ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

2万以下のSimフリースマートフォン「雅(MIYABI)」のスペック・価格

s-miyabi

FREETEL(フリーテル)から格安Simフリースマートフォン「雅(MIYABI)」が発表されました。

ミドルスペックの格安スマホではとても人気が出そうな予感。

肝心の発売日の確定情報はでておらず、近日公開だそうですので追記しますね。

追記:2015/10/2にヨドバシ、公式サイトで12:00から発売。

FREETELのSAMURAIシリーズでは「雅(MIYABI)」のほかにハイスペックスマートフォンの「極(KIWAMI)」も発表しているので宜しければどうぞ。

雅(MIYABI)のスペック・価格。

項目スペック
OSAndroid5.1
CPUMediaTek:MTK6735
4コア1.3GHz
メモリ2GB
保存容量32GB
液晶5.0インチ
1280x720
カメラ背面:1300万画素
前面:500万画素
対応バンド3G
Band1/6/8/19
LTE
Band1/3/8/19
SimサイズMicroSIM x2
デュアルSIM
(どちらもLTE/3G)
バッテリー2,200mAh
バッテリー交換可能
急速充電可能
サイズ142x72x8.2
150g
カラーホワイト/ブラック
シャンパンゴールド
価格19,800円
(税込21,384円)

基本動作性能はミドルスペック。バランスはとても良くメイン使用でも耐えうる性能。

現時点の価格はこんな感じ(税込)

雅(MIYABI)のCPU・メモリ・画面解像度。

MediaTekのMTK6735(4コア1.3GHz)を搭載。ミドルスペックモデルでWEB閲覧や2Dゲーム、サクサク動作します。メインで持つならやっぱりこの位のCPUパワーが欲しいですね。

メモリも画面解像度1280×720に対して十分な搭載量。画面解像度に対しての画素密度は293.721ppiで人間の網膜で認識できる範囲が300ppi前後であることを考えるとかなりの高密度で高精細ディスプレイを搭載。

雅(MIYABI)のストレージと外部スロット。

ストレージ保存容量は32GB。同価格帯~3万弱の格安スマホの標準的な搭載量が16GBであることを考えると頑張ってます。外部ストレージも搭載でMicroSDでさらに容量アップもできるので安心。

雅(MIYABI)のカメラ。

メインカメラに1300万画素。手ぶれ補正、パノラマ、40連射など機能も多彩でこの価格帯でこの性能のカメラを搭載してきたのはビックリ。ちなみにiPhone6sで1200万画素。

前面カメラも自撮りトレンド性能である500万画素を搭載。ほんと2万以下で良くこの性能のカメラを詰めたもんだ。あっぱれ。

画質に関してはジャーナリストさんからの報告待ちですね。

雅(MIYABI)のSimスロットと対応バンド。

Simスロットは2枚のSimが挿せるデュアルSim。

ほとんどのデュアルSim搭載製品は[LTE/3G]+[2G(日本では停波)]なので日本国内では無意味な製品が多いのですが、雅(MIYABI)は[LTE/3G]+[LTE/3G]ですので、2枚のSimを切り替えて利用可能。

バンドはドコモ系の格安Simと相性バッチリ。

全国展開されているBand1にプラチナバンドである800MHz帯のBand19にしっかり対応。FOMAプラスエリアに対応しているので山間部、郊外、地下などしっかり繋がります。

雅(MIYABI)のバッテリーと充電。

バッテリーは2200mAh。最近のトレンドは3000mAhなので少なめ。しかし、バッテリーを取り外し可能なのでバッテリー交換可能。

充電はこの価格帯では珍しく急速充電に対応しておりバッテリー容量が少ないのでバッテリー充電もあっという間ですね。

背面カバーの内側には熱を逃がすヒートシンクを搭載しているのもGood。本体の熱を分散できるのでCPU部分だけすごく熱くなる局所熱を和らげます。

雅(MIYABI)のサイズ・デザイン・カラー

サイズは142x72x8.2。奥行きが8.2mmと薄くカメラも出っ張っていません。

デザインは角が角ばったスクエア型で側面はアルミで高級感を出しており背面はガラスのような塗装。視野性を高めるフラルミネーション加工でデザインと共に機能性もナイス。

カラーはホワイト・ブラック・シャンパンゴールドの三色展開。背面はガラスっぽい塗装なのでブラックは指紋が目立ちそうですね。

雅(MIYABI)のライバル機種。

確実にZenFone 2 Laserです。ミドルスペックでZenFone 2 Laserは大人気ですが、その人気を雅(MIYABI)は超えるでしょう。雅(MIYABI)の価格とスペックじゃ正直ZenFone 2 Laserは太刀打ち出来ないかも。

雅(MIYABI)のまとめ。

19,800円という価格によくぞこれだけの性能を詰め込めたなと。

国内メーカーなので故障時の対応も早そうですし、ミドルスペックの格安スマートフォンなら鉄板機種になりそうですね。

特に格安Simと格安スマホをデータ通信端末として利用している方は、2種類のSimを切替えることが可能なので、安いSimを2枚契約して片方のデータ容量が無くなったらもう片方に切り替えて運用可能なのが素晴らしい。

ページトップへ