ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

VAIO Phone Bizスペックレビュー。これは期待せずにはいられないWindow 10 mobileスマホ。

garumax-VAIO Phone Biz (1)

VAIOがWindow 10 mobile搭載スマートフォン「VAIO Phone Biz」を2016年4月に発売すると発表しました。

スペックが公開されていましたが、これぞVAIOと唸る逸品。ヤバイこれ。欲しい!

早速スペックを確認してみましょう。

VAIO Phone Bizの性能・価格・特徴

garumax-VAIO Phone Biz (2)

発売は2016年の4月で価格は5万円台。詳細が分かり次第追記します。

項目スペック
OSWindow 10 mobile
SoCSnapdragon617
1.5GHz+1.2GHz(4+4コア)
メモリ3GB
保存容量16GB
SDで64GB拡張可能
液晶5.5型
1920x1080
カメラ背面カメラ:1,300万画素
前面カメラ:500万画素
対応バンドLTE
1/3/8/19/21

3G
1/6/8/11/19
SimサイズMicroSIMx1
バッテリー2800mAh
サイズ高さ:156.1
幅:77
厚み:8.3

重量:167g
カラーシルバー
備考Wi-Fi
802.11 a/b/g/n/ac

Bluetooth
4.0

Continuum対応

ドコモのキャリアアグリケーション対応
価格5万円台
詳細分かり次第追記します。

基本動作性能はミドルハイスペック。

SoCにはSnapdragon600シリーズの最新モデル、8コアSnapdragon617を搭載。

画面サイズは5.5型で解像度は1920×1080のフルHDを採用。画素密度は400.529ppiを誇り人の網膜では認識できないほど高精細。

メインメモリは頭一つ飛び抜けた3GBを搭載しており、メモリ不足でのパフォーマンス低下を防ぐ。保存容量は16GBと控えめですが、SDでの拡張にモチロン対応なので安心。

メインカメラは1,300万画素、インカメラは自撮りトレンドの500万画素を搭載しており、カメラ周りも一切妥協なし。

電波もしっかり掴める安心設計。

VAIO Phone BizはSIMフリー端末で対応バンドが命。電波が掴めなければタダの箱です。

VAIO Phone Bizはドコモの電波にしっかり対応。

全国区をカバーするバンド1、東名阪の高速通信バンド3、地方都市の高速通信バンド21、そして、山間部、地下、郊外の繋がりやすさを左右する重要なプラチナバンド19にしっかり対応したクアッドLTEに対応。

特に、地方都市向けのバンド21はドコモだけでしか使っていないバンドで、バンド21を対応してきたことは国内メーカーならでは。iPhoneだって対応していないバンドです。

ドコモのフラッグシップ機並の電波の掴みです。

もちろん、SIMフリーなのでドコモの回線を利用した格安SIMでもガシガシ使えます。

超高速通信「キャリアアグリケーション」に対応。まじか。

複数の電波を束ねて受信する事により、更なる高速通信を可能としたキャリアアグリケーション技術。

ドコモのフラッグシップ機でちらほら対応端末が出ていますが、VAIO Phone Bizはドコモのキャリアアグリケーション「PREMIUM4G」をサポート。

最大225Mbpsという超高速通信が利用できます。

以前、ドコモのキャリアアグリケーション先行体験会に行ったのですが、条件が良ければ実測値で200Mbpsは実体験できました。ガチで速い。

まさか、キャリアアグリケーションまで対応してくるとは思っていもいなかったのでビックリ。

Window10パソコンと相性の良いテザリング。

テザリング機能はもちろん対応しています。

様々な機器をVAIO Phone Bizにつなげてネット接続可能ですが、MS-TCCを使ったWindow10パソコンとのテザリングなら、わざわざ鞄からVAIO Phone Bizを取り出してWi-Fiをオンにしなくても大丈夫。

パソコン側からVAIO Phone Bizにテザリング開始の要求が出来るんです。テザリング機としても秀才。

Continuum。もちろん対応。

VAIO Phone BiZを専用のアクセサリーで外部ディスプレイ、マウス、キーボードに繋ぐと、Window10風のUIでパソコンのように操作ができるContinuum機能にしっかり対応。

Window 10 mobileのContinuum機能は動作要求スペックが非常に高く、例えWindow 10 mobileを搭載した端末であろうと、Continuum機能が使える端末は極一部。

VAIO Phone BiZはContinuum機能を思う存分堪能できます。

所有満足度を高めるデザインのアルミニウムボディー。

garumax-VAIO Phone Biz (3)

今回のVAIO Phone Bizでは本体外観のデザインや素材にも妥協は一切見られない。

本体背面はアルミニウムの削りだし。手触りまで拘ったブラスト加工。

そして、アルミニウム削り出しの背面にはプリントロゴではなく「VAIO」ロゴが誇らしげにレーザーエッチングで刻み込まれています。

garumax-VAIO Phone Biz (4)

所有する喜びもワンランク上の拘りある外観は早く触れてみたい。

安曇野FINISHクオリティーである事が本気度を伺える。

品質管理も申し分ない。

VAIO Phone BizはVAIOのパソコンと同じ「安曇野FINISH」クオリティーで技術者が一台ずつ厳しいチェックを行い、徹底した品質管理で高品質を確保。だから安心。

これぞVAIO品質。

「妥協なき作り込みがVAIO」と謳っています。

以前ずっこけたAndroid端末のVAIO Phone。

どの口が言っているのか分かりませんが、今回のVAIO Phone Bizは「妥協なき作り込み それが”VAIO”の証。」と豪語しています。

ただ、今回の発表内容を見る限り、過去のことは払拭して良いくらい。

かなーりVAIOはガチってきました。

これだよこれ!ウォォォォオオオ!!!!スッゲー!!!!!ってのがVAIOですよ。

今まではその後に、ぬおぉぉぉぉぉ!たっけ~!!!!!て言葉が足されていましたが、今回のVAIO Phone Bizは価格的にも5万円台とVAIO的に控えめ設定(前回ずっこけたミドルスペックのAndroid端末でも5万円台でした)なので良心的。

ひっさしぶりに、心躍った製品「VAIO Phone Biz」

少し注意点を挙げるなら5.5型という大きさ。このサイズは一度iPhone6sPlusなどを触ってみて画面の大きさなどをある程度把握しておいたほうが安心。

発売までしばらくありますが、公式サイトが公開されているので隅々まで見てきて下さい!

最後に一言

同じスペック、クオリティーでAndroid搭載端末も出して!いや、ガチで。

ページトップへ