ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

iPhoneで間違って文字を消した時の戻し方

garumax-iPhone-moji

どうも、ガルマックスの猶木(ナオキ)です。

iPhoneの初期キーボードは使いにくい。カーソル移動なんて超めんどくさい。

iPhone SEを使い始めてから、慣れないキーボードでLINEやメールを利用していた所、誤って全文を消してしまった!困ったなぁ。

長文を打っている最中に全文が消えてしまうと、iPhoneぶん投げたくなりますよね。

そんな時に役立つ「誤って消してしまった文章の復活方法」を残しておきます。

iPhoneで間違って全文消えた!ぶん投げる前に「振れ」!

iPhoneの初期キーボードでは、カーソル移動が長押しからのドラッグという超めんどくさい仕様。

指定範囲を選んでコピーする際も同様の手順でチマチマしなくてはならない。

例えば、文字入力画面で「全選択」を選んだ際にひとつ前の動作に戻ろうとキーボードの「☓」ボタン(文字を消すボタン)を押す可能性が高い。

その場合、全選択をしているので、一つ前の状態に戻るのではなく、全文クリアになってしまいます。

そんな時は、iPhoneをブンブンと振ってみてください。

このブンブン振る動作を「シェイク」と言います。

シェイクすることにより、以下の様なポップアップが表示されます。

garumax-20160508_095356000_iOS

ここで「取消」をタップすると、誤って消してしまった文章が復活!

間違って文字を消した時はとにかくシェイク!

例えば、LINEやメールだけではなく、ブラウザの検索文字であったり、メモアプリの文章であったり、様々な文字入力場面で非常に役立ちます。

また、アプリをクリア(ホームボタン2回押しで起動中のアプリをスワイプでクリアすること)するまでは、消してしまった文章は復活可能です。

iPhoneをぶん投げる前に、気持ちを落ち着かせてiPhoneをブンブン降ってみましょう。

くれぐれも、ブンブン振っている時に滑って本当にiPhoneをぶん投げないように気をつけてくださいね!

ページトップへ