ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

iPhone7sは内容的に無し?どういうことか現状のリーク情報を基に解説

iPhone7s

上の画像は「iPhone 7s」とされるもの。背面ガラスなど大幅な外観アップデートが施されるという↑

どうも、ガルマックスの猶木(ナオキ)です。

iPhoneシリーズは、iPhone 6→iPhone 6sのように、ナンバリングのみ→s付きといった具合で、1年毎にリリースされています。

長年、上記のようなペースでリリースされてきたiPhoneですが、iPhone 7シリーズはsシリーズが無くなる可能性が浮上しました。

iPhone 7の次のモデルは「iPhone 8」になる可能性。

先日、「もしかしてiPhone 7シリーズのデザインって。。。」という記事を執筆しましたが、現状のリーク情報によるとiPhone 7では外観に大きな変化はなく、2017年モデル(通例であればiPhone 7s)で外観デザインの変化や有機ELパネル搭載など大幅に刷新される。という内容でした。

様々なリーク系サイトから報じられている内容から、今までのナンバリングのみ→s付きというリリースが出来なくなるのでは?という声も挙がっていましたが、2017年モデルはs付きではなくiPhone 8として登場すると報じられています。

何故、iPhone 7sは無くなる?

iPhoneシリーズはナンバリングの変わるタイミングで外観デザインがガラリと変わり、翌年のs付きモデルでは、外観は大きく変わらず内部パーツやソフトウェア面でのアップデートが主となっていました。

しかしながら、2016年モデルで登場するであろうiPhone 7シリーズでは、外観デザインは大きく変わらず、現時点では「薄型になる」、「デュアルカメラが搭載される」、「イヤホンジ端子が廃止される」など、どちらかと言うとsモデル的なマイナーアップデートのように受けて取れます。

更に翌年の2017年に発売されるであろう「iPhone 7sシリーズ」のリーク情報も挙がってきており、そちらは外観や有機ELパネル搭載、ホームボタンの廃止など、s的アップデート内容ではなく、こちらはどちらかと言うと、ナンバリングの変わる時に施されるハード的なメジャーアップデート内容となっています。

既にBarclaysのMark Moskowitz氏が情報筋から得た内容によると、2017年のモデルはiPhone 8となりメジャーアップデートが施されるという情報も報じられていることから、客観的に考えても「あり得る」内容です。

今年はマイナー、来年はメジャーアップデート。

スマートフォンを毎年買い換えるという層では少し残念な内容ですが、大勢の方はキャリアの2年縛りの関係で「2年毎に買い換える」というユーザーさんも大勢いらっしゃるので、例えばiPhone 6からiPhone 7という感じで機種変更される方や、iPhone 6sからiPhone 7sに機種変更する方の様に、2年毎に機種変更するユーザーさんは、結構ダメージが大きいかも。

ナンバリングの切り替わるタイミングが変わり、本体のアップデート内容もそれに伴い変わる。という今回の情報が事実であれば、iPhone 6ユーザーが2年縛り後に機種変更するタイミングで手に入るであろうiPhone 7は、外観の代わり映えが無い「見た目がマンネリ化した端末」と捉えられる可能性も。

今後のリーク内容を注視しましょう。

iPhone 7に関するリーク情報は以下にまとめていますので宜しければどうぞ。

ページトップへ