ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

楽天モバイルの端末代込み1,880円~利用可能なコミコミプランはどれがいい?

楽天モバイルのコミコミプランは月額1,880円から利用可能。端末代金も含まれているので非常に安い

楽天モバイルでは端末代金込みで1,880円から利用できる「コミコミプラン」を提供しており、「乗りかえる場合、どのプランが良いのか分からない」という方向けに注意点も合わせてまとめます。プラン内容は端末代金+音声通話プラン料金+5分以下かけ放題利用料がすべてコミコミで月額1,880円~利用できるプランとなっている。

楽天モバイル「コミコミプラン」は3パターンから選べる。

まず、注意しなければならないことは楽天モバイルのコミコミプランは3つのプランごとに機種やデータ通信量が指定されており、契約時にこれらを変更する事が出来ない(契約後のデータプラン変更は可能)。予め用意されたプランの中から最適なプランを選ぶ仕組みだ。

各プランでは端末の違い以外に利用できるデータ通信量が異なるのでデータ通信量も合わせて確認しよう。

項目SML
端末ZTE BLADE E01HUAWEI P9liteFUJITSU arrows M03
データ量2GB2GB4GB
通話5分以下かけ放題5分以下かけ放題5分以下かけ放題
利用料金
(1年目)
1,880円2,488円2,980円

端末の性能比較。

月額1,880円、2480円、2,980円の3プランでは手元に届く端末が異なるので性能を比較。(モバイル表示では表が左右にスライド出来ます)

項目ZTE
BLADE E01
HUAWEI
P9lite
FUJITSU
arrows M03
OSAndroid5.1Android6.0Android6.0
SoCMT6735P
1.0Ghz
Kirin 650
2.0Ghz×4+1.7Ghz×4
Snapdragon410
1.2Ghz
メモリ1GB2GB2GB
保存容量8GB16GB16GB
画面サイズ5.0型HD5.2型フルHD5.0型HD
カメラ背面:800万画素
前面:500万画素
背面:1,300万画素
前面:800万画素
背面:1,310万画素
前面:500万画素
サイズ幅142.5
奥行き71
厚み7.8
幅146.8
奥行き72.6
厚み7.5
幅145
奥行き72
厚み7.8
重量155 g約147 g約141g
備考Wi-Fi
WIFI 802.11b/g/n

Bluetooth
4.0
Wi-Fi
802.11a/b/g/n/ac

Bluetooth
luetooth v4.2 with BLE

指紋認証
Wi-Fi
802.11a/b/g/n

Bluetooth
4.1

防水・防塵
ワンセグ
おサイフケータイ

1,880円プランのZTE BLADE E01

ZTE BLADE E01の性能は一番下っ端で高負荷な3Dゲームには向いていない端末。「スマホには多くを求めていない」といった層に適している端末仕様となっている。スマホでは通話に加え軽いゲームやニュースアプリ、LINEやメール、SNSなどでの利用は問題ないが、少し負荷の高いゲームやアプリを利用すると動作の鈍さを感じる場合がある。

2,480円プランのHUAWEI P9lite

ミドルスペックの端末だが新世代のミドルスペックとなっており非常に高性能。利便性の高い指紋センサー、1,300万画素の美カメラ、保護カバーや液晶保護フィルムまで揃う充実の同梱物。一昔前のハイスペックモデルと同等の性能を誇るので高負荷なゲームも安心。

コミコミプランの中で最も性能が高いモデルとなっており、端末に迷う場合はP9liteを選択して全く問題ない。ちなみに私も数多くの格安スマホの中から個人的に購入したモデルは本端末だ。

2,980円プランのFUJITSU arrows M03

本端末もミドルスペックモデルだが、世代的には旧世代となり新世代のP9liteよりも性能が少々劣るがメイン端末としての利用に耐える性能は持ち合わせているので安心。国産らしくワンセグ搭載や防水防塵仕様となっておりおサイフ機能にも対応するFeliCaをサポート。カメラ性能も高く高品質にまとまったモデルだ。国産が良いという方はこの端末を選ぼう。

楽天モバイル「コミコミプラン」の注意点。

低価格で端末まで手に入る非常に魅力的な楽天モバイルの「コミコミプラン」だが、少々注意したいポイントがあるので解説。

利用料金は変動型で2年目が最も高くなる。

コミコミプランは月額1,880円~利用可能だが、1年目/2年目/3年目以降と利用料金が3回変動するので把握しておこう。

項目SML
1年目1,880円2,480円2,980円
2年目2,980円3,480円3,980円
3年目以降2,446円2,230円2,613円

ここで注目したいポイントが3年目以降の価格設定。実は端末代金は24回払いの分割となっておりそれに合わせて24ヶ月が最低利用期限に設定されている。つまり、3年目以降の価格設定は端末代金を省いた価格設定となっている。

この時、「データ2GB+5分以下かけ放題」というプラン内容が共通するコミコミプランSとコミコミプランMの3年目以降の価格が異なる。また、楽天モバイルの3.1GBデータプランに5分以下かけ放題を付け加えた利用料金が月間2,450円であることから、コミコミプランSの3年目以降はボッタクリ価格となっているので、24ヶ月経過後はプラン変更をおすすめする。

楽天モバイル「コミコミプラン」まとめ。

  • 端末代金と音声通話プラン料、5分以下かけ放題利用料が全て含まれている。
  • プランにより機種、データ量が異なる。
  • 2年目の利用料金が最も高くり3年目以降はプラン変更の検討が必要

楽天モバイルのコミコミプランはテレビCMで大々的に宣伝されており非常に気になっている方も多いですが、端末の性能差や利用料金の価格変動、3年目以降のお徳度をしっかり把握してから契約しよう。

個人的におすすめな端末はコミコミプランMのP9lite。性能的にはズバ抜けており長期利用において最も不満の出ない端末。大手キャリアでは1GBのデータ通信量+5分以下かけ放題で約5,000円であることを考えると、端末代金込み+2GBデータ量+5分以下かけ放題で月額2,480円は無視出来ない価格設定だ。

ページトップへ