ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

ワイモバイルと格安SIMどっちがいい?決め手は「モバイル通信の品質」。

ワイモバイルのSIMが届きました

どうも、ガルマックスの猶木(ナオキ)です。

私は大手キャリアから格安SIMに乗りかえて長らく利用していましたが、ワイモバイルへ乗りかえました。スマホは持っているので、SIMだけ契約。

現在、大手キャリアを利用している方で、通信費を見直して節約しようと考えている方は、ワイモバイルや格安SIMを検討していると思いますが、「何処が良い」かはモバイル通信にどれだけ重要度を振っているかで変わります。

※本記事で記載している「大手キャリア」とは、ドコモ・au・ソフトバンクの3社です。

ワイモバイルのキャンペーンや利用料金等に関しては別記事でまとめていますのでどうぞ。

ワイモバイル、格安SIM、大手キャリア。決めるならモバイル通信の利用頻度で決めよう。

ワイモバイル、格安SIM、大手キャリアで露骨に変わる部分が「回線混雑時のモバイル通信品質」です。

利用者視点で大きくグループ分けすると、【ワイモバイル】【格安SIM】【大手キャリア】の3つです。

通話プランに関しては、ワイモバイル、格安SIM、大手キャリアを問わず、従量制やかけ放題を提供しているので細かい事は割愛しますが、通話プランは利用するグループの中で決めると良いです。

あまり細かく話すと分かりにくいので、モバイル通信の品質に関してシンプルにまとめます。

格安SIMは回線の混雑時に通信速度が左右される。

利用料金が非常に安い格安SIM。その安さのカラクリは「回線混雑時に捌けるキャパシティー」が大手キャリアと比較して低いから。

大手キャリアから回線を借りているので、上限が出てくるんですね。

これは格安で提供できるカラクリであり、格安で利用出来る代償で格安SIMの仕様と考えていただいて差し支えありません。

ワイモバイルは大手キャリアと格安SIMの中間。

ワイモバイルでは大手キャリアと同じ様に、自社ネットワークを保有しています。

規模は大手キャリアに敵いませんが、ワイモバイルはソフトバンクの子会社で、公式サイトにも記載している通りソフトバンクのエリアが使えます。

追記:先日、記事をご覧頂いた方から「現在、旧ソフトバンクモバイルはワイモバイルと吸収合併しているので、ワイモバイルはソフトバンクのセカンドブランドとなり、通信サービスをソフトバンク、それ以外をヤフーが担当しているので通信部分に関してはソフトバンクと変わりませんよ」と教えて頂きました!

ですので、子会社という表現は間違っていたので訂正致します!ご指摘ありがとうございました!

garumax-w-mobile

通信品質に関しては大手キャリアに準ずる品質となっており、回線が混雑する時間帯においても非常に快適なモバイル通信が可能となっています。

利用料金は格安SIMに敵いませんが、ワイモバイルは大手キャリアよりも圧倒的に安く、通信品質でもストレスを感じない個人的には良いとこどりのキャリアです。

乗りかえ前にモバイル通信の利用状況を洗い出そう。

これまで書いてきた通り、格安SIMとワイモバイルではモバイル通信における品質の違いが非常に大きいです。

回線の混雑する時間帯は、12:00~13:00のランチタイム、21:00~23:00の就寝前。この時間帯は利用者が集中するので、キャパの低い格安SIMでは通信速度の低下が露骨に現れます。

格安SIMを利用するのであれば以下の点をクリアした方に向いています。

  1. 回線の混雑時に別の回線を利用できる方(固定回線等)
  2. モバイル通信をメールやLINE等しか利用しない方
  3. 常時通信型サービス(You Tube、オンラインゲーム等)を利用しない方
  4. 仕事等の重要なやり取りをプライベートなスマホで利用しない方

上記をクリアすることが難しい方は、利用料金は若干高くなりますがワイモバイルを選択するべきです。後で不満が出ます。

現在のモバイル通信利用頻度を洗い出してから、どのグループの通信業者に移行するべきじっくり検討するべきです。

ワイモバイルと格安SIMでおすすめするユーザー層。

個人的に格安SIMは、主婦層、子供、ご年配の方が「連絡手段」として利用する場合や、コストを徹底的に下げ、通信速度の低下に対して、自身で回避策を考え実行出来る上級者且つ、「対策を立てて実行する事が苦にならない方」に向いている商品と感じます。

ワイモバイルは、現在大手キャリアを利用している方が「モバイル通信の品質を維持しつつ利用料金を安くしたい」と考えている方に向いています。

それと、めんどくさがり屋な方。

私は格安SIMを長いこと利用してきましたが、めんどくさく感じたんですよね。お昼の時間帯に通信速度が低下してサイト閲覧出来ず、ポケットWi-Fiに繋ぎ直して接続する作業が。

個人的な利用環境下の話ですが、ワイモバイルに乗りかえてストレスから開放されたので良かったですよ。

利用料金も納得出来る。

▼データ通信は1GB、通話は5分以下かけ放題を利用した場合▼

  • 大手キャリア:約5,000円
  • 格安SIM:約2,000円
  • ワイモバイル:2,980円

ワイモバイルは、10分以下の通話が月300回まで利用できます。また、キャンペーン中ですので上記プランは1,980円で12ヶ月利用可能。別キャンペーンで通信量は24ヶ月間2倍となります。

※残念ながらワイモバイルはソフトバンクグループの為、ソフトバンクからのMNPではキャンペーンの利用ができません。

キャンペーン価格での利用はそのうち終わってしまいますが、約1年も格安SIMと同等の価格で大手キャリアに準ずる品質のモバイル通信を利用できるのは嬉しいポイントで文句はありません。

キャンペーンを抜きにしても、大手キャリアと比較して同等の高品質な通信環境が安く手に入るとなると、不満は一切ありません。

ちなみに私はもう一つ容量の多いプランを契約しました。3GBで10分以下月間300回の通話が付いて、3,980円。キャンペーンが利用できたので、データ容量は2倍の6GB、利用料金は1,000円割引きの月々2,980円。

非常に満足出来る内容で、ワイモバイルが格安SIMユーザーをかっさらおうとジャブジャブお金を使っている事が分かります。

特にファミリープランに縛られていない単体契約で利用しているユーザーさんにとって、ワイモバイルは通信品質を維持しつつ利用料金を安く出来るキャリアさんです。

ページトップへ