ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

iPhone7を選んだ理由。それはiPhone6Plusを触って悟ったから

ジェットブラック

みなさーん!iPhone7/7Plusは無事に予約出来ましたかー?!

ガルマックスでは複数端末でF5アタックを駆使して何とかiPhone7の128GBモデル(ブラック)を予約しました!到着は発売日の予定ですが、信じないで待とうと思います!

ところで、iPhone7にしよっかな~。iPhone7Plusにしよっかな~。と悩んでいる方に私がiPhone7を選んだ決め手を残しておくので参考になれば幸いです!

握れば分かる。iPhoneのベストなサイズ感。

個人的にはスマートフォンってサイズ感も性能と同じくらい重要だと感じるんです。

これから1年、2年と手元で毎日のように触るデバイスは、端末の性能もしっかり吟味しなければいけませんが、それと同じくらい普段手元で触りまくるスマートフォンのサイズ感も吟味しなければいけません。

iPhone7Plusが合うという方はもちろん沢山いらっしゃいますし、それは人それぞれですが、私はiPhone7Plusのサイズ感は全く合わないと感じたんですね。

iPhone6sを触って「あ、これいけるわ!」。iPhone6sPlusを触って「うわ(笑)デッカ!」と感じたのが全て。

今回のiPhone7とiPhone7Plusは、重量以外のサイズがiPhone6s/Plusと全く同じです。

iPhone7とiPhone7Plusで迷っている方は、その辺のショップでiPhone6s/Plusを触ってきて下さい。その時の直感がサイズの合う、合わないの全てを物語ります。

例えば、iPhone6sPlusを手にとって操作した時に「でっかいなぁ」とか「大きすぎる」だとか、「操作がしにくいな」と感じると、その後ずっとそれらの第一印象がつきまといます。そしてそれがストレスとなります。

例えばiPhoneに関して国内屈指の情報配信サイトgori.me」のg.O.R.i氏も毎回iPhoneが出てくる度にPlusシリーズのサイズに関して右往左往しています。過去の記事から追っかけても無印に切り替えたり、Plusに戻ったり、今回のiPhone7シリーズでもどちらをメインで利用するか超迷ってます。

iPhoneが大好きで最新の機能を満喫したいけど、Plusシリーズのサイズ感がいつまでたってもしっくりこない。よく分かります。だって、手は大きくならないんですもの。いつまでたってもサイズ感が合わないものは合わないのです。

とってもは履き心地が良い素晴らしい靴でも、サイズが1cm違うと靴ずれを起こし履いている本人はストレスが溜まってく。そしていつ迄たってもサイズ感が合うことはない。スマホのサイズもなんだかそんな感じがします。

足を引っ張るのが性能差。

iPhone7と7Plusがどちらも同等性能であれば単純にサイズだけ考えれば良いのですが、iPhone7よりも7Plusが優っている部分がいくつか有ります。

  • 画面が大きくて解像度も高いので沢山の情報をiPhone7よりも沢山表示出来る。
  • 大きいのでバッテリー搭載量が多く電池持ちが良い。
  • カメラがデュアルカメラ仕様。

個人的に思いつくのはこの位です。

特に最もよく使うであろうデュアルカメラですが、iPhone7も7Plusも広角カメラに関しては同じです。手ぶれ補正もどっちも使えます。

んじゃ、残るは望遠レンズの2つ目のカメラですが、光学で利用できるのはたったの2倍。一眼レフの様なボケ味を表現できるのは個人的には魅力的ですが、インスタグラムに投稿するわけでも無いですし、私としてはこれらの性能差よりもサイズ感が勝ります。

今は発表直後ということで新機能や性能向上した機能などにワクワクドキドキしている最中ですが、実際に同じサイズ感のiPhone6s/Plusのどちらも触りながらPlusの優位点と天秤にかけて検討すると良いですよ。

Androidユーザーはサイズ以外にも注意!

今回のiPhone7シリーズは遂におサイフ機能が利用可能となり、防水防塵にも対応しました。今まではこれらの機能が利用できるからAndroidを使っていた。という方も大勢いらっしゃるかと思いますが、iPhone7シリーズがおサイフ機能や防水防塵に対応したことで乗りかえを検討されるかも知れません。

AndroidとiPhoneではそもそも搭載されているOSが違うので操作性も劇的に変わります。例えばAndroid端末では画面下部にナビゲーションバー(戻るボタンやホームボタンが並んでるあれ)が設けられていますが、iPhoneではありません。戻るボタンは画面左上となるので操作性もかなり変わってくるんです。

Android機では操作系が画面下部に集約されているので、多少大型の端末でもある程度操作できちゃうのですが、iPhoneになるとそうはいきません。iPhone7の4.7インチでも画面左上の戻るボタンが押しにくく感じるはずです。

今までAndroidで5インチ~5.5インチを使ってたからiPhone7Plusにしよう!と考えているのであれば使いにくくてぶん投げたくなりますよきっと。

ですので、AndroidユーザーさんがiPhoneに乗りかえる場合はサイズ感と操作性を確かめるためにiPhone6s/Plusを実際に触って操作してみてくださいね!

触った瞬間の第一印象が一番正直。

長々と書いてきましたが、触った時の第一印象が大切ってことです。どんなに頑張っても手が大きくなるわけでは無いですから、フィーリングが合わなければストレスを感じながら使い続けるしか無いです。

ちなみにiPhoneでは戻るボタンが左上に搭載されている事から、4.7インチモデルのiPhone7でも片手で押すのはかなり難しいので、iPhoneを利用するならバンカーリング等を使うと画面上部の戻るボタンも押しやすくなるのでオススメのアイテムですよ。私も常に愛用してます。

それでは、良いiPhoneライフを!少しでも参考になれば幸いです!

ページトップへ