ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

ポケモンGOの通信費がタダのプランよりこっちの方がいい

ポケモンGOは無料格安SIMでのプレイがオススメ

どうも、ガルマックスの猶木(ナオキ)です。

遂に始まりましたねポケモンGO。今は楽しくてのめり込んでいますが、凝り性の飽き性である私が助言するのであれば、ポケモンGOの通信費がタダになるプランはもう少し様子を見てからのほうが吉。

世間では、ポケモンGOの通信費がタダ!と大々的に宣伝されていますが、個人的にポケモンGOの為に格安SIMを検討しているのであれば、こっちをまずはオススメします。

格安SIMの通信品質は知っていますか?

格安SIMというものは、混雑時に通信速度が低下することが当たり前です。これが格安で利用できるカラクリのようなもの。

という訳で、いきなり月額が発生するポケモンGOの通信費がタダになるプランよりも、まるごとデータ容量がタダになるキャンペーンを利用して、格安SIMの通信品質の確認と、ポケモンGOの通信量を調べるほうがおすすめ。

ポケモンGOの通信費がタダのプランは、ポケモンGO以外の通信はカウント。

DTI SIMが真っ先にポケモンGOの通信費がタダのプランを打ち出し、その後にFREETEL SIMもポケモンGOの通信費を無償化すると発表。

どちらもポケモンGOに関して通信費はタダですが「それ以外の通信」はデータ量を消費します。

DTI SIMでは5GBのデータ通信がセット(ポケモンGO以外で通信するためのデータ容量)でデータ通信プランが月々1220円。FREETELでは段階的に利用料金が上がるので、ポケモンGO以外で通信したデータ容量により月々の利用料金が変動します。

ポケモンGOをプレイ中に一番データ量を食ったのはこれ

ポケモンGOがリリースされてから毎日遊んでいますが、この数日で最もデータ量を食ったのはWEBブラウザー。

ポケモンの出現場所を調べたり、対戦する時のコツを調べたりと、それはそれはWEBブラウザーを利用してGoogle検索しまくりましたよ。

ポケモンGOの通信費がタダのプランでは、WEBブラウザーでの調べ物で発生した通信量はノーカウント対象外。ポケモンGOをプレイするにあたり、それ以外の通信でデータ量を消費することのほうが多いかも。

ポケモンGOに飽きるかもしれない

ポケモンGOが始まったばかりで熱中していますが、半年後には飽きているかも知れません。

例えばDTI SIMのポケモン向けプランを契約して半年利用した場合、初期費用3000+月々の利用料1220円(データプラン)×6ヶ月で10,320円。音声通話プランだと最低利用期限が加わるので縛り期間が長くなり、更に費用がかさみます。

思っているほどポケモンGOの通信量は多くない。

私がポケモンGOを利用した限り、8時間ぶっ続けで遊んで30MB程度の通信量。1ヶ月このペースで遊んでも900MB。WEBブラウザーでの調べ物を加味しても3GBが良いところだと踏んでます。

実はキャンペーンで3GBが半年間タダで使える。

格安SIMでは、様々なキャンペーンを打ち出していますが、データ通信3GBプラン(SMS付き)が半年間0円で利用できるキャンペーンを打ち出しているMVNOが皮肉なことにDTI SIMです。

このキャンペーンでは、初期費用の3,000円のみで、半年間毎月3GBのデータ通信が利用可能で、最低利用期限や解約金もありません。

ポケモンGOプランは無料キャンペーンをつかってから

月々の利用料金が無料なので、格安SIMの通信品質も確認できますし、データ容量が3GBで足りないと感じた時や半年間のキャンペーン期間が終了した後に、まだポケモンGOにハマっているのであれば、ポケモンGOの通信費がタダになるプランに乗り換えると結果的に安くなるのでオススメ。

あと、飽きちゃうかもしれませんし。

私もDTI SIMのキャンペーンSIMを利用してポケモンGOを遊んでますが通信品質も中々良いのでおすすめですよ。

▼オススメの関連記事▼

ページトップへ