ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

スマホでカーナビ使う人必見。Omakerの3in1車載ホルダーが便利すぎ!

3つの台座がセットになった車載ホルダー!

最近のスマホにはマップアプリが入っているので、車を運転中はカーナビ代わりに利用している方も多いですが、そんな方にピッタリなOmakerの「3in1車載ホルダー」をご紹介。

今まで助手席につけてる固定ホルダーを利用していたのですが、Omakerの3in1車載ホルダーに切り替えてから超快適。これでお値段1,399円なんだからコスパ高すぎ!

3in1車載ホルダーレビュー!スマホでカーナビ使ってる方は激おすすめ!

Amazonで注文したのですがプライム対応商品なので速攻届きました。便利な世の中になったなぁ。

早速開封!同梱物をチェック!

▼こんな箱で届きました。パッケージには3つのホルダー形状の写真が写ってます。↓

パッケージには3パターンの形状が。

▼中身はこんな感じ。そうなんです、「3in1」なので台座が3種すべて付いてます。コスパ高すぎ。ちなみに外箱は完全に英語ですが、説明書にはしっかり日本語も記載されているので安心です。↓

3つの台座が全部付いて1,399円!

3種類の台座をチェック!

▼これがエアコン吹き出し口用の台座。↓

台座の吹き出し口にぶっ挿す台座はオンパクト

▼こっちが粘着ゲル付き吸盤タイプの台座。比較的ツルツルした素材にはペタリンコとくっつきます。また、吸盤も付いているのでガラスなどにもがっちりくっつきます。↓

粘着ゲル+吸盤で保持力ナンバーワン

▼最後は吸盤タイプのフロントガラス用台座。ネック部分が好きな方向へ曲げれます。しかもかなり保持力が高い。↓

グニャリと曲げれるアームが特徴的な台座

5.5型も余裕で取り付け可能なホルダーはワンプッシュでスマホを取り外せる!

ホルダーはスマホの幅が50mm~100mmまで対応出来るので5.5型スマホも余裕余裕。後で実際にスマホを取り付けている写真を貼っつけますが、すべて5.5型のスマホを取り付けて撮影してます。

▼ホルダーの黄色い部分はゴムになっているのでスマホを傷つけません。↓

少し固めのゴムですが傷つくことはありません。スマホをガッチリとホールド!

▼ホルダーの下部裏面にボタンが付いてるのでポチリと押すと。。。↓

ホルダーの裏にはスマホ取り外し用のごルダーが付いてます。

▼開きました。勢いある開き方では無くゆっくりと開きます。スマホを取り外す時は片手でワンプッシュで外せるので超スマート!↓

裏のボタンを押すとホルダーが開きます

台座とホルダー合体の義。

▼ホルダー裏の台座固定ナットがこんな感じで外れます。完全に取り外して。。。↓

ジョイントを取り付ける際はナットを外しましょう

▼台座の丸っこいジョイント部分に固定ナットを取り付けて。。。↓

台座のボールジョイント部に固定用ナットをはめ込みます

▼ホルダーにぶっ挿します。必ずジョイントとホルダーをはめ込んでから固定ナットを回して固定して下さい。はめ込む前に固定ナットをホルダーにくっつけると台座のジョイントが入りません。↓

ジョイントをホルダーにはめ込んでからナットをこていするとオッケー

早速車にホルダーを取り付けてみた。

▼まずはエアコン吹き出し口用。台座の切れ込みに合わせて吹き出し口に突っ込みます。固定力はかなり高い。↓

エアコン用台座はどの様なエアコン吹き出し口でも取付可能

▼エアコンの吹き出し口は風が滞るから嫌だ。という方は粘着ジェル&吸盤型がおすすめ。こんな感じである程度ツルツルしている箇所にはペッタリとくっつきます。↓

ガラスにゲル月休版をペタリ

ツルツルしているところならぺたりとくっつきます

▼もっと。もっと自由を。。。という方は吸盤型のアームが自由に動かせる台座で決まり。見よ、この自由な感じを。↓

車載ホルダーは自由を手に入れた

スマホでカーナビを使う方におすすめな理由。

基本的にカーナビって横長ワイド画面。車載ホルダーでは縦置きの製品が多いですが縦置きなんて当たり前。

3in1車載ホルダーは台座とホルダーをボールジョイントで固定しているので、カーナビ利用時はスマホの向きを横に固定して使えます。

▼エアコン吹き出し口用も。。。↓

エアコン吹き出し口で横画面

▼粘着ゲル付きの台座も。。。↓

ゲル付き台座も横画面

▼自由にアーム角度いじれる台座も、ご覧の通り横画面でがっちり固定するので、カーナビ利用時には超快適。↓

アーム付き台座も横画面で使えます

角度調整もボールジョイントだから楽々!

▼ボールジョイントなので可動範囲はかなり広いです。車の中央に取り付けて撮影しましたが、同じ位置で運転手側にも助手席側にも向ける事が可能!。↓

運転席へ向けた状態

助手席へ向けた状態

上に向けた状態

下に向けた状態

ボールジョイントとホルダーの固定力。

ボールジョイントを固定ナットで挟み込む構造の為、いくら固定ナットを締め付けても力を入れて角度を変えようとすると動きます。当たり前ですけど。

あと、固定ナットを上手く締め付けないと固定力が弱くなります。かなりガッチリ固定したい場合は、台座のボールジョイントをホルダーに突っ込んで、「少し台座を引っ張りながら固定ナットを締め付ける」とガッチガチに締まります。

個人的に改善して欲しい部分。

製品性能自体は満足していますが、個人的には3つも台座が付いているので複数の車両で台座を付けて、簡単にホルダーを使いまわせたら最高でした。

現状の仕様だと台座部分にボールジョイントが固定されているので、ホルダーを外すにはジョイント固定ナットを外して~、ボールジョイントを引っこ抜いて~、違う台座のボールジョイントにホルダーぶっ挿して~、固定ナット締めて~、と、かなり面倒くさい。

これがボールジョイントと台座部分がワンプッシュで外せる構造であれば活用幅も広がったんじゃないのかなと。次の新製品はこの辺を改善してくれる事を願う!

車でスマホをカーナビ代わりに利用する方も、スマホを好きな位置に取り付けたい方も3in1車載ホルダーはおすすめ。

安い。そして自由度が高い。

カー用品店で本製品と同等性能の商品は軽く2,000円を超えますし、台座に至っては一種類しか付いていないものがほとんどですが、Omakerの3in1車載ホルダーは3つも台座が付いているのでコスパが高いです。

アレコレ買い足すのであれば、Omakerの3in1車載ホルダーだけ買っとけば間違いないです。

車でカーナビを利用する方も、好きな位置にスマホを固定したい方もおすすめですよ!

ページトップへ