ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

iPhone7とGalaxyS7を海に沈めて防水性能を比較したテスト映像

iPhone7とiGalaxyS7の防水性能比較

iPhone7では初めてIP67の防水防塵に対応したので、同じ規格の防水防塵性能を有するGalaxyS7とiPhone7を海に沈めて防水性能を比較する動画の紹介記事が9to5Macで公開されていました。

IP67の規格に関しては「iPhone7/7Plusの防水防塵「IP67」はどの程度の耐性があるの?!」をどうぞ。

iPhone7 vs GalaxyS7の防水性能対決。

比較では端末の電源が入った状態で水面から5フィート(1.524M)の水深でテスト開始。5分間水中に沈めてから引き上げて正常動作するか確認。端末に著しい損傷がなければ同じ要領で10、15、20フィート…..と5フィートずつ深い位置に沈めてテストを繰り返します。

25フィート(7.62M)のテストではiPhone7もGalaxyS7も正常に動作しており問題はありませんでしたが、30フィート(9.144M)でGalaxyS7は再起動や正面のブルーLEDが点灯、iPhone7はホームボタンの誤作動を起こしましましたが、暫く経つとGalaxyS7もiPhone7も問題なさそうなのでテストを続行。

35フィート(10.668M)に5分間沈めて引き揚げられたGalaxyS7は残念ながら電源が入っていません。一方、iPhone7は画面下部に水圧による損傷とホームボタンの誤作動があるものの、暫く経つと復活。画面下部は損傷を受けていますがアイコン類は正常に表示されタッチパネルも正常動作しています。

35フィート水深テスト後のGalaxyS7は時間が経ってもディスプレイは点灯しない結果となりました。

また、記事の最後には防水テストではスピーカー、ライトニングポート、カメラをテストするものでは無く、また、テスト結果を保証するものではないとしています。

それでもIP67の防水性能は規格上、水中に機器を沈めて機器の上側150mm、下側1m以上の状態で30分以上放置しても水圧で水が侵入しない性能なので、テストの結果は驚きです。

ちなみにAppleはIP67の防水規格に準拠しているiPhone7を防水では無く耐水と言ってます。

ページトップへ