。↓

ホームボタンに指紋認証ユニットが搭載されています。

EveryPhone MEの外観まとめ。

13,800円という価格から考えると非常に外観は頑張っているのでは無いでしょうか。チープ感は全く感じませんし、高級感さえ漂ってます。

スマートフォンは長期的に利用する事も多いので、外観もしっかり作り込まれているのは嬉しいポイントです。

でも、フルメタルを採用したことで重量は5.0型の中では若干重め。まぁ、これくらいなら許容範囲だと思います。

▼次のページでEveryPhone MEの機能をチェック!▼

ページトップへ