ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

3万以下の格安スマホ「P8lite」の性能と価格をチェック!

P8lite

ファーウェイ製のSIMフリー格安スマホ【P8lite】は格安SIMとの相性も申し分なし。

格安SIMとのセット販売もまとめましたので、そちらも合わせてどうぞ。

快適動作!P8liteの性能・価格と特徴をチェック。

項目スペック
OSAndroid5.0ロリポップ
CPUHisilicon Kirin 620 オクタコア(A53/1.2GHz)
液晶5.0インチHD(720×1,280ドット)IPS
メモリ2GB
通信方式【 SIM1 (or SIM2) 】
FDD-LTE : B1/B3/B5/B7/B8/B19/B28
TDD-LTE : B40
UMTS : B1/B5/B6/B8/B19
GSM : 850/900/1800/1900

【 SIM1 (or SIM2) 】
GSM : 850/900/1800/1900

Wi-Fi:802.11 b/g/n 準拠
テザリング機能 / 最大接続台数:8台
Bluetooth通信:V4.0+LE
容量(ROM)16GB
カメラ前面:500万画素
背面: 1,300万画素
バッテリー2,200mAh
サイズ幅143mm×奥行き71mm×厚み7.7mm
重さ約131g
SIMサイズマイクロSIM
カラーホワイト、ブラック、ゴールド

価格は28,600円(税込30,888円)ミドルスペックのスマートフォンです。

基本動作スペックとなるCPU・メモリ・画面解像度のバランスが良いですね。

サクサク動作するかって非常に重要です。常に持ち歩くものですからね。

↓動作もサクサク滑らか。メインで持つスマートフォンとして合格点です。1:35から画面操作が始まります。※音が出ます御注意ください。

バッテリー容量も2,200mAhなら許容範囲ですが、最近の主流は2,500mAh~といった具合なのでモバイルバッテリーを持っておくと安心。

デュアルSIM搭載で切替式ですが、どちらかのスロットが2G(国内では停波)ですので、そこまで使い道はないかも。国内では1枚SIMでの運用が主流ですので大きなマイナスポイントとは感じません。

本体は7.7mmと薄く質感は同価格帯の格安スマホと比べて頭ひとつ飛び抜けてます。画面と縁の狭い狭額縁設計で5インチの割にコンパクトに感じますね。

ドコモ系の格安SIMもバッチリ使えます。

ガルマックスでは評価により随時オススメ格安SIMとキャンペーン情報を更新しています。よろしければどうぞ。

P8liteのライバルとなるSIMフリースマホ。

この価格帯と性能だと競合機種はZenFone 2 Laserと迷うところ。性能的にはP8liteが若干良いですが、ZenFone 2 Laserの8GBモデルだと、6,000円ほど安上がり。

P8liteはミドルスペックなので、最新の3Dでグリグリ動かすようなゲームは苦手。グラフィックス性能まで考慮するとZenFone 2を選んだほうが幸せです。

P8liteと格安SIMセット購入は初めてのMVNOでも安心。

SIMフリー端末は通販や家電量販店でも購入可能。

一方、MVNOで格安SIMとP8liteをセットで購入する場合、大手キャリアのように故障時の保証やポイント還元、割引等の特典が魅力。機種代金を分割できるのもありがたいですね。

初めてMVNOに乗換える方や、MVNO独自の保証が魅力的なら格安SIMセットがオススメ。

P8liteと格安SIMのセット販売しているMVNOをキャンペーン含めて比較しているのでよろしければどうぞ。

ページトップへ