ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

iPhone 7のイヤホン端子廃止は見送り?!

garumax-2016-05-04_08h20_22-1

<image via Nowhereelse.fr>

今までのリーク情報でiPhone 7シリーズシリーズからイヤホン端子廃止の噂が挙がっていましたが、もしかするとイヤホン端子の廃止は見送りされたかもしれません。

iPhone 7の基盤を撮影した画像がリーク。

garumax-Jack-iPhone7-vs-iPhone6s-HighLights-768x292

<image via Nowhereelse.fr>

Nowhereelse.frがiPhone 7シリーズと思われる基盤を撮影した画像を入手したそうで、その画像を確認するとイヤホン端子がしっかり搭載されている事が確認できます。

ステレオスピーカーも見送りか?!

イヤホン端子廃止説が報じられたあと、イヤホン端子の搭載されていたスペースにスピーカーが搭載され、念願のステレオスピーカー仕様になるといわれていました。

今回のリーク画像が本当にiPhone 7シリーズの基盤だとすると、スピーカーが増設できない為、iPhone 7シリーズでは以前と同様にモノラルスピーカーになる可能性が高そうですね。

iPhone 7シリーズは薄型化も見送りになる!?

本体を薄型化するにしても、イヤホン端子の直径以下に薄型化することが中々難しいため、イヤホン端子を廃止して代わりにLightning形状のイヤホンや変換ケーブルが登場するとされていました。

しかしながら、イヤホン端子が搭載された状態でiPhone 7シリーズが登場するとなると、大幅な薄型化は期待できないので、現状のiPhone 6sシリーズと同等の薄さになるかもしれません。

リーク情報が出る度に「代わり映えのないiPhone」と感じる。

iPhone 7シリーズではナンバリングが6から7に変わるので、通例であれば大幅な外観デザイン変更が施されるはずでしたが、リーク情報を追っかけていると「外観デザインはiPhone 6sから大きく変わらない」という情報や、今回のイヤホン端子が現行モデルと同様に搭載される。ということから、iPhone 6シリーズから外観は大きく変わらないかも知れません。

薄型化しない代わりにバッテリー搭載量もiPhone 6sシリーズから微増のようです。

ガルマックスでは、iPhone 7シリーズに関してリーク情報を追っかけています。iPhone 7に関する情報は以下の記事でまとめていますので宜しければどうぞ。

ページトップへ