ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

SoundPEATS「QY8」実機レビュー。安価ながら満足度が非常に高いBluetoothヘッドセット

garumax-qy8 (1)

イヤホンやヘッドホンのケーブルが絡まり、面倒くさいなと感じたことは無いだろうか。

絶対ある。

いつものように、ケーブルが絡まって「面倒くせぇ。。。」と思っていたある日、タイミング良くSoundPEATSさんからBluetoothヘッドセットの「QY8」を提供していただいた。感謝御礼。

早速使い倒してレビュー開始。

Bluetoothヘッドセットを探しているなら「QY8」は真っ先に検討すべき逸品。

まずは、ヘッドセットについて。

ヘッドセットとは、通話が出来るイヤホンの事。つまり、本体にマイクが付いているので、QY8を装着したまま電話出来ます。

QY8はスマートフォンなどとBluetooth接続することにより、ケーブルレスで利用ができる。しかも防水&防塵に対応しているモデル。

元々スポーツ仕様ということで、ジョギングやジムで汗を流しながら利用しても問題はない。

早速バババーっとテンションMAXで開封。

▼iOSとAndroidの両方に対応↓

garumax-qy8 (1)

▼中身は専用ケースと説明書。専用ケースは非常にしっかりとした作りで頑丈。鞄に放り込んでもガッチリとQY8を守ってくれる↓

garumax-qy8 (2)

▼こんな感じで格納。スペース的には非常に余裕があります。いつもアメちゃん入れてます。↓

garumax-qy8 (3)

▼様々なサイズのイヤーフック等の付属品付き。カナル型は付け心地も非常に重要。ご自身に合ったものを探そう!↓

garumax-qy8 (4)

▼本体には、充電端子と音量&曲送り戻しボタン、側面には電源ボタン。小さな穴は通話時のマイク↓

garumax-IMG_0544 (2-2)

garumax-IMG_0545 (2-2 )

▼こんな感じで充電。充電中はレッドに光り、充電完了後はブルーになるので、充電が完了しているか非常に分かりやすい。↓

garumax-qy8 (6)

garumax-qy8 (7)

▼アシスタントのトウマ君の耳にツッコんでみた。本体の大きさはそれなりにあるものの、イヤーフックのお陰で走っても落ちることはなかった。トウマ君、全力疾走お疲れ様↓

garumax-qy8 (8)

QY8の音質は派手すぎない。

いわゆるドンシャリではなく、程よく低音が効き高音は刺さらなくマイルドな音質。

これは好みの問題ですが、私は非常に好きな音質。中域もしっかりしているのでその辺りを重視している製品のように感じますね。

また、カナル型ということで音漏れも気になりません。走った際もしっかり周りの雑音をシャットアウト。風邪を切るシューッとかヒューッとか気になりません。

また、少し気になっていたBluetooth特有の「ホワイトノイズ」や「音の途切れ」が感じられなかった事に驚き。

この価格では十分すぎるくらいの音質と品質。

平らなケーブルで絡まりにくい。

ケーブルが平らなので、グルグルとケーブルを丸めてケースに格納しておけば、取り出した時にスルスルと解けます。

Bluetooth接続なので、ケーブルが左右のユニットを繋ぐ程しかなく、元々絡まりにくいですが、ケーブル形状が更に絡まりにくくしているという事ですね。

通話品質にびっくり。

最初、あまり期待していなかったQY8に付いているマイク。

これ、びっくりするほど音声を拾います。周りの音はノイズキャンセルで程よくカットされ、通話時には双方とも支障なく会話が可能。

アシスタントのトウマ君がQY8を装着して通話開始した際に「え、聞こえてるんですか?!本当に聞こえているんですか?!」とビックリしまくっていました。

めっちゃ聞こえてるよトウマ君。

音楽を聴いている時に電話がかかってきた際は、本体の一番大きなボタンを押すことで通話開始出来ます。通話が終わると曲の続きから再生開始。

一連の操作が非常にスマートにこなせます。

バッテリー持ちが良い。

私の場合、通勤時に30分ほどQY8で曲を再生していますが、満充電から4日目も充電が切れません。

仕様上では約5時間のバッテリー駆動時間となっていますが、1日30分程なら1周間程は充電が持つ計算。

また、MicroUSB端子で充電できるので、モバイルバッテリーなどでサクッと充電できる手軽さも魅力。バッテリー容量が80mAhなので、一瞬で満充電ですよ。

QY8のイマイチなポイント。

充電端子の蓋がものすごく開けにくい

充電端子の蓋は小さく、一番最初に開けた際は難儀しました。慣れてくると簡単に開けることが出来るのですが、初めて開ける時は頑張ってください。

蓋は取れないように本体にくっついているので紛失の心配は無いです。

あと、充電後はしっかりと蓋を閉めましょう。蓋がきちっと閉まっていないと防水&防塵の効果が無くなります。

説明書が全て英語で操作方法が分かりにくい。

操作自体は簡単なのですが、ボタンが以下の画像のように、1つのボタンで長押しか短く押すかで動作が変わります。

qy8

以下に操作方法をまとめておきました。

動作操作方法
電源オン①を3秒長押し
電源オフ①を3秒長押し
ペアリング①を5秒長押し
音量を上げる②を短く押す
音量を下げる③を短く押す
次の曲に進む②を長押し
前の曲に戻る②を長押し
電話にでる①を短く押す
電話をきる①を短く押す
通話をスマホに切り替える①を2秒長押し
着信拒否①を2回押す

Bluetoothヘッドセットを探しているなら「QY8」は真っ先に検討すべき製品。

数日に渡り検証してきましたが、総合的に大満足。

バッテリーも持ちますし、充電が切れたってあっという間に満充電。充電するの面倒くさいなと感じる方もオススメですよ。休憩中にチョロっと充電するだけでオッケー。付属のUSBケーブルがあればモバイルバッテリーやパソコンから充電できます。

この価格で、この性能、この音質、中々無いですよ。

是非お試しあれ。

ページトップへ