ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

スマホのデュアルSIM、シングルスタンバイ、デュアルスタンバイ、デュアルアクティブとは?違いを解説。

DualSIMは2枚のSIMが挿せる端末

どうも、ガルマックスの猶木(ナオキ)です。

格安スマホでは、SIMが2枚挿すことの出来る端末が主流となっていますが、仕様により使い勝手が変わります。

大手キャリアでは、1枚のSIMで音声通話もデータ通信もまかないますが、格安スマホでは複数のSIMを挿して利用することにより、様々な用途に合わせて活用可能となっています。

仕様の内容を知ると、非常に活用の幅が広がるので、今回はSIMスロットに関して解説します。

デュアルSIMとは「2枚のSIMが物理的に挿せる」ハード仕様。

格安スマホで、デュアルSIM対応の端末は物理的に2枚のSIMを挿すことが可能となっている端末です。

ここで注意したい点は、それぞれのSIMスロットでの「対応電波」。

例えば、電波の種類ではLTE回線、3G回線、2G回線と分かれており、日本国内で2Gは停波。2枚のSIMが挿せるデュアルSIMスロットが搭載されていても、片方のSIMスロットが2G電波のみ対応の場合、国内利用では意味のない代物です。

デュアルSIM対応の端末を購入する場合は、LTE/3Gに両方のSIMスロットが対応している端末を選びましょう。

シングルスタンバイ、デュアルスタンバイ、デュアルアクティブは「2枚のSIMでの動作スタイル」。

デュアルSIM対応の端末では、2枚のSIMが挿せますが、動作スタイルにより活用幅に大きな違いが生まれます。

非常に重要な項目ですので、覚えておきましょう。

シングルスタンバイとは「片方のスロットのみ待ち受け」。

現在、格安スマホでデュアルSIMを搭載した端末の仕様で最も多いのが、シングルスタンバイ仕様。

2枚のスロットにSIMを挿すことと、それぞれのSIMを利用する事が可能なのですが、待受は片方のスロットのみしか利用できません。片側のスロットを利用中は、もう片方は圏外となるので、利用するSIMを自身で切り替えながら利用するという物。

活用例として挙げるなら、データ通信専用SIMを2枚差し込んで「ポケットWi-Fi」的に利用する方法です。こっちのSIM残量が無くなったら、こっちのSIMに切り替えて利用するという、格安スマホを全データ通信仕様で利用するのであれば魅力的。

デュアルスタンバイとは「同時待ち受けが可能」

シングルスタンバイでは、片方のSIMスロットを利用中は、もう片方が圏外状態となりますが、デュアルスタンバイではどちらのSIMスロットも同時に待受が可能となります。

音声通話はこっちのSIMを利用して、データ通信はこっちのSIMを使う。という具合に、音声通話とデータ通信を分けて管理が出来る&同時に待ち受け出来るので、片方のSIMスロットに大手キャリアの24時間かけ放題を挿して、もう片方のスロットには費用の安いデータ通信専用の格安SIMを利用するという運用が可能となります。

現在、最も注目度の高いSIM運用方法が可能で、これからの格安スマホは、デュアルスタンバイに対応しているか否かで大きく評価が分かれるポイントとなります。

注意点として、待受は同時ですが、利用は片側のみとなること。

音声通話専用SIMとデータ通信専用SIMを分けて利用している場合、音声通話中は音声通話SIMを挿しているスロットがアクティブとなるので、データ通信が利用出来ません。

デュアルアクティブは「同時利用が可能」

デュアルアクティブは、2枚のSIMを同時に利用できる仕様でいわゆる全部入り。

2つのスロットに音声通話専用SIMとデータ通信専用SIMを挿し、同時に利用が可能となるので、通話中にネットで調べ物をする。という使い方も可能で、その使い勝手はシングルSIM運用と遜色が無いにも関わらず、音声通話とデータ通信を切り分けて選択出来る柔軟性を持ち合わせています

が、現在日本国内でデュアルアクティブの端末は出回っていません。

これから暫くは「デュアルスタンバイ」が主流となりそう。

今まで、デュアルSIMのシングルスタンバイ端末が主流で、ポケットWi-Fi的な運用以外ではそれほど魅力的では無かったデュアルSIMスロットの状況ですが、これからは「デュアルスタンバイ」が主流となります。

同時に待ち受けが可能なので、音声通話用とデータSIMを切り分けて契約利用出来るので、大手キャリアの24時間かけ放題は外せないけど、データプランは格安SIMの安い物を利用したいという、「良いとこどり運用」が可能となっています。

格安SIMなんて、データ通信専用だと500MBまではずっと0円のSIMもありますし、1GBの相場は月々500円、3GBで月々900円程ですからね。

これから格安スマホを購入する際は、SIMスロットも要チェック項目ですよ!

ページトップへ