ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

新型の4インチiPhoneSEはiPhone5sとほぼ同じ外観にiPhone6sの性能。期待通りとなるか?!

garumax-iPhone 5s Mark II

iPhoneSEでは、iPhone5sに似た外観であるという情報と、iPhone6sに似た外観であるという2通りの噂が飛び交っている。

今までの情報だと、iPhone5s寄りの外観になることが濃厚ですが、iPhone5sの外観で電源ボタンはサイドになるやらの情報も飛び交っており、iPhone5s用のカバーが利用できるのか?という声も挙がっていたが、複数のリーク情報で共通している噂通りであれば「ほぼiPhone5sと同じ外観」で発売されそう。

デザインはiPhone5sと「ほぼ同じ」で性能はiPhone6sのiPhoneSE

9 to 5 Macが報じた内容によると、iPhone5sのコンパクトな本体に、最新A9プロセッサーを搭載した、小さなハイエンド端末になるとのこと。

これまでの噂通り、その外観はiPhone5sとほぼ同じ。電源ボタンは上部、音量ボタンは丸型で、iPhone5sのカバーを利用できる。

カラーはiPhone6sで展開された4色とのことで、iPhone5sカラーとは異なるため、iPhoneSEを持っていると展開カラーの違いでiPhoneSEであることが一発で分かりそう。

「ほぼ同じ」違う箇所は画面ガラスとカメラ周りか。

「ほぼ同じ」ということで、iPhone5sと全く同じではない。iPhoneSEでは、画面のガラスが平らなものではなく、iPhone6から採用されているラウンドエッジのもので、ガラス端が丸く加工されたものになる。

また、カメラはiPhone6sと同等性能の1,200万画素カメラを搭載し、4K動画にも対応。この辺りは「4インチ新型「iPhoneSE」は4K動画に対応?!これはあり得る。」で書いた通り、以前噂として挙がっていましたが、複数のリークサイトから同様内容で報じられていることから信ぴょう性は高そう。

このカメラ性能がiPhone6sと同等ということは、カメラモジュールもiPhone5sからパワーアップするということですが、iPhone6sで搭載されているカメラモジュールは出っ張っていることから、iPhoneSEでも若干出っ張る可能性は高いですね。

以前、カメラに関して報じられた内容を基に書いた「もしかして新型4インチiPhone5seのカメラって。。。」通りであれば、カメラは出っ張りそう。

この辺りが、iPhone5sと外観は「ほぼ同じ」といわれる所以ではないでしょうか。

一番安いモデルは450ドル(日本円で約50,000円)からとなり、iPhone5sを置き換えるモデルとなる。

本体の保存容量は16GBと64GBの2モデル展開。32GBモデルがライト層には丁度良い保存容量だったので少し残念。

16GBモデルでは先日パッケージラベルが流出したことからほぼ確定。

4インチiPhoneを待ちわびていた方にとっては、4インチサイズに最新スペックが搭載され、期待通りのiPhoneとなりそうですね。

僕も新型の4インチiPhoneでは最新スペックを搭載してくれ!と熱望していましたが、このままの内容で発表されれば、発売日当日に何としてでもゲットしたい!

あ、余談ですが、先日auが1GBプランを発表しましたが、auの1GBプランは指定データパックを利用すると2年間毎月割引される「毎月割」が適応されないので、端末代がフルに負担となります。

ライトユーザーさんで、1GBプランの契約と同時に4インチiPhoneSEを同時購入される方は少し注意しましょう。それでもiPhoneSEが50,000円台で発売されるなら、安いですけどね!

僕はSIMフリー版を狙っているので、値段がキャリアで販売されるiPhoneSEの価格と同水準であれば嬉しいなぁ!

ガルマックスでは、以下の記事でiPhoneSEの情報をまとめていますので宜しければどうぞ!

ページトップへ