ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

「VAIO Phone A」のスペックをチェック!高品質な外観とDSDS搭載で24,800円[2017/5/5更新]

VAIO Phone A

  • ▼2017/5/5▼

    ガルマックスでは実機AnTuTuベンチマークスコアを収集していますが、読者様からVAIO Phone Aの実機AnTuTuベンチマークスコアをご提供頂きました!ありがとう御座います!本記事にも追記させて頂きます!

Androide6.0.1を搭載した「VAIO Phone A」を2017年4月7日に発売するとVAIOが発表。ミドルハイスペックのSoCを搭載して24,800円。これは人気が出そうな予感。

VAIO Phone Aの価格と性能。

トップ画像を御覧頂いた方はピーンと来たかと思いますが、昨年発売されたWindows 10 mobileを搭載したVAIO Phone Bizのハードウェアを利用してOSにAndroidを採用したモデルがVAIO Phone Aです。

というわけで本体価格もグッとお安くなり24,800円となりましたが、ハードウェアが全く同じなので、評価の非常に高かった外観はそのままです。

スペックは以下の通り。

項目スペック
OSAndroid6.0.1
SoCSnapdragon617
1.5GHz+1.2GHz(4+4コア)
メモリ3GB
保存容量16GB
SDで64GB拡張可能
※NanoSIMスロットは
MicroSDスロット共用
液晶5.5型
1920x1080
カメラ背面カメラ:1,300万画素
前面カメラ:500万画素
対応バンドLTE
1/3/8/19/21

3G
1/6/8/11/19
DSDS対応
SimサイズMicroSIMx1
NanoSIM×1
バッテリー2800mAh
MicroUSB
サイズ高さ:156.1
幅:77
厚み:8.3

重量:167g
カラーシルバー
備考Wi-Fi
802.11 a/b/g/n/ac

Bluetooth
4.0

ドコモのキャリアアグリケーション対応
価格税別24,800円

性能は1世代古いけど、ミドルハイスペックのSoCを搭載しているので動作は軽快です。

ハード的には昨年発売されたVAIO Phone Bizと同じですので、搭載されているSoCも当時の状態ですが、2017年3月現在では新世代のミドルスペックと同等性能で今後2年は戦えます。

VAIO Phone Aの実機AnTuTuベンチマークスコア。

読者様からのご提供です!ありがとうございます!

総合スコアは44940点、3D性能は8640点。24,800円の端末だとかなり高性能!更に詳しいスコア情報は「VAIO Phone A(Snapdragon617)の実機AnTuTuベンチマークスコア」をどうぞ!↓

VAIO Phone AAndroid 6.0.1)実機AnTuTuベンチマークスコアは総合が■点、3D性能が■点。

  • ▼AnTuTuベンチマークスコア募集中!▼

    スマートフォンは日々進化しており、例えば去年のミドルスペックと今年のミドルスペックでは同じ性能帯でも性能差があります。理由は処理チップにも世代があり、新世代になると性能も大きく向上するためです。SIMフリー端末はキャリアに縛られない汎用性の高さから、今後は中古市場でも人気が高くなると予想しています。

  • そこで、端末の性能を数値化するAnTuTuベンチマークアプリを用いて実機のスコアを収集し、新端末や中古端末を選ぶ際の1つの指標となるように日々実機を用いたAnTuTuベンチマークスコアを以下の記事でまとめて公開しています。もし、実機AnTuTuベンチマークスコアを提供してもいいよ!(端末は全機種対象)という方は以下の記事に投稿方法も記載しているのでチェックしてみて下さいね!
  • 【関連】スマートフォンの実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ

デュアルスタンバイ機能が利用可能に。

ただOSを載せ替えて安くなっただけではありません。

OS変更に伴い2枚のSIMを同時待ち受け可能なデュアルスタンバイ(DSDS)機能に対応。音声通話SIMとデータSIMを個別で管理できるので、格安SIMのキャンペーンで手に入れたデータSIMをコロコロ乗り換えて利用することも可能。

但し、搭載されているSIMスロット(MicroSIMとNanoSIM)はNanoSIM側がMicroSDスロットと共用なので注意。

ドコモのVoLTEとキャリアアグリゲーションに対応。

VoLTEとは4GのLTE通信を利用した高品質通話で、キャリアアグリゲーションは複数の電波を同時に掴んで通信することにより、通信速度が劇的に向上する技術。これらの機能が利用可能となります。

キャリアアグリゲーションでの対応電波は[Band1/19][Band1/21][Band3/19]となっており、ドコモ系回線を利用した通信で利用可能となっています。

電波はドコモ・ソフトバンク(ワイモバイル)に合致。

LTE/3Gともにドコモのバンドとソフトバンク(ワイモバイル)のバンドに対応した電波を掴めるので安心して利用可能です。auの電波に関しては3GのCDMAに対応しておらずLTEもプラチナバンドに対応していません。

外観は24,800円のレベルじゃない。

24,800円といえばミドルスペックの価格帯ですが、VAIO Phone Bizは59,185円で売られていた端末で外観のコストもそれ相応のものです。

▼本体背面はアルミニウム削りだし。VAIOロゴはレーザーでのエッチング加工。↓

カッコイイAndroidスマホが欲しい方はVAIO Phone Aをチェック!

VAIO Phone BizはWindows 10 mobileという一般的ではないOSを採用したことで「Android版も出して欲しい」とう声が挙がっていましたが、ようやく実現しましたね。

性能は現時点で新世代のミドルスペックと同等程度ですが、機能・外観・価格的に魅力的に感じる方は多そう。予約は3月30日3月27日からVAIOストアで開始予定となっています。

VAIO Phone Aを取り扱うMVNO。

現時点ではLINEモバイルがVAIO Phone Aの取り扱いを発表しています。

ページトップへ