ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

モンスターSIMフリースマホZenFone2のスペック・価格

s-zenfhone2

ASUS製SIMフリースマートフォンのZenFone2は格安スマホの大本命。

スペック・価格・特徴に加えてMVNOで格安SIMとのセット販売もまとめましたので宜しければどうぞ。

ZenFone2のスペック・価格

 32GBモデル64GBモデル
OS
Android 5.0 (Lollipop)
CPUIntel® Atom
Quad Core Z3560 (1.8GHz)
PowerVR G6430
Intel® Atom
Quad Core Z3580 (2.3GHz)
PowerVR G6430
メモリ2GB4GB
液晶
5.5型
Full HD
1920x1080, IPS
ROM16GB
32GB
32GB
64GB
カメラ
前面 500 万画素
背面 1300 万画素
バッテリー
3000 mAh
サイズ
152.5
77.2
3.9 ~ 10.9 mm
重さ
170 g

ZenFone2はCPUの異なる上位と下位の2モデル展開。

上位モデルにストレージ32GBと64GB。下位モデルにストレージ16GBと32GBが用意されており、購入の際は4つのタイプから選択。選択股が多いことはユーザーにとって嬉しい限りです。

モデル価格
16GBモデル
メモリ2G
(下位モデル)
税込35,424円
32GBモデル
メモリ2G
(下位モデル)
税込38,664円
32GBモデル
メモリ4GB
(上位モデル)
税込49,464円
64GBモデル
メモリ4GB
(上位モデル)
税込54,864円

1つの製品で性能の異なるモデルを展開しているあたりはパソコンと良く似ていますね。

ちなみにCPUはパソコンでも使用されるインテルのatomシリーズを採用。モンスタースペックなのも頷ける逸品。

ZenFone2でゲームをするなら上位モデル。

基本動作性能であるCPU・メモリ・画面解像度のバランスは上位モデル、下位モデルともに良く、サクサク動作します。
↓週刊アスキーよりZenFone2のレビュー。※音が出ますので御注意ください。

ZenFone2のバンドはドコモ系の格安SIMに幅広く対応。

種類対応周波数(バンド)
2G
EDGE/GSM
1900/1800
900/850
3G
W-CDMA
800(6)/850(5)
900(8)/1900(2)
2100(1)
4G
FDD-LTE
(国内モデル)
2100(1)/1900(2)
1800(3)/1700(4)
2100(4)/850(5)
/800(6)/900(8)
1700(9)/800(18)
800(19)/700(28)

対応電波が多くドコモ回線ではバンド1/バンド3/バンド19の3つのLTEに対応。ドコモ系の格安SIMと相性がいいですね。

技適の関係からau系の格安SIMとauキャリアSIMは使えまえん。

ZenFone2のどこがモンスター?

ZenFone2に搭載されるCPUは本来モバイル向けですが、パワフルなのでパソコンのネットブックなどに搭載される事もあるインテル製のAtomプロセッサーを搭載。

さらに上位モデルはメモリ4GBを搭載するなど、スペックだけ見ればパソコンと勘違いしてしまうほどのモンスタースペックです。

特にスマートフォンで最新の3Dを使用したゲームをプレイするなら上位モデルを。下位モデルでもパワフルなのでゲーム再優先でなければ下位モデルを。

ガルマックスでは上位モデルの32GBモデルがコストパフォーマンスに優れているのでおすすめ。

ZenFone2のデュアルSIM。

ZenFone2ではマイクロSIMスロットを2つ搭載していますが片側は2G(国内では停波)です。

ただ、日本国内ではシングルSIM運用が主流ですので大きなマイナスポイントとは感じません。

海外などで現地SIMを使う場合、いつも使っているSIMを片側のSIMスロットに入れておけばSIMを無くす心配がなくなりますね。

ZenFone2の対抗機種は?

ZenFone2の上位モデルとなると対抗できる機種といえばXperiaZ4でしょうか。ただしあちらはSIMフリーではないので、SIMフリー端末をお探しでハイエンドモデルならZenFone2の上位モデル一択。

ZenFone2の下位モデルだとファーウェイ製のP8lite。ZenFone2の16GBよりも7,000円強お安いのが魅力的ですね。

ZenFone2の販売と格安SIMセット購入。

ZenFone2はSIMフリースマートフォンで、端末単体で購入が可能。

Amazonなどの通販や家電量販店などでも購入できるので実機を確認する場合はビッグカメラなどの家電量販店でどうぞ。在庫確認はお忘れなく。

スマートフォン単体の購入以外ではMVNOが格安SIMとのセット販売も。

セット販売の場合、大手キャリアと同じように、MVNOが端末故障時の保証が受けられるのも魅力。また、セット購入での特典やキャンペーンも魅力なので、初めてZenFone2で格安SIMデビューする方はご検討ください。

セット購入できるMVNO一覧

本体もXperiaZ4と同等以上の性能を持ち合わせながらZenfone2は半額程度でSIMフリー。格安SIMでの運用で通信費も半額。

本気でMVNOに乗り換えても良い時期になってきましたね。

ページトップへ