ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

【レビュー】SAMURAI REI(麗)の実機評価。外観とベンチマークをチェック!

garumax-SAMURAI REI (1)

2016年5月27日、FREETELのミドルハイスペックSIMフリースマートフォン「SAMURAI REI(麗)」の先行販売がスタートしました。

早速手に入れたので、まずは外観チェックとAnTuTuでのベンチマーク計測を行いました。

SAMURAI REI(麗)の実機評価は各機能や特徴ごとに複数回に分けて配信するので、フラリとガルマックスへお越しいただいた方はブックマークなどをどうぞ。

スペック等は以下の記事をどうぞ。

SAMURAI REI(麗)の外観は非常に高品質。

追記:本気は低価格ながらジャイロセンサーを搭載しているので、ポケモンGOの現実世界にキャラクターを表示させるARモードなどにフル対応しています。

まずは開封の儀と合わせて外観チェック。

▼かなり大きな箱に入っています。iPhoneSEの箱と比べるとその大きさが分かるはず↓

garumax-IMG_20160527_192008

▼中には本体、充電アダプター、USBケーブル、保証書やスタートアップガイド↓
garumax-SAMURAI REI (5)

▼非常にベゼルが狭いです。前面のボタン周りはガラス下に柄が入っておりオシャレ。また、本体の周囲はキラリと輝くダイヤモンドカット加工で高級感高し。また、ホームボタンは指紋認証機能を搭載したボタンとなっています。↓

garumax-SAMURAI REI (16)

garumax-SAMURAI REI-2 (2)

▼上部にイヤホンジャック↓

garumax-SAMURAI REI (10)

▼下部はスピーカーとmicroUSB端子↓

garumax-SAMURAI REI (13)

▼左側面にSIMスロット。SIMスロットは1つのトレイでmicroSDにも対応していますが、NanoSIMとMicroSDの併用は出来ません。MicroSDを利用する場合はMicroSIMで無ければ物理的に搭載できないので注意↓

garumax-SAMURAI REI (11)

garumax-SAMURAI REI-2 (5)

▼右側面はボリュームボタンと電源ボタン↓

garumax-SAMURAI REI (9)

▼通知LEDは前面カメラの左側。画像では分かりにくいですが、初期設定では綺麗なブルーでピカリと光ります↓

garumax-SAMURAI REI-2 (8)

▼背面は非常にシンプルでサラリとした肌触り。アンテナラインがiPhoneと比べて細いのも特徴です↓

garumax-SAMURAI REI (14)

▼カメラはiPhoneと同じく出っ張っています。机の上に置くとガタガタするので、気になる方はカバーなどを用意しましょう。

garumax-SAMURAI REI (15)

SAMURAI REI(麗)をAnTuTuでベンチマーク計測。

新しいスマートフォンを購入後にまず導入すべきアプリは「ベンチマークアプリ」ですよね。あ、私だけですかね。。。

とにかく何もアプリを導入していないクリーンな状態でAnTuTuベンチマークを計測してみます。

▼スコアは36819。ガルマックスではミドルハイスペックとして最低35000点としているので、しっかりとミドルハイスペックとしての性能は確保していますね。↓

garumax-SAMURAI REI-2

但し、3D描写に関しては期待しないほうが吉。

AnTuTuでの計測時に3D描写(主に3Dを駆使したゲームで利用されるリアルタイムレンダリング)に関してのテストも行われるのですが、テスト中の3D映像はカクカク動作です。

全てのゲームが重くなるとは言えませんが、3Dを酷使するゲームには不向きな端末ですので、その辺りは考慮して購入検討しましょう。

SAMURAI REI(麗)の実機を触って感じたこと。

今回は実機レビュー第1回ということで、本体を触ってみた所感を残しておきます。

ボタン類はしっかりしたクリック感。

以前、大手メディアで、SAMURAI REI(麗)のホームボタンはグニグニしているという記事を見たことがあるのですが、個人的にクリック感はしっかりしていると感じます。

iPhoneの指紋認証付きホームボタンは、構造上カチャカチャと異音の様な音がしますが、FREETELのSAMURAI REI(麗)はコチコチと控えめなクリック音。

iPhoneSEを所有していますが、私の好みはSAMURAI REI(麗)のホームボタン。

また、ボリュームキーや電源ボタンもしっかりとしたクリック感があり、押しているか押していないか分からない。ということは無いです。

外観は確実に「価格以上」の質感。

SAMURAI REI(麗)の特徴でもある「美しいデザイン」は、確実に価格以上の満足感を得ることが可能。正直ビックリしました。

薄いと評判のNexus5xよりも薄く、高級感も確実にNexus5xよりも上です。ベゼル部分には主張し過ぎないグラフィックパターンが描かれており、非常にオシャレですね。

先行販売モデルでメタルシルバーのみですが、落ち着いたカラーで老若男女問わない色合いもgood。またメタルシルバーは指紋が目立たないので、本体についてしまう指紋後が気に入らない方にもオススメのカラー。

SAMURAI REI(麗)は性能・質感的に買ってもガッカリしない端末です。

基本的な性能はミドルスペックよりもワンランク上の性能を有しており、外観もハイエンド機に負けない質感とデザインで所有満足度の高い端末です。

指紋認証機能搭載のホームボタンは別記事で執筆中ですが、反応、使い勝手などハイエンド端末に引けをとらない出来栄え。

FREETELが相当な自信を持って発表していましたが、SAMURAI REI(麗)は非常に人気が高い端末になることは間違いないです。

低価格なのに高品質、そして安心の国内メーカー製品、これから格安スマホに切り替えようとお考えの方は、必ずチェックすべき端末です。

SAMURAI REI(麗)に関しての記事は以下から全てご覧いただけます。複数回に渡りSAMURAI REI(麗)のレビュー記事を公開します。

ページトップへ