ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

Facebook公式アプリのバッテリー爆食い問題再び。保存容量の圧迫も

garumax-Facebook-Battery

Facebookアプリがバッテリー駆動時間を著しく消費する問題で、同社はアプリの問題であることを認めアップデートで修正したはずなのですが、複数の方が再度検証した結果、どうやらバッテリー爆食いの症状は未だに残っているようです。

Facebookアプリを削除するとバッテリー駆動時間15%アップ。

検証を行い問題を報告しているSamuel Gibbsさんは、自身の所有しているiPhone6sPlusを用いて、Facebookアプリを導入した状態と、削除した状態、それぞれで1周間使用してバッテリー消費の測定を行いました。

その結果、Facebookアプリを削除した状態だと平均して15%もバッテリー駆動時間が向上したと報告しています。

更に保存容量も圧迫されていた。

Facebookアプリ自体は100MB程の容量ですが、Facebookアプリを使用していると、キャッシュ(一度みたページ情報を再度見るときに表示を早くする為にデータを一時保存する仕組み)が蓄積され、500MBにも達していたそうで、ストレージ容量も圧迫していたようです。

複数のユーザーで試した所、同様の結果に。

バッテリー駆動時間の検証を複数の方でテストした所、同様の結果になったそう。

一度Facebookの公式アプリは、バッテリーの異常消費でやらかしているので、気になる方はFacebookアプリのバッテリー消費やキャッシュの確認をしてみましょう。

Samuel Gibbsさんが利用した端末は、iPhone6sPlusで大容量のバッテリーを搭載していますが、iPhone6sPlusよりもバッテリー搭載量が少ない端末を使っている方にとっては、15%も1つのアプリで消費されてしまうと非常に困ってしまいます。

また、今回の報告ではiOS向けのFacebookアプリでの検証のため、Android向けアプリで同様の症状が現れているかは不明ですが、Androidユーザーもバッテリーの使用状況やキャッシュの確認してみましょう。もしかするとFacebookアプリが悪さしているかもしれません。

Facebookの広報担当者は、今回の件に対して調査中とのとこですが、非常に人気のあるサービスの公式アプリであるため、改善の余地があるのであれば早急に対応して頂きたいものです。

【via MacRumors

ページトップへ