ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

iPhone7/7Plusの防水防塵「IP67」はどの程度の耐性があるの?!

iPhone7/7Plusは防水防塵のIP67に対応!

新型iPhone7/7Plusでは防水&防塵に初めて対応したモデルですが、「IP67」の耐性ってどんなもんよ。ってことで調べてみました!

追記:Appleは「防水」では無く「耐水」といってます。また、浸水による保証は無いとの事で規格上はIP67ですが、海水等は避けたほうが無難です。

iPhone7/7Plusの防水防塵は何処まで耐えれる?!

Android端末の国内モデルでは沢山のモデルが防水防塵に対応していますが、iPhoneでは初の対応ということで、どの程度の防水防塵性能があるのか気になりますよね。IP○□とは保護特性記号で○□の数字により保護性能が変わるんです。

IP67の防水防塵等級について

IP67という表記ですが、数字の6が防塵で7が防水性能を表しています。IP67の場合は防塵等級6級で防水等級7級となります。数値が大きくなる程高性能!

防塵等級一覧

  • 0級:防塵保護なし
  • 1級:直径50mm以上の固形物が入らない【固形物保護】
  • 2級:直径12.5mm以上の固形物が入らない【固形物保護】
  • 3級:直径2.5mm以上の固形物が入らない【固形物保護】
  • 4級:直径1mmの固形物が入らない【固形物保護】
  • 5級:粉塵が内部に入ることを防止、少し粉瘤が侵入しても正常動作【防塵】
  • 6級:粉瘤が内部に入らない【耐塵型】←iPhone7シリーズの防塵性能

防水等級一覧

  • 0級:防水保護無し
  • 1級:鉛直から落ちてくる水滴による有害な影響無し【防滴保護】
  • 2級:鉛直から15度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響無し【防滴保護】
  • 3級:鉛直から60度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響無し【防雨保護】
  • 4級:あらゆる角度からの水の飛沫による有害な影響無し【飛沫保護】
  • 5級:あらゆる角度からの直接噴流による有害な影響なし【噴流保護】
  • 6級:波浪やあらゆる角度からの強い直接噴流による有害な影響無し【波浪保護】
  • 7級:水中に沈めて一時的に一定水圧をかけても内部に浸水しない【防浸型】←iPhone7シリーズの防水性能
  • 8級:継続的に水没しても有害な影響がない【水中保護】

【捕捉】iPhone7シリーズで対応している防水等級7級をもう少し詳しく解説すると、水中に機器を沈めて機器の上側150mm、下側1m以上の状態で30分以上放置しても水圧で水が侵入しない性能です。

iPhone7/7Plusは砂漠での利用もお風呂での利用もオッケー!

防塵に関しては完全に噴流が内部に入らない仕様ですので、砂埃の多い場所でも安心して利用できる性能。防水はお風呂にポチャンと落としてしまっても有害な影響が無い性能!

今までは防水防塵に対応しておらず、特に水には非常に気を使ってiPhoneを利用してきたので、防水防塵に対応したiPhone7/7Plusはかなり安心感が高くなった!

これからはお風呂で気軽にiPhoneを利用できますね!

ページトップへ