ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

iPhoneSEからiPhone7へ変えたら新たに体験できる事が多かった。

iPhoneSEからiPhone7に変更したら体験できたことが多かった

本日はiPhone7の発売日ということでガルマックスでもiPhone7/ブラック/128GBモデルをゲット。今まで使っていたiPhoneSEからiPhone7に復元も済ませて使ってみましたが。。。イイね!iPhone7!

本記事では、現在利用している端末がiPhoneSEやiPhone6、またはそれ以前のモデルを使っている方がiPhone7に乗りかえると新たに体験出来る便利な機能などピックアップしています!

追記:iPhone7シリーズがキャッシュバック付きでゲット可能!

【11月更新】iPhone7在庫あり!キャッシュバック付きで激安ゲット可能!

追記:iOS10.1がリリース!Apple Payが利用可能となりました!キャッシュバックキャンペーンもやっているのでどうぞ!↓

Apple Pay、JCBカード持ってたらコンビニとかで電子マネーのQUICPay支払い出来るよ!

iPhone7に乗りかえて体験した便利機能!

まず、iPhone6sユーザーを省いたのはiPhone6sシリーズから「3D Touch」が搭載されているから。

3D Touchは画面を押し込むとアクションが起こるiPhone6sから搭載された新機能ですが、iPhoneSEやiPhone6以前のモデルを利用してきた方はiOSやアプリが対応する3D Touch機能が使えなかった事から、iPhone7に乗りかえると3D Touchに関しても新鮮な気持ちで新しい体験をもたらしてくれます。

3D Touchの機能も交えながら個人的に体験したiPhone7の魅力を残します。

ホームボタンが感圧式で物理ボタンでは無くなった。

押し込むとブルッと震えてクリック感を得られる

これはiPhone7での新しいハードウェア機能で、物理ボタンから感圧式に変わりました。ボタンのように押し込めないけど、感圧式のホームボタンを押し込むとボタンがコツっと振動してクリック感を得られます。

賛否両論で否定的な意見が多いですが、個人的にはものすごく使いやすく感じます。クリック感も想像してた以上に物理ボタンの様なクリック感を得られます。

何より物理ボタンの場合は長期間使用しているとホコリ等で動作が鈍くなったり、運が悪いと反応しなくなったりと不具合の多い箇所だったので、故障率がグッと下がるんじゃないでしょうか。また、物理ボタンを押した際のカチカチペキペキ音もしないので、私はiPhone7のホームボタンが大好きです。

やっとステレオ仕様になった。

ステレオ音源で臨場感アップ!

iPhoneでは長らくモノラルスピーカーを採用してきましたが、遂にiPhone7からステレオスピーカーに。

以前使っていたiPhoneSEよりも遥かに高音質で、動画などを横画面で視聴した際も臨場感溢れる音で楽しめます。

音質に関して不満は無いですが、音の偏りは少々気になる感じ。スピーカーの位置は本体下部右側で、以前イヤホンジャックが付いてた場所もスピーカー形状となってますがこっちはダミー(右側の音は左側からも漏れる)。

もう1つのスピーカーは画面上部のスピーカー(音声通話時に相手の声が聴こえるスピーカー)で本体下部のスピーカーと同時に鳴るのでステレオ音源で楽しめますが、音量は画面下部スピーカーよりも小さいので、画面上部を左に横持ちした際は音源が右寄りに偏ります。

以前のiPhoneはモノラルスピーカーだったので、それらと比べると「不自然な音の偏り感はかなり改善されている」といった感じです。

▼こんな感じに音が偏りますが、それでも以前のiPhoneと比べると雲泥の差。↓

少し音は偏るけど以前のiPhoneよりかなりマシです。

Touch IDが超高速。

iPhoneSEやiPhone6シリーズでは第1世代のTouch IDなので指紋認証に時間がかかりますが、iPhone7で搭載されているTouch IDは第2世代ですので指紋認証は一瞬で完了。ロックがかかっているのか心配になるくらい速いです。

3D Touchの便利機能がやっと使える。

iPhone6sが登場した当初は、3D Touchが非搭載の端末でも代替として長押し操作で対応出来る機能もありましたが、先日のiOS10アップデートを見ても分かる通り、最近では3D Touchに対応していない端末での代替策は用意されず切り捨て状態。私もiPhoneSEでiOS10にアップデートしましたが、魅力的な3D Touch機能は利用できず、正直微妙だなと感じてました。

という訳で、iPhoneSEやiPhone6以前の端末を利用してきた方はiPhone7に変更すると3D Touch機能も体験できるので、iPhone7を使った時のインパクトは思っているよりも大きいですよ。

様々なアプリでショートカットを表示出来る。

アプリアイコン上でグッと押し込むとアプリ毎に設定されたショートカットを表示出来ます。イメージとしてはパソコンの右クリック的な使い方が出来るんですね。

例えばカメラアプリで動画を撮影しようと思ったら、カメラアプリ起動→画面スクロールで動画を選択→撮影という感じですが、iPhone7ではカメラアプリのアイコンをグッと押し込むとショートカットから直接動画撮影モードを起動できちゃいます。

また、アプリだけに留まらず、画面下からスワイプすると出て来るコントロールセンターも、3D Touchに対応しているのでショートカット可能。

3D Touchが登場して約1年経ったから、アプリでの対応も進んでいる。

3D Touch機能が使えるようになった1年前はまだまだ対応しているアプリも少なかったですが、登場してから約1年が経ったので沢山のアプリが3D Touchに対応しています。

個人的にはTwitterやFacebook等のSNSでアプリをグッと押し込むと直接投稿ページにアクセス出来るので非常に使い勝手が良いです。

ラインで既読を付けないでトークが読める。

既読無視は出来るだけしたくないけど、すぐには返事出来ない状況ってありますよね。そんな時にはトークの一覧画面で軽く押し込むとトークの中がポップアップでチラ見ができて既読がつかないので非常に役立ちます。但し3D Touchは強弱2種の感圧を感知出来るのですが、強く押しすぎるとトーク内に移動してしまうので練習が必要。

文字入力時のカーソル移動が超楽ちん。

iPhone純正のキーボードって、ホント使いにくいですよね。特にカーソル移動なんか最悪です。それがですね、iPhone7だとキーボードをグッと押し込むと3D Touch機能でカーソルがこんな感じに動かせるんです。

しかもかなり高精度にカーソルが移動出来るので、長文を書いてて少し前の文章を修正したい場合に非常に役立ちます。便利すぎ。

沢山の通知を一発で消せる。

iPhoneの通知機能はアプリごとに区切られているので、しばらくほっとくと通知が溜まって何度も消去ボタンを押す必要がありますが、iPhone7(iOS10)では消去ボタンを押し込む事で「すべての通知を消去」というショートカットを利用出来ます。

iPhone7は想像以上に楽しめて、利便性が向上するスマホですよ。

iPhone7ではカメラに手ぶれ補正が追加され、iPhone7Plusではではデュアルカメラでは搭載したこと、また、共通機能として防水防塵やおサイフ機能に対応する等、ハード的にも非常に進化していますが、iPhoneSEやiPhone6s以前の端末を使っていた方にとってはソフトウェア的にも驚くほど進化しています。

確かにiPhone6シリーズから外観はほとんど変わってませんが、乗りかえると想像以上に進化しているのでとっても楽しめる端末ですよ。

iPhone7Plusは在庫がほぼない状態ですので、手に入れるまでは少し時間がかかりそうですが、iPhoneSEやiPhone6以前の端末を使っている方は待っても良い位の出来栄えだと思います。

iPhone6sユーザーさんも防水防塵、おサイフ機能、感圧式ホームボタン、7Plusではデュアルカメラを初めて搭載するなどハード的な変化点に魅力があるのなら検討してもいい感じ。

それでは、また新たな便利機能を見つけたら追記しますね!

iPhone7Plusも取り扱っているので、欲しい方は在庫を確認してみてくださいね!↓

▼こんな記事も書いてます▼

悲報。iPhone7Plusの2倍ズームは必ずしも光学望遠レンズ撮影では無かった

iPhone7の手ブレ補正比較と動画をキレイに撮るコツ。

iPhone7のベンチマークをAnTuTu、Geekbench4、3DMarkで実機測定して比較。

iPhone7のジェットブラックは傷つきやすい?様々な擦れに対する検証動画が公開

iPhone7とGalaxyS7を海に沈めて防水性能を比較したテスト映像

iPhone7のFeliCa搭載は日本モデルだけじゃなかった。

iPhone7のヒスノイズを私の端末でも確認。雑音確認にはベンチマークアプリを使おう

iOS10搭載のiPhone7等でシャッターとスクリーンショットの音を消す方法を解説

ページトップへ