ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

KoogeekのSMART PLUG P1を使って照明をiPhoneのホームアプリとsiriで操作してみた。

SMART PLUG P1はコンセントに差し込むだけでiPhoneから操作ができるHomekit対応製品

最近ちらほら話題になり始めたスマート家電。スマホから様々な家電を操作できてしまう魅力的な製品ですが、Koogeekがら発売されているコンセント型の「SMART PLUG P1」に室内照明を接続してiPhoneのホームアプリやsiriで操作してみました!

▼SMART PLUG P1の価格はセールなどにより変動するので、定価はAmazonなどでご確認下さい!

KoogeekのSMART PLUG P1を使ってスマホから家電を操作する感じを体験してみた。

以前はSMART PLUG P1等のHomekit対応製品は専用のアプリが必要でしたが、iOS10から新しく提供された「ホーム」アプリではサードパーティー製のアプリを必要とせずにHomekit製品の制御が可能となりました。という訳で、今回はkoogeekの専用アプリは利用せずにiPhoneに搭載されているホームアプリとsiriのみ利用して使ってみました。

SMART PLUG P1の同梱物。

▼箱にはしっかりと「Apple Homekit」の表記。iOS10のホームアプリで簡単に操作出来ます。↓

SMART PLUG P1はHomekit対応なのでiPhoneを利用している方は簡単に家電をスマート化出来ます

▼箱の中には本体の他に薄っぺらい説明書のみのシンプルな内容となってます。↓

説明書は英語のみとなっています

本体は3ピンなので注意。

▼本体にはアースも付いてます。↓

SMART PLUG P1の本体は光沢のあるホワイトカラーでアース付きのプラグもさせます

▼3ピンとなっているので変換コネクターが必要になる場合があるので注意。↓

3ピン仕様ですが日本のコンセントにはアースが内蔵されているのでペンチで切っちゃう荒業でもオッケー

▼SMART PLUGの本体上部にはスイッチが付いてます。これを押すことで照明などの電源をオン・オフすることも可能!↓

本体の上部についているスイッチで電源オンオフが可能です

▼コンセントに差し込むとグリーンランプが点滅してペアリングモードに入ります。↓

SMART PLUG P1をコンセントに挿すと「e」の文字がグリーンに点滅してペアリング可能な状態となります

自宅のWi-Fiに接続

SMART PLUG P1はWi-Fiで直接iPhoneと接続するわけでは無く、自宅のWi-Fi機器を中継器として利用します。

▼SMART PLUG P1をコンセントに挿してペアリングモードになったら、iPhoneのWi-Fi設定を開いてアクセサリ名の「koogeek-P1-○○○○」をタップ。接続先のネットワークを選択してWi-Fi機器のパスワードを打ち込むとWi-Fi機器とSMART PLUG P1の接続完了↓

SMART PLUG P1とWi-Fi機器を接続してiPhoneで操作する準備を進めましょう!

iPhoneのホームアプリでアクセサリを追加

▼ホームアプリを開いたら「アクセサリの追加」をタップ↓

iPhoneのホームアプリを起動

▼iPhoneがアクセサリを認識すると製品名が表示されます。製品名をタップしてペアリングしましょう。途中でカメラが起動するので本製品の説明書に貼っている8桁の番号を読み取るとペアリング完了。↓

製品名が表示されたらタップしてペアリングしましょう

▼ペアリングが完了すると各種設定項目へ。siriの音声コマンドで操作するために製品タイプを選択しましょう。デフォルトではコンセントとなっていますが、今回は照明を接続するので「ライト」を選択しました。↓

どの様な機器を接続しているのかsiriに認識させるために適切なタイプを選択しましょう

これで全ての準備は整いました!

現状操作できるのはオン・オフのみ。

例えば製品自体がスマート家電と呼ばれるものであればスマートフォンなどで各種設定も可能ですが、今回はコンセントタップなので、電源のオン・オフのみのシンプルな仕様です。

あと、製品のスイッチをオンの状態でコンセントに挿すと通電するタイプの製品では利用できます。例えばオンとオフのスイッチが切り替え式の照明や扇風機、こたつ等は製品自体のスイッチは常にオンの状態でSMART PLUG P1に差し込むことにより遠隔操作が可能となります。

一方、テレビやエアコンなどは、スイッチオンの状態でコンセントを抜いてから再度コンセントに挿しても待機状態になるので、この様なタイプの製品では遠隔操作は不可です。

私はリビングの照明に取り付けたのでかなり使い勝手が良くなりました!

▼私はリビングの端っこに照明を置いているのですが、ソファーから照明までが数mあるので、毎回電源をオンオフするために移動するのが超めんどくさかったんです。↓

リビングでは照明まで遠いので毎回オンオフするために移動するのが面倒くさかったです

▼照明はこんな感じでオンとオフを物理的なボタンで操作するタイプ。↓

照明はオンとオフが物理スイッチとなっています

▼照明の電源をオンの状態にしてSMART PLUG P1に差し込みました。↓

照明のプラグをSMART PLUG P1に挿して準備完了

SMART PLUG P1をホームアプリやsiriで操作する様子を撮影。

セッティングは全て終わったので、早速使ってみました!

もうね、凄く便利。今まで移動してスイッチをオンオフしてた照明が手元のiPhoneでピピッと操作出来るんですから、そりゃもう快適!

また、ヘイ!シリ!と呼んであげるとsiriちゃんが起動して音声コマンドでも操作できるので、真っ暗な部屋でも手元で操作すること無く照明を点けたり消したり出来ます。

SMART PLUG P1は思っていたよりも快適に使えました。

一応、外からでもAppleTVを利用すると操作出来るので、自宅に帰宅する前にこたつの電源を入れる。という事も可能!

プラグということで、活用幅は限られますが室内に置いている照明を遠隔で電源オンオフできるのは思っていたよりも快適!

同じような室内環境の方は便利に使えますよ!

ページトップへ