ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

Omakerのキューブ型Bluetoothスピーカー(W4N)は小型なのに超パワフル!

OmakerのW4Nは机が揺れるほど大音量が出ます

Omakerさんの最新Bluetoothスピーカーをゲットしたので早速使ってみました!超小型ですが、かなりの大音量が出るのでコンパクトながら野外での使用もオッケー!

また、コンパクトなのに長時間駆動を実現しているので、様々な用途で活躍しそうです!

価格はセール等で変動する場合があるので、販売店で現在の価格をチェックしてくださいね!執筆時点では2,199円でした!

OmakerのW4Nは完全日本語説明書が付いてる!

早速同梱物を確認!

▼こんなパッケージで届きました。↓

シンプルなダンボールパッケージで届きました

▼箱の中には充電ケーブルやW4Nをカバンなどに引っ掛ける為のカラビナまで付属しています。↓

OmakerのW4Nの同梱物は、本体、USB充電ケーブル(MicroUSB)、持ち運び用のポーチ、カラビナ、説明書に会員勧誘カードが入ってます

▼持ち運び用のメッシュポーチにもOmakerのタグがついてました。しっかり専用品を作ってますね。↓

専用のポーチには専用で作られたと分かるOmakerのタグが付いてます

説明書は完全に日本語!これはポイントが高い!ペアリング方法から保証内容まで全て日本語で記載されているので安心です。↓

OmakerのW4Nは完全日本語説明書が付いているので安心して購入可能です。

3m落下テストもクリア!耐久力抜群なボディーをチェック!

▼本体は高さ、幅、奥行きが5.1mmで持った感じはガチャポンのケース位の大きさです。↓

OmakerのW4Nは超コンパクト!デザインもかっこいい!

▼iPhone7と並べるとコンパクト感が伝わるかも。↓

iPhone7と比べると大きさはiPhone7の縦半分以下です

▼本体背面には電源スイッチと充電用のMicroUSB端子↓

OmakerのW4Nはワンボタン仕様なので操作に迷うこともありません

▼充電中やペアリング中を視覚的に知らせてくれるインジケータも付いてました。↓

OmakerのW4Nにはインジケータもついているので充電状況やペアリングモード移行時の状態がひと目で分かります。

▼カラビナを取り付けるとこんな感じにカバンなどにも簡単に引っ掛けることが出来ます。↓

OmakerのW4Nにはカラビナがついているので様々な場所に引っ掛けることが可能。

本体がフリーズした際のリセットボタンはデザインに溶け込んでます。突起のある穴がリセットボタンとなってます。↓

OmakerのW4Nのリセットボタンは本体サイドにデザイン的に空けられた穴の一部がリセットボタンとなってました。

黒いカバーは硬質なプラスティックではない。

黄色い本体を守っている黒いカバーは塗装や硬質なプラパーツではありません。

▼外せそうだったので外してみました。黒いカバーはシリコン製で柔軟性のあるカバーなので落下時の衝撃吸収も長けています。↓

OmakerのW4Nの保護カバーは柔軟性のあるシリコンカバーなので、見掛け倒しではなく高い衝撃吸収性能を誇ります。

音質は3Wなりだが、超大音量で鳴らすことが出来る。

良くも悪くも3Wスピーカー仕様なので、体の芯に響くような低音は鳴りませんが、このサイズからは想像出来ないほどのパワフルな音量で鳴らすことが出来ます。

低音がそれほど鳴らない分、3Wスピーカーが得意とする中域、高音はしっかり鳴らしてくれるので音質的に安っぽさはありません。スマホのスピーカー何かとは比べ物にならない程に音質は良いですよ。

中域が非常に良く出来た音で、ボーカルの音声、ラジオの音声等が非常に聞き取りやすい。

コンパクトなのに長時間駆動が可能!

Bluetoothスピーカーは充電して利用する製品なので、駆動時間は結構シビアに評価してます。

W4Nは小型のボディーに1050mAhのバッテリーを搭載しているので、連続再生時間はなんと12時間!これだけの駆動時間であれば野外での利用にもビシバシ使えます。

また、充電はMicroUSB経由で充電出来るので、充電が少なくなった場合もモバイルバッテリーや車載充電器から簡単に充電可能であることもポイント高し。

W4Nはアウトドア、現場仕事、野外のダンスレッスンのお供にピッタリ!

小型なので持ち運びも楽ちん。何より小型なのにかなりの大音量で鳴らすことが出来るので、野外での利用でも不満なく使えます。

昔、大工のバイトしてた時があったのですが、その時はラジオをラジカセで鳴らしていました。今だとスマホとW4NをBluetooth接続してradikoでラジオを聴く時代ですね(笑)

仕事現場での利用以外にも、野外でダンスのレッスンをする場合の音源として、釣りやサイクリング、キャンプ、登山等のお供として持ち歩くのも良いですね!

音質は5,000円クラスのBluetoothスピーカーと同等ですが、値段が半額以下で購入可能なので、野外でもためらわずガンガン使えます。用途が合えば要チェックですよ!

告知!Omakerが10月17日まで秋の大セールを開催しています!割引クーポンを配布していますのでよろしければどうぞ!↓

【最大86%OFF】Omaker大セール。Bluetoothスピーカー・イヤホン・車載ホルダーなど10製品が対象!

ページトップへ