ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

iPhone 7シリーズはバッテリー増量だけど期待しないほうが良い

garumax-006rhdAAjw1f3f53xojmaj30go0b4gm3

今年の9月に登場するであろうiPhone 7シリーズ。

毎回、新しいiPhoneが登場する度に、「次のiPhoneではバッテリー持ちを良くしてくれ」という声が挙がっていますが、次期iPhone 7シリーズのバッテリー容量が増量したとの情報をキャッチしました。

しかし、そこまで期待する程のことでは無いと感じます。

iPhone 7シリーズではバッテリー容量が微増。

garumax-006rhdAAjw1f3f53tfzjej30go0b40t5

WeiboによるとiPhone 7が1735mAh、iPhone 7 Plusが2810mAhになるとのことで、前モデルのiPhone 6sシリーズと比べると微増となっています。

iPhone 6/6s/7のバッテリー容量を比較。

iPhone 6シリーズから本体の大きなPlusが仲間入りしたので、それ以降のiPhoneのバッテリー容量を比較してみました。

項目バッテリー容量
iPhone 61810mAh
iPhone 6 Plus2910mAh
iPhone 6s1715mAh
iPhone 6s Plus2750mAh
iPhone 71735mAh
iPhone 7 Plus2810mAh

iPhone 6シリーズからiPhone 6sシリーズに世代交代した際に、バッテリー容量が落ちてしまいましたね。

これはiPhone 6sシリーズから搭載された「3D Touch(感圧式パネル)」ユニット搭載のスペース確保の為、バッテリー容量が少なくなったそうです。

その後、iPhone 7シリーズではバッテリー容量が微増。といっても、iPhone 6シリーズのバッテリー容量には及びません。

A10プロセッサーの省電力性能に期待。

iPhone 7シリーズでは、A10プロセッサーを搭載とのことですが、省電力性能が向上した場合バッテリー持ちも向上する可能性は有り。

しかしながら、iPhone 6s→iPhone 7のバッテリー容量の増加は、僅か20mAhとなっており、過度な期待は禁物。

例えA10の省電力性能が向上したとしても、劇的にバッテリー持ちが良くなるとは思えません。

iPhone SEのバッテリー持ちが劇的に良い訳。

少し余談ですが、iPhone SEはサイズこそiPhone 5sですが、基本動作性能に関わる性能はiPhone 6sと同等です。

それなのにiPhone 6sと比べバッテリー容量が劇的に良いのは、「画面サイズ」によるものです。

iPhoneに限らず、スマートフォンでは、バッテリーの大部分を「ディスプレイ表示」で消費しているのです。

画面の解像度が高くなると、それだけ描写処理に負担がかかりますし、ディスプレイが大きくなるとバックライトでのバッテリー消費も大きくなります。

この事から、基本動作性能は同じでも、画面サイズと画面解像度の違いからバッテリー持ちに大きな差があるんですね。

ですので、画面サイズ、画面解像度が同等であれば、A10の省電力性能が向上したとしても、大幅にバッテリー持ちが良くなることは期待できないかも。

それでは、また新たな情報が入り次第お伝えします!

ガルマックスでは、iPhone 7シリーズのリーク情報に関して以下の記事でまとめています。宜しければどうぞ!

ページトップへ