ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

AppleになりたいGoogleがスマホメーカーに?!うーん。手遅れじゃないかな

garumax-Nexus5x-p (1)

Googleは自社ブランドの「Nexus」シリーズを、AppleのiPhoneのような垂直統合モデルに方針を切り替えようと模索中。

GoogleのiPhone的な位置である「Nexus」シリーズは、今までLGやHUAWEIなどに委託して製造していましたが、今後はマーケティング・開発・生産・販売を全てGoogleで管理する垂直統合モデルに切替える事を検討しているそうです。

垂直統合は良いけど、効果あるのかな。

個人的には手遅れだと感じる。

AppleがiPhoneを垂直統合モデルとして手掛けて大成功を収め、Googleとしても高価格なスマホ市場を独占しているAppleのiPhoneが羨ましい。

だからといって、GoogleがiPhoneのような体制に舵を切ったところで、結局はユーザー視点で考えると何も変わらないんですよね。

AppleのiOSは自社独占で、Apple製品でしか使えませんが、Androidは無償提供しているので、GoogleのNexusを筆頭に、ソニーのXperia、SHARPのAQUOS、富士通のarrowsや海外メーカーも沢山Androidを採用した端末を提供しています。

Androidが無償提供される限り、GoogleがiPhoneのようにNexusシリーズを垂直統合モデルとして手掛けても、結局ユーザーにとっては「Androidを使えるスマホの1つ」に過ぎないと言うこと。

そもそもの戦略思想が全く違うので厳しいだろうな。

「深刻な断片化を解消するため」でもあるらしいけど、こっちも手遅れ。

先ほどのお話のように、Androidは無償提供されているので沢山のメーカーが採用しています。多様性に富んでいるという点ではAppleに無い魅力でもあり、Androidの最大の魅力と言ってもいいでしょう。

しかし、その多様性が仇となって深刻な断片化を引き起こしています。

特にAndroidバージョンと画面解像度の断片化が酷いので、アプリ開発者はアプリを開発する場合、沢山のAndroidバージョンや画面解像度での検証や調整が必要となり、労力や費用がかさみます。

ですので、優秀なアプリ開発者がAndroidに嫌気が差してしまう可能性もありますし、それにより結果的にAndroidユーザーが素晴らしいアプリ体験の機会を逃す可能性も無きにしも非ず。

断片化でいい事なんてな~んもありません。

でも、もう手遅れ。

手を広げすぎたAndroid。断片化から逃れることは至難の業。

Androidは無償提供の自由に使ってね戦略なので、各社ではAndroidを改良して独自のUIを搭載したり等など、Androidをカスタマイズしまくっているんですね。

カスタマイズ。つまり、自社向けに改良開発を行っているということ。

新製品には出来るだけ新しいAndroidをベースにしてカスタマイズしていますが、それでもGoogleが提供する新しいAndroidバージョンには即座に対応できません。開発しなければいけないのでタイムラグが出るんですね。

私の所有している端末はGoogleのNexus5xなので、去年購入した時点で最新のAndroid6.0が搭載されていましたが、大手が冬春モデルとして出したNexusを除く最新のAndroid端末(Xperia、arrows、AQUOSなど)はひとつ前のAndroid5.1です。

今後、最新のAndroidにバージョンアップするかも知れませんが、最新のAndroidに対応させる開発が必要なので、開発能力や企業自体の体力(資金的なもの)で大きくバージョンアップ時期が異なります。

また、最新のAndroidにバージョンアップしない。という選択をする企業も多い(バージョンアップしたところで費用がかさむだけで特にメリットがない)ので、断片化に拍車がかかるんですね。

Googleも細かい規定を問題が起きてから設けてきましたが、時既に遅し。

無償提供するから自由に使ってね。という戦略は自由過ぎた為、後から様々な弊害が深刻化した現時点で手遅れ。

Googleも分かっちゃいるけど、どうしようもない。

Googleもまずいと分かっているけど、今更どうすることも出来ない状況になっていますね。

特に、今後、新興国を中心にスマートフォンが爆発的に普及することに加え、日本でも端末価格の負担増で中古市場も活性化しそうな雰囲気ですが、Androidの断片化は更に酷くなりそうな予感。

三年以上前に発売したiPhone5を使ってみて感じた所感。」でも書いていますが、iPhoneは3年前の端末でも中身は最新ですよ。

Apple贔屓する訳ではないですけど、利用する側のユーザーとしてはAppleの根本的な戦略がお見事と言わざるを得ない。

3/15日あたりには新興国向けの最新4インチiPhoneが発表される予定ですし、ますますスマートフォン業界ではAppleが強くなりそう。

かつてフューチャーフォンからスマートフォンに移行したように、何か大きく市場が変わるタイミングでGoogleは方針転換するほうが良いんじゃないかな。スマートフォン市場でのGoogleの方針転換は手遅れだと個人的に感じます。

まかり通った後のテコ入れは並大抵では無いですし、Nexusを垂直統合モデルに方針転換したところで、Androidが無償提供される限り、ユーザー視点では沢山のAndroid端末の1つに過ぎないので、大きな変化は無いんだろうなって感じます。

しかし、Androidバージョンの断片化は開発者にとってもユーザーにとっても良いことなんて1つも無いのでなんとか良き打開策を見つけていただきたいものです。

でも、手遅れ感は否めない。

おしまい

ページトップへ