ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

モバイル保険の詳細と注意点。格安スマホやゲーム機など3台で月額700円

garumax-Mobile-hoken (2)

待ちに待った「モバイル保険」が始まりました。

この保険、モバイルと謳うだけあってスマホ以外にも利用できるので非常に有意義な保険です。

注意点もあるので詳細と合わせてどうぞ。

モバイル保険は年間10万迄、最大3台の端末を月額700円で加入可能。

さくら少額短期保険が提供する「モバイル保険」は冒頭でもお伝えした通り、様々なモバイル機器で保険に加入可能。

破損、損傷、水没、故障、盗難の場合、保険がおります。

支払いはクレジットカード以外に口座振替も可能なので便利。

「モバイル機器」の一つの目安はWi-Fi接続可能なモバイル端末。

garumax-Mobile-hoken (1)

公式サイトでは下記端末以外にも「Wi-Fi接続可能なモバイル端末」と記載されています。

  • スマートフォン
  • タブレット
  • スマートウォッチ
  • ノートパソコン
  • モバイル音楽プレーヤー
  • 携帯ゲーム機
  • モバイルルーター

最近のデジカメなんかもWi-Fi接続可能なモデルが沢山発売されているので利用できるかもしれませんね。

月額700円で3台まで同一契約可能ですので、スマホとタブレットとノートパソコンの様にスマホ以外も加入できるのは嬉しいポイント。

また、年間10万までなら何度でも利用できます。

モバイル保険の注意点。

モバイル保険では年間10万までなら何度でも利用できますが、様々な要素で保険金額が変わります。

モバイル保険は主端末と副端末で保険金額が変わる。

最大3台迄の端末を一口の契約で保険加入出来ますが、1台が主端末、残り2台が副端末となり、主端末と副端末では同様の故障内容であっても保険金額の上限が変わります。

修理内容主端末副端末
修理可能最大10万円最大3万円
修理不可
(全損や盗難)
最大2万5千円最大7,500円

例えば画面割れ等の修理可能な場合は、主端末は最大10万まで、副回線は最大3万までなら保険でお金が戻ってきます。

水没や盗難等の修理不能なものは、主端末が最大25,000円まで、副端末は2台で最大7500円まで保険でお金が戻ってきます。

また、修理不能な場合、端末代金が保険金を下回る場合は低い金額が保険金として戻ってきます。

例えば主端末に2万円のスマートフォンを登録していて水没してしまった場合、保険金は2万円となります。

最大で年間10万までの保険金となりますので、例えば水没で保険金が2万支払われると契約満期迄の間は残り8万円となります。

モバイル保険の保証の対象となる端末メーカー

モバイル保険の保証対象となる端末ジャンルは先ほどお伝えしたスマートフォンやタブレットなどなど、Wi-Fiに接続出来る機器ですが、保険約款には「日本国内で販売されたメーカー(日本法人を設立している日本国外メーカーを含みます。)」と記載されているので、国内メーカーと日本法人を設立している海外メーカー製品もオッケー。

しかしながら、メジャーではない海外メーカー品の場合は注意が必要ですので保険加入前に問い合わせましょう。

保険加入は端末を購入してから1年未満の端末。

モバイル保険の加入は購入してから1年未満の製品しか加入できません。

本日5月13日から提供開始ですので、2015年5月13日以降に購入した端末なら加入可能ということですね。それ以前に購入された方は次回端末購入時に加入しましょう。

モバイル保険は格安スマホと画面割れに最適。

個人的には家電量販店で格安スマホを購入する場合やスマホの画面割れに最適だと感じます。

モバイル保険なら、購入店に左右されず加入が可能ですので、家電量販店で実機を確認して安いネットショップで購入してもモバイル保険でしっかりと安心感を得られます。

また、iPhoneなどで画面がバッキバキの方が沢山いらっしゃいますが、よく落として画面を割っちゃうという方は加入しておいて損はないでしょう。ガラスの破片が指に刺さるとメッチャ痛いので、保険に加入してサクッと修理しましょう。

それにしても新しい保険は非常に安価で魅力的な保険がぞろぞろ出ていますね。

保険といえば私は生命保険も加入していますが、生命保険の見直しをファイナンシャルプランナーに無料で相談出来る日本最大級の見直し相談サイト「究極の見直し」とかもあるので、皆さんも見直したほうが良いですよ。同じ内容で高い保険料を払うのは馬鹿らしいですからね。節約節約。

モバイル機器の保険も安くて使い勝手の良い「モバイル保険」を検討してみましょう。画面が割れる前に。

ページトップへ