ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

Snapdragon835のAnTuTuベンチマークスコアは21万点超えか?!

Snapdragon835は10nm製造プロセスで作られた新世代SoC

先日Qualcommが発表した同社のフラッグシップSoC”Snapdragon835”を搭載したとされるXiaomi Mi 6(仮)のAnTuTuベンチマークが中国のweiboで投稿されてました。

Snapdragon835とメモリ6GBの組み合わせでAnTuTuスコア210329点。3Dスコア118340点。

weiboに投稿されたXiaomi Mi 6(仮)とされるベンチマーク結果は以下の通り。

2016年にA10 Fusionを搭載して登場したiPhone7シリーズではAnTuTu総合性能評価で約17万点~18万点だったので、Snapdragon835の総合性能は大きく向上しています。

注目点は、3D性能が118,340点と飛躍的に性能向上を果たしていること。個人的にはGPU性能が向上して基本性能スコアが底上げされている様な印象を受けました。

もちろん、AnTuTu公式のデータでは無いので信ぴょう性に疑問も残りますが、高度なVRを体験できる”Daydream”や高度なARを体験出来る”Tangoの両方に対応したASUS Zenfone ARでもSnapdragon835が採用されていることから、(めっちゃ間違えてました。ZenfoneARはスナドラ821でした。)総合性能21万点超え、3D性能11万点超えでもなんら不思議ではありません。

▼Snapdragon835に関する他の記事もどうぞ▼

「Snapdragon835」はLaptopに対応したことがビックリ

ページトップへ