ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

iPhone7はBluetoothイヤホン同梱?!イヤホンジャック廃止説も濃厚に

garumax-iphone-7

iPhone7では、現行モデルであるiPhone6s/6sPlusよりも1mm近く薄型化され、薄型化に伴いイヤホンジャックが廃止されると報じられていましたが、anzhuo.cnでもiPhone7で3.5mmイヤホンジャックが廃止されることをサプライチューンより確認したと報じています!

イヤホンジャック廃止は確定的?!同梱イヤホンはどうなる?!

イヤホンジャック廃止説では複数の情報筋から同一のリーク情報が異なる時期で報じられている事や、現行モデルより1mm近くも薄型化されるという情報から、イヤホンジャック端子を物理的に搭載不可能である事も伺えるので、イヤホンジャック端子が廃止される可能性はかなり高いと言えるのではないだろうか。

iPhone7の同梱イヤホンはBluetooth?!

以前報じられた情報によると、Lightning形状のイヤホンが同梱されるとの内容でしたが、anzhuo.cnではiPhone7にBluetooth接続のイヤホンが同梱されると報じている。

Appleは既に「AirPods」という名称を各国で商標登録している。「AirPods」とはBluetooth接続のApple純正ワイヤレスイヤホンだ。

Bluetoothイヤホン同梱の信ぴょう性は定かではないですが、イヤホンジャック廃止に伴い「AirPodsが同梱される可能性も無きにしも非ず」ということだろう。

Appleは有線イヤホンとワイヤレスイヤホンの使い分けを想定?!

Bluetooth接続のイヤホンではケーブルレスのため、ランニングなどでも使いやすいが、電波干渉により有線タイプと比べて音質の変化を受けやすい。

iPhoneの標準的な音楽視聴(ランニング時や通勤時などの「ながら聴き」)は手軽なBluetoothイヤホンを使い、高品質で音楽を聴きたい場合はLightning形状のイヤホンやヘッドホンで楽しむという使い分けを想定しているようにも感じる。

なぜなら、Appleは2016年にAppleMusicでハイレゾ対応(最大96kHz/24bit)する為の開発を進め、高級オーディオメーカーがLightning形状のオーディオケーブルを提供している事も明らかとなっているからだ。

もちろん、この情報が定かであれば使い分けはAppleの思想であり、徐々に移行する形になると予想されるので、現在所有している3.5mmイヤホンなどをLightning端子に挿す為の変換ケーブルも提供される可能性も高そう。

iPhone7の薄型化を実現するには、イヤホン端子の他にも様々な箇所で仕様変更が必要となりそうですね。

iPhoneに関するリークや噂の最新情報は以下からご覧いただけます!宜しければどうぞ!

ページトップへ