ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

ワイモバイルが基本料金を1年間毎月1,000円割引!24時間カケホ付けても安い!

wannkyuppa

ソフトバンクの子会社であるワイモバイルが同社の主力プラン「スマホプランS/M/L」の基本料金を、12ヶ月間毎月1,000円割引きのキャンペーンを発表しました。

追記:MNPの場合、2年間データ通信量が2倍になるキャンペーンも併用可能です。

詳細や注意点をまとめてみたのでどうぞ。

追記:ワイモバイルのワンキュッパ割とデータ量2倍キャンペーンを利用して契約しました。格安SIMとワイモバイルどっちにするか迷っている方は以下の記事も宜しければどうぞ。

ワイモバイル「ワンキュッパ割」の注意点と詳細。

ワイモバイルでの主力プランの内容は以下の通り。(こちらは割引前の月々の基本料金です)

  • スマホプランS:1GBデータ量/10分以下カケホ/月額2,980円
  • スマホプランM:3GBデータ量/10分以下カケホ/月額3,980円
  • スマホプランL:7GBデータ量/10分以下カケホ/月額5,980円

特徴としては、通話が10分以下かけ放題となっています。また、ソフトバンクグループということで、通信エリアはソフトバンクと一緒。

新規契約&MNPで「ワンキュッパ割」が利用できます。

新規契約やMNPでの乗りかえで割引きキャンペーンの対象となりますが、ワイモバイルはソフトバンクグループということで、ソフトバンクからのMNPは残念ながら対象外。

追記:誤認していました。下の通常料金は既に「スマホプラン割引」が適応されている利用料金です。スマホプラン割引は、ソフトバンク以外からのMNPや新規契約で、スマホプラン利用料金を1,000円割引くキャンペーンで、通常の利用料金は下記の利用料金よりも1,000円高いです。

つまり、ソフトバンクからのMNPではスマホプランSが3,980円、スマホプランMが4,980円、スマホプランLが6,980円となります。

ワンキュッパ割はソフトバンクからの乗りかえでも適応されますが、通常の利用料金が高いのでワンキュッパ割適応後の利用料金はスマホプランSが2,980円、スマホプランMが3,980円、スマホプランLが5,980円となります。

現在、ドコモやau、格安SIMを利用している方はキャンペーン適応時の利用料金で使えるので検討してみましょう。

▼対象者は以下のプランを割引き価格で利用できます↓

garumax-wannkyuppa-1

24時間かけ放題も利用可能なので、よく電話する方もどうぞ。

ワイモバイルでは、基本プランに10分以下かけ放題が含まれていますが、別途オプションの「スーパーだれとでも定額」に加入することにより、24時間、他社のケータイや固定電話への通話が定額利用できます。

ドコモやau、ソフトバンクの通話定額と同じ24時間かけ放題が利用できます。

今回のキャンペーン割引きが適応となると、24時間通話定額付きで1GBプラン(S)が2,980円、3GBプラン(M)が3,980円、7GBプラン(L)が5,980円で利用可能です。

ドコモ、au、ソフトバンクでは1GBのデータ通信と5分以下のかけ放題で、月々の利用料金が4,500円から5,000円前後と考えると、ソフトバンクと同じエリアと通信品質を維持しながら24時間かけ放題付きを利用できるワイモバイルは非常にコストパフォーマンスが高いキャリアですね。

MNPの場合は、データ容量が2倍に。

他社からMNPでスマホプランS/M/Lを契約した場合、2年間データ通信量が2倍になります。

  • スマホプランSが1GB+500MB×2回
  • スマホプランMが3GB+500MB×6回
  • スマホプランLが7GB+500MB×14回

500MB×○回と記載しているのは、スマホプランSの場合、通常の1GBを使い切ると低速になってしまいますが、500MB毎に購入可能な追加容量が合計2回(1GB)まで全額割引きとなります。

例えば、スマホでカーナビを利用した場合、非常に大容量なデータ通信量を使ってしまう可能性があるので、たまにカーナビ等の大容量データ通信を行う方は非常に重宝しそうなキャンペーンです。

格安SIMは魅力的だけど、通話かけ放題や通信の品質的にNGな方は検討しましょう。

最近格安SIMが流行っていますが、通信速度や品質、通話の定額に関して不安もありますし、実際、格安SIMと大手キャリアの品質は大きく違います。

格安SIMでは、混雑する時間帯に通信速度が著しく低下する場合があるので、通信をメインで利用する方は、品質は大手キャリアと同等で利用料金の安いワイモバイルが人気です。

現在、ドコモやau等の大手キャリアを利用していて、品質やかけ放題の使い勝手は大手キャリアと同等水準で、単純に月々の利用料金を安くしたいという方には、ワイモバイルがイチオシ。

格安SIM程は安くないけど、大手キャリアよりも安く、使い勝手や品質は大きく変わらないので、大手キャリアと格安SIMの中間的立ち位置のワイモバイルはガルマックスでもオススメのキャリア。

追記:実際に契約してみましたが、通信品質がほんとに良い。個人的に格安SIMから乗りかえて良かったです。

ページトップへ