ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

お風呂で使える!小型な防水防塵BluetoothスピーカーP2レビュー!

SoundPEATSのP2はお風呂でも野外でもガッツリ利用が可能な防水防塵に対応したBluetoothスピーカー!

SoundPEATSさんからお風呂でも使える防水防塵の小さなBluetoothスピーカー「P2」のサンプル品を頂いたので早速使ってみました。

普段からお風呂で音楽やラジオを楽しむことが多いので重宝しています。

SoundPEATS「P2」はIP65の防水防塵対応Bluetoothスピーカー!

SoundPEATSのP2の特徴は防水防塵のIP65に対応していることです。

数字の6は防塵性能で等級6は粉塵が入らない最高等級、数字の5は防水性能を表し、いかなる方向から強い水流を当てても内部に水が侵入しない性能です。

お風呂でシャワーの水がバシャバシャかかっても全く問題ありません。また、砂埃の多い場所でも粉塵が内部に入らないので野外での使用にも適したBluetoothスピーカーですね。

▼外箱にはIP65に対応していると誇らしげに書いてます。↓

SoundPEATSのP2はIP65に対応した本格的な防水防塵仕様です。

▼Android端末やiPhone、iPadなどのアップル製品、PC等幅広く利用可能です。また、Bluetooth機能の無い端末でもイヤホンジャックが付いている製品にケーブル接続することで使えます。

SoundPEATSはケーブル接続も可能なのでBluetooth機器以外でも使えます。

▼同梱物はこんな感じ。充電ケーブルや有線接続ケーブルも付属していますが説明書は英語です。

P2の同梱物は本体、充電用のMicroUSBケーブル、ラインIN用のケーブル、英語説明書となっています。

P2の外観はゴツい。

▼かなりゴッツい外観。耐衝撃性能もウリの1つで完全にアウトドアを意識したデザインです。ま、私は風呂から出さないですけどね!↓

P2の本体はGショックのようなゴツい外観で耐久性も高そうです。

▼P2防水防塵仕様なので各種端子はゴムの蓋が付いてます。↓

P2は防水防塵仕様ですがキャップレスではないので端子部分にはゴムの蓋が付いています。

▼こんな感じに蓋を開くとラインIN端子と充電用MicroUSB端子が現れます。あ、話しがちょっとそれますけど、スマホって端子むき出しなのに防水な変態仕様の「キャップレス防水」が主流じゃないですか。あんな感じにBluetoothスピーカーなどの周辺機器もキャップレス防水になると扱いやすいんですけどね。それた話し終わり。↓

P2のゴム蓋jは本体にくっついているので外しても無くす心配はありません

▼本体上部のボタンも完全に防水防塵仕様で上部全体がラバーで覆われてます。素材的に仕方のないことですがラバー素材はホコリが付着しやすいです。ですのでお風呂での利用が個人的に最も適していると思ってます。↓

P2の周囲はグルリとラバーコーティングされているのでボタン類も全てコーティングされています。

P2は三脚などに固定できる。

▼本体の裏にはカメラ用の三脚などを取り付け可能なネジ穴が付いてました。↓

P2の底面には三脚に固定できるネジ穴がついているので、三脚やアクセサリー類を取り付けることも可能です。

▼さっそく転がっていたミニ三脚を付けてみました。マイクつければ簡易拡声器として使えるので小さめの催しなら案外便利に使えそうです。↓

三脚を付けてみました。小さな集会だとP2で事足りそうです。

▼カメラ用のグリップも付けてみました。これでマイクつければ簡易拡声器の完成。面白半分でグリップ付けたんですけど思いの外マッチしてました。↓

カメラ用のグリップを付けてみましたが案外マッチしてました。ハンディータイプの拡声器として使えそうです。

Bluetooth接続した端末に電池残量が表示される。

P2は本体に搭載されたバッテリーを使って動きますが、そこで気になるのがP2のバッテリー残量です。

実際にiPhoneとAndroidスマホに接続してバッテリー残量が表示されるか確かめてみました。

▼iPhone7に接続。Bluetoothマーク横にバッテリーマークが表示されました。

iPhoneにP2を接続したところ、Bluetoothマークの横にバッテリー残量が用事されました。

▼Androidスマホに接続。こっちでもBluetoothマーク横にバッテリーマークが表示されました。

Android端末にも接続しましたがバッテリーマークは表示されました。

バッテリー残量がスマホから確認できるので突然のバッテリー切れに悩まされる事も少ないはずです。

▼ちなみにBluetooth接続時はP2のランプがブルーに光ります。↓

P2をBluetooth接続するとインジケータはブルーに光ります。

急なバッテリー切れでもモバイルバッテリーから充電可能。

長時間の利用や充電を忘れてしまっても大丈夫。モバイルバッテリーやPCなどのUSBから充電できます。

あぁ、むかし大工のバイトしてた時、「ラジカセの電池切れたから買ってこい!」って走らされたなぁ。

今だと電池切れても大体がモバイルバッテリーで何とかなりますもんね。何でもかんでもUSB充電になりましたなぁ。

SoundPEATSのP2は有線でタブレットやPCでも使えます。

さっきからIN端子、IN端子って言ってましたが、P2にはイヤホンと同じ3.5mmのラインIN端子がついているので、Bluetoothの付いていない端末やテレビなどもケーブル一本でP2を外部スピーカーとして使えます。

▼最近のノートPCやタブレットは薄くなってスタイリッシュになりましたがスピーカーの音質はオマケほどの端末も多くなりましたね。もう少し音質を良くしたいならP2を使ってみましょう。音質はかなり改善します。あと、ラインIN接続はケーブルをP2に挿すと自動認識しランプがグリーンに切り替わります。↓

P2とケーブルで機器に接続した場合はインジケータがグリーンに光るので分かりやすい

P2は小型なので風呂の角に置ける事が最高!

P2は防水防塵仕様であることもお気に入りなポイントの1つですが、それに加え「小型」という事も気に入っています。

▼こんな感じに風呂の角に置いても邪魔にならなくて最高です。↓

P2はコンパクトなので浴槽の角に置いても邪魔になりません

以前は大型のP3を使ってました。

▼これ、見てください。P2が大型化したP3です。実は以前にSoundPEATSさんからP3のサンプル品を頂いてずっと風呂で使ってたんです。このサイズだと風呂の角に置くのは難しく何度かP3は湯船にダイブしました。P3も防水だからへっちゃらでしたけどね!↓

大型のP3と小型のP2を並べてみましたがP2の大きさはP3の半分以下です。

最近P2をお風呂で使っていますが、本体が小さくて置きやすいって以外にもう一つ気に入っているポイントがあるんです。

P2は小型ながら大型のP3とバッテリー容量が同等の2000mAhを搭載しているにも関わらずP2は消費電力が低いので10時間の長時間駆動が可能なのです。

ちなみにP3は2時間少ない8時間駆動です。音の広がりはP3が長けているので気になる方はP3のレビューもどうぞ。

P2はお風呂で使っている最中に電話がかかってきても応答可能!

▼P2の再生ボタンに刻まれている受話器マークが見えるでしょうか?このボタンを押すことでペアリングしているスマホにかかってきた電話に応答出来ます。

P2では通話も可能です。

P2本体にマイクがついているのか分かりませんが、ペアリング中はP2だけで通話可能です。

お風呂で使っている時に電話がかかってきたら受話器ボタンを押すと湯船に浸かりながら通話できるのです。

長風呂する方は電話がかかってきて脱衣所に飛び出る事も無くなります。ね、素敵でしょ。

ちなみに大型のP3も同様に通話可能です。

お風呂で利用できるBluetoothスピーカーって様々なメーカーさんがリリースしていますが、通話に対応しているのは本製品の1つの特徴ですね。

SoundPEATS「P2」の音質。

P2はスピーカーが1つ搭載されたモノラルスピーカーです。

最大出力は5Wの小さなスピーカーですがバランスは悪くなく進化版のP3と同じ味付けのフラットな音質ですね。

腹に響くような重低音こそ鳴りませんが、非常に聞き取りやすい音質なので疲れを感じる事も少ないはずです。

P3と音質を比較しましたが、P3は5W+5Wのステレオスピーカーで音の広がりは長けていますが、音質は非常に似ているので思っていたほどP2の音質に悪い印象はありません。

むしろP2は中域~広域が長けているのでラジオなどの音声はP2が聞き取りやすいです。

また、野外でBGMを流すような音源を主体としない使い方(例えばダンスのレッスンに使う音源を再生する機材としての利用)でも十分な音量で使えます。

SoundPEATSのP2はお風呂用に最適。

ぶっちゃけBluetoothスピーカーは数多くリリースされているので常用するなら好みの音質の製品を選んだほうが幸せです。

しかし、特定場所での利用であればP2は「痒い所に手が届く」Bluetoothスピーカーです。

防水なのでお風呂での利用も問題なく電話がかかってきても応答可能、野外で利用する場合も雨や砂埃を気にせず使え、小さな本体であるにも関わらず大容量バッテリーを搭載しているので長時間利用も可能。

用途が合えば非常に便利に活用出来るBluetoothスピーカーですね。

価格も3,000円を切る安さなのでP2を便利に利用できる環境であれば購入検討をどうぞ!

私はお風呂用としてP2をオススメします!

ページトップへ