ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

格安SIMの低速通信モード、上手く使うとデータ通信量を消費しません。

SIM-0318

格安SIMでは、通信速度を故意に制限する「低速通信モード」が備わっているものがあります。

大手キャリアでは聞き慣れない低速モード。初めて格安SIMを利用した友人から、「わざわざ通信速度を落としてどうするの?」と聞かれたので、低速通信モード利用方法をまとめてみました。

これ、上手に使うとかなり節約できるのでオススメ。

低速モードではデータ通信量がノーカウント。

そうなのです。データ通信の速度を低速モードに切り替えると、データ通信量を消費しません。

僕の利用している格安SIMの「mineo」では、低速通信モードは200kbpsという速度が上限で、画像の多いWEB閲覧が厳しい程の速度。

その様な低速通信でも特に問題の無い使い方であれば、通信量が消費されないので活用しましょう。

テキスト系のWEBやアプリの閲覧。

某巨大掲示板、まとめ系のサイト、その他にはニュースアプリ等も超快適とまでは言えませんが、特に不満も無く使えます。

僕は通勤途中にニュースアプリの「SmartNews」を良く利用していますが、SmartNewsでは、「すぐ読む」ボタンが有り、データ量が少ない軽量化された仕様で閲覧ができるので、そちらであれば、テキストは問題なく読めます。

ストーリーミングミュージックやネットラジオ。

Googleミュージックなどの、ストーリーミング再生(データをダウンロードしながら再生。端末には保存しないタイプの再生方法)では、常に通信を行いますが、音声データは動画や画像よりも遥かにデータ通信量が小さい事から、200kbps程の通信速度でも利用できます。

同じく、ネットラジオも問題なかったです。

ストーリーミング再生は、再生中ずっとデータ通信を行っているので、毎日通勤時にストーリーミングで音楽を聞いたり、寝るときにネットラジオを聞きっぱなしで寝落ちした場合、通常速度の通信ではデータ通信量をビックリするほど消費します。

恐らく、低速モードで一番有意義な使い方と感じます。

僕は低速通信モードを利用して、Googleミュージックで曲を再生しながら毎日記事を書いてます。

文字メッセージも大丈夫。

LINEやメール等の文字メッセージも問題なし。LINEはスタンプは少し送信に時間がかかりますが、文字のやり取りは平気です。

但し画像や動画の送受信は論外。いつまでたっても送信が終わりません。LINEで画像などを相手から送ってきた場合も高速通信に切り替えましょう。

低速通信モードが魅力的なら「バースト機能」もチェック。

バースト機能とは、低速通信時の最初だけ高速通信で利用できる機能。データを受信し始めた一瞬の間ですが高速通信で利用できるので、あるのと無いのとでは体感的にかなり違います。

データ容量の少ないテキスト系なら、特段不満を感じることはありません。

IIJmioでは、低速通信時に一瞬高速通信が出来るバーストモードを提供しているので、低速通信モードが魅力的なら候補に上げましょう。

注意点もあるので知っておこう。

低速通信モードは、通信容量をカウントしない便利な機能ですが、使い放題ばかりではありません。例えばIIJmioでは3日で366MBの通信量に達すると200kbps以下の速度に制限される可能性があります。

IIJmioではバースト機能で快適に低速通信モードを利用できるので、WEB閲覧などでガツガツ利用する方法だと制限される可能性あり。WEB閲覧は画像が多くなるので、どうしてもデータ量がかさみます。

mineoのドコモプラン(dプラン)では珍しく3日制限が高速・低速共にありません。

ただ、先ほどのIIJmioでの3日366MBまで。という制限は、先ほどのように画像込みのWEB閲覧をガツガツ利用する事がない限り制限に引っかかりません。例えば、一曲あたり約1.5MBのストーリーミングミュージックでは、約244曲も聴けます。

ですので、使いドコロが大切。

ライトユーザーもヘビーユーザーも低速モードを駆使しよう。

最近では500MB等の低容量データ通信プランの格安SIMもあるので、今まで1GBのデータ通信プランを契約していた方は、低速通信モードを駆使することにより500MBプランで事足りる可能性あり。更に節約できます。

また、ストーリーミングの音楽やネットラジオを利用するから大きなデータ通信量のプランを契約している方も、同じく節約出来るかもしれません。

格安SIMユーザーさんは、契約している格安SIMで低速通信モードを利用できるか確認しましょう。低速通信モードを利用できる場合、MVNO専用アプリをダウンロードすることで、低速・高速を切り替えることが可能です。

せっかく格安SIMで利用できるのですから、徹底的に使い倒しましょう。

本記事で紹介したmineoとIIJmioのリンクを残しておきます。どちらもガルマックスでオススメしている格安SIMですので、気になる方は契約期間、解約金の無いデータプランで試してみましょう。

ページトップへ