ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

Jayfi JA40イヤホンレビュー!重低音の量感がガチでヤバイ

jayfiのJA40は低音がぶっ飛んでいる

ヤバイ!噂には聞いていたが重低音の鳴りがガチでヤバイ。

私は今まで沢山のBluetoothイヤホンやヘッドホンをレビューしており、各記事で「EDMやダンス系ミュージック」が好きだと話してきましたがJA40は相性抜群!

それなりに低音寄りチューニングのイヤホンやヘッドホンは持ってますが、JA40の低音表現力はぶっ飛んでるわ。音圧と低音の量感が物凄くて脳みそぶっ飛びそう。

ダンス系ミュージックが好きで低音重視が好みならJA40ガチでおすすめ。しかも安い。

重低音が好きな方はJA40を試してみて!脳みそぶっ飛びそうだよ!

人それぞれ好む楽曲が違うので、イヤホンやヘッドホンも様々な趣向の製品が出回ってます。それこそ万人受けするようなイヤホンであればAppleがiPhoneに同梱しているEarPodsの様な音質になるのですが、重低音・ダンス系楽曲が好みならJA40はドンピシャな製品。

ちなみに定価は5,500円ですがセールや割引等で執筆時点では2,790円。Amazonで取り扱ってますが価格が変動するのでリアルタイムで確認してみて下さい。

JA40のスペック。

項目仕様
商品特性カナル型金属ハウジングイヤホン
プラグ径3.5mm
プラグ形状ストレート
周波帯数20-20000Hz
インピーダンス18Ω
ドライバーユニット径9mm
感度118±3dB

コントローラー部分にはマイクを内蔵しているので通話も可能です。ちなみに説明書に「エージングは50時間がおすすめ」だそうで、慣らし運転も結構なお時間が必要です。でも、エージングはしっかりやっておきましょう。

エージングといっても、私は様々な楽曲を小さな音量で垂れ流してる感じです。徐々にボリュームを上げていけばオッケー。

JA40は完全日本語説明書付き!

早速開封!

▼スライド式のパッケージでスポンジのようなケースでしっかりと保護されてました。↓

jayfiのJA40は梱包もしっかりしてました

▼同梱物にはイヤーピース2種とクリップ、持ち運び用もポーチが付属。↓

同梱物は少なめですが必要十分な内容です

▼説明書は仕様表だけではなく、使い方やエージング方法などが完全日本語で記載されてます。これはかなり高評価ですね。↓

jayfiのJA40に付属している説明書は完全日本語で記載されています

▼最近はハードケース付きが多いですが、ポーチタイプはポイッと入れてギュッと紐を引っ張るだけでオッケー。ポーチタイプはやっぱり取扱が楽です。↓

付属のポーチは使いやすい

JA40の本体をチェック!

▼アクセントにクローム加工されているのでピカピカしてます。クローム部分にL・Rがエッチング加工されていますが見づらいです。黒色などに着色されていればもっと見やすかったはず。↓

L/Rの表示が見にくい

▼ケーブル途中には電話に出たり曲送り戻し用のコントローラーが付いてます。コントローラーはR側についているので、コントローラー側は右イヤホンと覚えておきましょう。↓

コントローラーはボタン一つだけしか付いてません

▼3.5mmのプラグはストレートタイプでした。↓

プラグはストレートで扱いやすい

JA40のイマイチな部分はコントローラー。

JA40のコントローラーにはボタンが1つ。

音楽を流している時は一回押しで再生/停止。通話がかかってきた場合は電話に出る/電話を切る動作となります。

二回押しで次の曲、三回押しで前の曲。

コントローラーで出来ることは以上でボリューム調整が出来ないことは結構不便でした。次期モデルを出すのであればボリューム調整は付けて欲しい所ですね。

JA40のマイナスポイントも吹き飛ばす重低音がマジでヤバイ。

もう、冒頭からヤバイ、ヤバイとお伝えしていますが、コントローラー等のマイナスポイントを吹き飛ばすだけのインパクトある重低音を奏でます。

ドンシャリではなく、高音は程よく鳴るのでEDMを長時間聴いていても耳が痛くなりにくいです。とにかく重低音好きは耳が幸せになります。

▼私が好きなEDMはこんな感じの楽曲。この様なダンス系ミュージックが好みならJA40を使うと幸せになれます。↓

低音の音圧、量感が圧倒的なので低ボリュームでも低音がバッキバキに鳴る。

イヤホンやヘッドホンの強調チューニングを簡単に調べるには、楽曲を流している最中にボリュームは弄らずイヤホンやヘッドホンを差し替える方法。

私が所有している最も低音よりのイヤホンでEDMを再生中にJA40に挿し替えて音質を確認しましたが、同じボリュームなのに低音の響きが全く違います。

つまり、今まで好んで使ってきた低音チューニングのイヤホンよりもJA40は音圧・量感の盛り付けがより強調されています。もはや低音解像度の桁が違うような印象です。

一定音量まで上げないと表現出来ない音域がそれなりのボリュームで再現できてしまうので音量を上げると脳天がぶっ飛ぶ重低音をブチかましてくれます。でも、音量を上げても割れないのがJA40の凄い所。

JA40は万人向けではないが楽曲趣向が合えば至高なイヤホン。

JA40は素晴らしい。

この評価は私の好む楽曲(EDMやダンス系ミュージック)に合致しているイヤホンだからこその評価です。

もちろん、この域の音質を出せるイヤホンやヘッドホンは数多く存在しますが、価格が非常に高いので、安くて低音がぶっ飛んでるイヤホンを探しているのであればJA40をおすすめします。

いやぁ、ほんとに低音が良く鳴るイヤホンだわ。

ページトップへ