ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

新型MacBook (2016)は発表されたがAir目当ての方は6月まで購入を待とう。

garumax-MacBook Air-4-20

どうも、ガルマックスの猶木(ナオキ)です。

少し前に、「新しいMacBook Airが出たら買う!」と豪語していたのですが、何やら雲行きが怪しげな予感。

MacBook Airの新型が気になる方は、今は時期が悪いので6月開催のWWDC 2016まで待とう。

Appleは12インチMacBookの性能向上と現行MacBook Airのメモリ増量を発表。

まず、12インチMacBookに関してですが、内部パーツを刷新。

処理性能が20%弱、SSDの速度が85%前後上昇という感じで、パワーアップ。また、新色のローズゴールドも追加。

12インチのMacBookに関しては、2015年モデルを見送った方にとって結構魅力的なアップグレードとなってます。但し、不評だったポートの少なさは健在。

外でちょこちょこ利用する感じの方や、サブ端末としてはいいものですね。

一方、メイン端末としてガツガツ利用するなら、MacBook AirやMacBook Pro辺りが気になって仕方がない。

今回の発表では、13インチのMacBook Airは2015年モデルのメモリ搭載量4GBを標準で8GB搭載するという内容。

確かに、以前はオプション扱いっだったので、値段据え置きでメモリが増量したことに対しては嬉しいですが、新型とは言えない。。。Retinaディスプレイとか期待していた。

MacBook Airが廃止されMacBookに統一される話は無くなったのか。

少し前まで、MacBook Airは廃止となり、現在12インチモデルのみで展開しているMacBookシリーズに13/15インチモデルが加わるという噂が絶え間なく流れていましたね。

WWDC 2016が6月に新型のMacBook Airが発表されるという噂もあるので、現状ではMacBookを購入する時期が悪いような気がする。

もしかすると、6月に本当の意味で新型のMacBook Air 2016が発表されるかもしれない。

その時にはMacBook Airとしてではなく、MacBookの13/15インチモデルで発表されるかもしれないですね。

また新たな情報が入り次第お伝えします!

ページトップへ