ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

ソフトバンクが故障したiPhoneを自宅で交換出来る「配送交換」に対応。

garumax-SoftBank

どうも、ガルマックスの猶木(ナオキ)です。

ソフトバンクでは、iPhoneの故障や破損、水濡れなどの故障時にAppleストアやソフトバンクショップで修理や交換を行う必要がありましたが、今後は自宅等の指定した場所で故障したiPhoneを同等品と交換することが可能となります。

ソフトバンクのiPhone配送交換を利用する場合の注意点。

iPhoneを指定の場所で交換するには、「あんしん保証パック(i)」又は「あんしん保証パック(i)プラス」に加入している方が対象。

上記保証に加入している方は、iPhoneの故障時に113から24時間いつでも申し込み可能で、当日の16時30分までに申し込みが完了した場合は翌日午前中に受け取れるそうですよ。

通常であれば、修理又は故障時に必要なお金の80%が利用料金から一定額&一定期間差っ引かれるシステムでしたが、配送交換の場合は少し注意が必要。

配送交換対象のiPhoneが決まっている。

配送交換が利用できるiPhoneは以下の通り。

  • iPhone6
  • iPhone6Plus
  • iPhone6s
  • iPhone6sPlus
  • iPhoneSE

iPhone6以前の機種は配送交換の対象外ですので注意しましょう。

利用にはその場で利用料金を支払う必要がある。

先ほどの対象機種の場合、同等品との交換に20,000円が必要です。

ソフトバンクの公式サイトを見る限り、「交換機配送&代金お支払い」と書いているので、恐らく代金と引換に交換用の端末を受け取る感じ。

20,000円という一定額での交換ですので、全損じゃないと割に合わないかも。

ソフトバンクのiPhone配送交換は9月5日から利用できます。

今までソフトバンクのiPhoneで故障や修理が必要場合って、ソフトバンクショップやAppleに出向かなくては行けなかったので、好評ではありませんでした。また、修理代金の還元が月々の利用料金から引かれるという微妙なシステムでしたが、一定額を払って同等品と交換出来るのは嬉しいポイント。

ただ、今までは修理や交換に必要な代金の80%以上は還元されていたので、配送交換利用時は利便性と引き換えに出費は増えそうです。

ページトップへ